イブニングにかけろ !

〜イブニングにかけるフライフィッシャー〜

全体表示

[ リスト ]

11.08.27

先週のお話です
 
またしても開田へ…
イメージ 1
 
増水していて、いつもチョロチョロの支流までが増水
しかし、濁りも無く
とりあえずの1匹
 
イメージ 2
 
前回のイワナで#0に少し不安が生じたため
新しく#2を投入
SAGE TXL−F 7f11in
ロッドの印象は人それぞれ…
ですが、個人的な感想として
可も無く、不可も無く
とりたてて ”おおっ” という感動はありません
しいて挙げれば、当然ながら#0より多少遠いレンジが釣りやすい
このいたって特徴の無いようなロッドが実はオールラウンドで長く使えるのかな?
まぁ使っていくうちに印象は変わっていくでしょうけど
 
で、釣りのほうですが、増水のわりに反応は今ひとつ
ただ
最後の堰堤で、出ました
スゴイのが
巻きの中にフライを投ずること10回以上
黒い影がフライを襲い、一気にロッドのバットまで絞り込む!
さすが#2
持ちこたえたね
と思った瞬間
 
 
 
すぽっ
 
 
抜けちゃいました
思わず天を仰ぎました
ホントに空を見上げてしましました
そのポイントでイワナを釣ったことがないので、おそらくアマゴですが
30センチは楽に超えていたはず
新しいタックル投入時に良くある話ですよね
デカイのをバラすのって…
 
その後、下流に下ってみるも反応はイマイチ
 
のところに同行のAが26㎝ほどのナイスな岩魚をゲット
増水でラインがクチャクチャになっていたものだから
私がネットに入った魚を預かっていると
よく暴れるんです
 
で、ネットから
ポ・ロ・リ
 
ゴメンね
 
ここで午前の部は終了
イメージ 3
 
その後は、いつものラーメン屋で冷やしらーめんを食べて
いつもどおり昼寝
 
 
 
イブニングは前回と同じポイントへ
しかし、増水が厳しくライズが起こるのか不安…
川に立ちこんでいるのも大変
しかし移動も面倒だし
ライズはアシ際で起こるから、何とかなるかと
覚悟を決める!
 
6時を回って、曇りのせいで暗くなってくると一応ライズあり
でも、ルアーぐらいの稚魚…
6時半を過ぎた頃、Aがレギュラーサイズをフッキングさせるも
バラシ
 
で、私も同じ場所を横から釣らせてもらうと…
10投目ぐらいでしょうか
ライズのタイミングに当たったようで
フライが消えた!
一気にアシ際に走る
 
が、完全にロッドのパワーが勝った
とりあえず動きは止まった
でもバットまで曲がったまま動かなかったので
一瞬、根がかりかとあせったけど
ちょっと強引に引っ張ると、すんなり寄ってきた
 
と思ったら、流れ強すぎ〜
ネットを通り越して下流へ
尺ぐらいありそうだが、ティペットよ切れないで
 
2度ほどのチャレンジの末、ネットインしたのは…
 
イメージ 4
 
なんと前回と同じく32センチ
巻尺で計ったので間違いないのですが…
前回のと同じ魚じゃないの?なんて疑惑が
 
まあ、たまたま同じサイズだったのでしょう
 
チームのルールで、尺が釣れたらコーラで乾杯(最近は缶コーヒーか)と晩飯は釣った者のおごりなんです
思わず、これからはイワナは35センチかな…と提案したら
あっさり
こんなことは、しょっちゅうはない
だってさ
 
だよね
イワナの30ですら毎年は釣れないんだよね
オレ…
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事