イブニングにかけろ !

〜イブニングにかけるフライフィッシャー〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

12.5.26

 
今週はライズしているらしい信州の川へ
 
朝一は上流のイブニングライズのあったプールの様子を見に行きましたが???
どこでライズ???
さらに上流へ向かったが???
 
信州人にTELすると、もっと下流とのこと
 
しかし、下流は人だらけで入る場所がない…
仕方なく誰もやっていない、とっても下流なポイントへ
 
車を止めて川を眺めているとライズが
Sと二人がかりでライズにフライを投入するが…
釣れない
 
しかし、少し釣り上がってみると
 
 
イメージ 1
       ギンギンの砲弾型のヤマメが
 
 
       美白のイワナも
 
イメージ 4
 
     
    この季節ならではのライズもあったりして
 
 
イメージ 5
 
反応が無くなったので、13時半に一旦川から上がりましたが、  
もっと早く下流に来ていたら!?
ちょっと気になります
  
イブニングまで昼寝して
 
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 
昼に釣れなかったライズを狙いに行ったSと別れて別なポイントを探して歩きましたが、
ライズも無くウロウロしていると
18時45分 ライズ発見
やっぱり興奮します
護岸を飛び降りて
一投目
 
イメージ 8
 
小ぶりですがヤマメが釣れて
 
イメージ 2
 
まぁまぁのイワナも釣れたりして
Sもキッチリいいヤマメをキャッチ出来たようでした
 
終わってみれば、久しぶりにいっぱい釣れました
やっぱり、たまには数も釣りたいですよね
 
満足の一日でしたぁ
イメージ 3
 
 
 

開く コメント(0)

今シーズンは4月から何度か長良川水系、GWは3泊の松本釣行と回数は少ないもの釣りには行ってました…
全く魚が釣れません
したがって、ブログなど書く気もおきない
相方Sはしっかりキャッチしているのに…
先週も魚は出てもキャッチできない状態
呪われている
 
 
 
 
今日は9時半ごろ木曽の川へ到着
イメージ 1
 
ピーカンですが春なので陽気な気候といった感じ
餌師の後を釣りあがることになりましたが、すかさずSが23cmほどのアマゴを釣って見せてくれた
 
いけるかな…
 
 
そんなに甘くはありませんでした
広いプールでライズしていたのを狙わせてもらいましたが、不規則な風に悩まされる
#2ロッドではあとチョットの距離が安定してキャストできない
Sに交代すると、あっさり25cmほどのイワナをキャッチ!
フライは#20のコカゲ
私の使っているフライではデカすぎた
 
冴えないなぁ
 
その後も釣りあがりでポイントをほとんど譲ってもらったが
魚は出ない
どうもSはV字にリーダーを落として、上流側に若干ドラグをかけて、フライをゆっくり流しているらしい???
そんな難しいことが出来ない私でしたが、岸壁際でライズする魚を発見して
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
24cmのヤマトイワナをキャッチ
 
やっとキタ━(゚∀゚)━!
 
って感じで、肩の荷がおりました
このあと18cmほどのイワナを追加して昼食に
花猿亭へ
 
オムライス大盛りをいただきましたが、満腹
パスタは大盛りで私には丁度いいのですが、オムライスは並みで充分のようです
お店のご主人に川の情報をいただくと
どうやら、鱒神様にお願いするのがいいらしい
先週も鱒神様の御利益でサクラ鱒が釣れたお客さんがいたそうな…
 
その鱒神様の正体とは
 
イメージ 4
 
まさかと思って祈祷料の3500円を御布施してみました
 
その後、私が昼寝しているとSから電話が
 
「もう5匹釣れたぞ」
 
寝ている場合じゃないらしい
とりあえず車外に出ると風が強い
そこで#3ロッドに#4ラインをセットし川に降りたが…
追い風でこの組み合わせは非常に使いにくい
完全にタックルの選択ミス
やはり呪いは解けていないようです
Tシャツ着るの忘れちゃったし
 
で上流のSと合流してチャラ瀬のライズを狙ってみるが魚が小さい
6時半に大きく下流に移動して水深のあるライズポイントへ
 
とりあえす、車を降りてすぐのポイントを確認するがライズは無い…
やはり上流の方が湧水の影響で水温が違う様子
そのポイントをSに任せて、もう少し下流へ行ってみると
  ライズ ・  ライズ
もうこの時間は立派に「イブニング」
 
Sに電話すると「こっちもライズある」とのこと
それでは、とこいつは私が頂くことに
 
しかし、鏡面フラットな流れで、#4ラインは水面へのインパクトが強すぎる…
フライを投げると、しばらくライズが止まる
タックル選択ミスをそのまま持って来てしまった
冴えない・・・
しばらく、いくつかのライズを狙っていたが、#16のCDCダンに1回出ただけ
ライズを見ていると、流れ出しのあたりでも「ピシャッ」とライズが
アマゴっぽいけど、小さいなぁ
と思いながらも、なんとか1匹釣りたい!!
飛んでいるのは小さなコカゲのようだが、ここはイブニングだし流れもあることだし
見やすいフライにチェンジ
 
何投かしてみるが、フライには出ない…
やはりサイズも違うしなぁ  でもフライ変えるの面倒だしなぁ
そのまま数投し、たまたまメンディングして上流側にピクッと動いたフライに
「ピシャッ」と出たが、魚が小さいのか乗らない
 
そこから2,3投
対岸際ギリギリを流していると「ピシャッ」
アワセを入れると結構な手応えが
28cmはありそうなイワナ
とりあえず、ネットに入れて川岸に固定し次なるライズを!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終了のようです
終わりですか!?
「お客さーん 終了です」
 
まぁ1匹連れたし、写真をと
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
んん…
なんかデカイよなぁ
 
 
巻尺をギギーっと引っ張り出して計測してみると
30cmを5mmほど超えてます
 
 
    尺
です
鱒神様が降臨しました
嘘のようですが、本当の話です
 
 
 

開く コメント(0)

11.9.17-9.19

今週は単独で信州へ
昼ごろ出発して信州人と合流
先週と同じポイントに…
 
ちょっと減水しているが、水は生きている感じ
イメージ 1
 
ライズは無い…
しつく対岸を流すが反応も無い
周りが暗くなった6時20分ごろ
「やめますか」
と言ったものの、先週の魚が忘れられず、続行
ここから、いわゆるゾーンに突入!
もう暗くてフライが見えそうで見えない状況で、対岸ギリギリを数回連続で流す
さらにカディスで上流側に誘うと
イメージ 3
 
来ちゃったよぉ!
(ナイスシャッター信州人
 
途中、動かなくなって、魚を中心に自分が動くしかない状況
てっきり根掛かったかと思わせる…
かなり余裕をかましてみたけれど、膝はガクガク
 
なななか岸に引きずり上げられないところを信州人にキャッチしてもらった魚は…
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラウン54cm
イメージ 2
膝ガクガクしながら記念撮影
今日は最初から大物狙いで3Xを使ったのが良かったのか
2年前に釣った53cmの記録更新!!!
 
ちなみに下の写真が2年前に釣った53センチの写真です
イメージ 7
このときはファイト中に心が折れてしまい
心の中で「切れろ!」なんて願ってました
このときも膝ガクガクでしたね
ヘタレですから
 
 
 
イメージ 6
戦いの後は丁寧にリリース…
この蘇生って、なんとも感慨深い時間ですよね
魚をいじめ、また元気に育ってくれよなんて都合の良い話で…
でもやめられない
 
 
信州人の家に帰る道中に花火が 
     
さらに家に帰ると
タイミング良く
祝砲が…
あっちこっちで花火やってるみたいです
 
イメージ 4  イメージ 5
 
完全に脱力モードです
今シーズンも終わったなといった感じです
 
2日目は前から行きたかった安曇野のそばやへ
イメージ 8  イメージ 9
景色も最高(昨日、釣れたからね)           そばやは満員御礼!
                                 今日は何でもOKね 何分でも待ちますよ
 
イメージ 10
そば大盛り(2人前)で1,000円弱
信州人曰く
適正価格でおいしいそばとのこと
実においしかった
(昨日でっかいの釣れたしね
 
 
 
で、また同じポイントでイブニングに臨んじゃう訳で
とりあえず
レギュラーの32cmをキャッチすると、水溜りに置いておいて
さらにサイズアップを狙う
 
 
 
 
ブラウンの目がいっちゃってますね
イメージ 11
デッド…です
リリース不能につき信州人の家で
イメージ 12  イメージ 13
さばく                             身は少しピンクっぽい
 
イメージ 14  イメージ 15
塩をまぶしてオーブンへ                 塩焼きの出来上がり
 
味のほうは
 
おいしいです
意外です
さすが食用といったところ
イワナより癖も無く
信州人によるとムニエルに最適だとか
 
 
で、フライマンの宿命…
気になるストマックですが
グロいので縮小しておきますが
イメージ 16
 
キリギリスとトンボ!?
トンボ食うの???
大きくなるには大きな虫が必要なんですね
 
で3日目はイブニング前に雨が降り出し
帰路へ
高速降りたとたんに、洪水のような雨…
あちらこちらが冠水
 
翌日は川が氾濫する有様
今シーズン終了です
 
次はシーバス
ですね
 

開く コメント(2)

11.9.10-9.12

イメージ 1
ちょっと遅い夏休み
Sの夏期休暇に合わせて信州へ…
天気は良好
 
イメージ 2
しかし、魚の反応は…
イマイチ
イメージ 5
 
夕方、信州人と合流するが、ウェーダーを忘れてしまい
あられも無い姿に…
 
イメージ 3
イブニングも不発に終わりました
 
ただ、1発切られました
4Xをぶっちぎる大物…
残り2日間に期待は残しましたね
 
 
 
2日目は行ったことのない支流へ案内してもらうが…
イメージ 9
どうも魚の反応はニブイ
イブニングまで待とうと思っていましたが
Sがいいやつバラシただけだったので、下流へ移動
 
イブニングは
なんとか、Sと信州人がイブニングライズをキャッチ
イメージ 6
私は不発…
なんか初日の魚が忘れられない
 
3日目の日中は湧き水の川でレイイボーと戯れ…
というか完全に遊ばれました(Sは数匹キャッチ、私はバラシ多数でボウズ)
 
鷲?があざ笑っているかのよう
イメージ 4
 
 
で、イブニング
初日のウサを晴らす
といか3日間でまともな魚釣ってないので、一等地に陣取る
ライズが無いので、カディスで誘っていると
ガボッ
と出たのはブラウン30センチ
イメージ 7
 
まぁとりあえず、レギュラーサイズが釣れたし
時間も無いので
Sよ後は任せた!
と声をかけたものの
Sはちょっと岸から離れた場所から動かない???
魚は対岸ギリだよ…

どうも手前で怪しいライズがあったらしい
しかもグッドサイズをバラシ
 
で、対岸ギリのライズを見つけ…
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
ブラウン42センチ!
なかなかのファイターでした
ファイト中、ネットですくってくれと頼まれるも、ネットには入りません
結局、岸に引きずりあげての記念写真となりました
 
その撮影中、私も必死で対岸を狙ったけど、おいしい時間は短いもので…
晩御飯をSのおごりで締めくくりました
 
しかし、これ見ちゃうと初日にぶっちぎられたヤツが気になる…
 

開く コメント(0)

11.08.27

先週のお話です
 
またしても開田へ…
イメージ 1
 
増水していて、いつもチョロチョロの支流までが増水
しかし、濁りも無く
とりあえずの1匹
 
イメージ 2
 
前回のイワナで#0に少し不安が生じたため
新しく#2を投入
SAGE TXL−F 7f11in
ロッドの印象は人それぞれ…
ですが、個人的な感想として
可も無く、不可も無く
とりたてて ”おおっ” という感動はありません
しいて挙げれば、当然ながら#0より多少遠いレンジが釣りやすい
このいたって特徴の無いようなロッドが実はオールラウンドで長く使えるのかな?
まぁ使っていくうちに印象は変わっていくでしょうけど
 
で、釣りのほうですが、増水のわりに反応は今ひとつ
ただ
最後の堰堤で、出ました
スゴイのが
巻きの中にフライを投ずること10回以上
黒い影がフライを襲い、一気にロッドのバットまで絞り込む!
さすが#2
持ちこたえたね
と思った瞬間
 
 
 
すぽっ
 
 
抜けちゃいました
思わず天を仰ぎました
ホントに空を見上げてしましました
そのポイントでイワナを釣ったことがないので、おそらくアマゴですが
30センチは楽に超えていたはず
新しいタックル投入時に良くある話ですよね
デカイのをバラすのって…
 
その後、下流に下ってみるも反応はイマイチ
 
のところに同行のAが26㎝ほどのナイスな岩魚をゲット
増水でラインがクチャクチャになっていたものだから
私がネットに入った魚を預かっていると
よく暴れるんです
 
で、ネットから
ポ・ロ・リ
 
ゴメンね
 
ここで午前の部は終了
イメージ 3
 
その後は、いつものラーメン屋で冷やしらーめんを食べて
いつもどおり昼寝
 
 
 
イブニングは前回と同じポイントへ
しかし、増水が厳しくライズが起こるのか不安…
川に立ちこんでいるのも大変
しかし移動も面倒だし
ライズはアシ際で起こるから、何とかなるかと
覚悟を決める!
 
6時を回って、曇りのせいで暗くなってくると一応ライズあり
でも、ルアーぐらいの稚魚…
6時半を過ぎた頃、Aがレギュラーサイズをフッキングさせるも
バラシ
 
で、私も同じ場所を横から釣らせてもらうと…
10投目ぐらいでしょうか
ライズのタイミングに当たったようで
フライが消えた!
一気にアシ際に走る
 
が、完全にロッドのパワーが勝った
とりあえず動きは止まった
でもバットまで曲がったまま動かなかったので
一瞬、根がかりかとあせったけど
ちょっと強引に引っ張ると、すんなり寄ってきた
 
と思ったら、流れ強すぎ〜
ネットを通り越して下流へ
尺ぐらいありそうだが、ティペットよ切れないで
 
2度ほどのチャレンジの末、ネットインしたのは…
 
イメージ 4
 
なんと前回と同じく32センチ
巻尺で計ったので間違いないのですが…
前回のと同じ魚じゃないの?なんて疑惑が
 
まあ、たまたま同じサイズだったのでしょう
 
チームのルールで、尺が釣れたらコーラで乾杯(最近は缶コーヒーか)と晩飯は釣った者のおごりなんです
思わず、これからはイワナは35センチかな…と提案したら
あっさり
こんなことは、しょっちゅうはない
だってさ
 
だよね
イワナの30ですら毎年は釣れないんだよね
オレ…
 
 

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事