ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定ACL優勝Ver!

書庫全体表示

6話からは前日譚でも明かされていない『誰も知らない世界』に突入していきます!
 
 
 
さてここから6話のレビューですが・・・それぞれの想いが交錯する回でした!
 
まずは『天使と音無』の会話ですが・・・
 
直井に幽閉され2人きりになった中で・・・
 
音無 : 最初に会ったときに前を敵だと勘違いしてしまった・・・
 
音無 : オレには記憶が無いんだ・・・だからお前と戦う理由は無いんだ・・・
 
音無 : だから最初から記憶があればこの世界でオレはお前の味方でいたかもな!
 
ここで音無は本当なら天使と仲間になれたと話しますが・・・その言葉に対し・・・
 
 
天使 : そんな人はいなかったわ・・・いたとしても『みんな消えちゃう』もの・・・
 
このセリフで・・・音無は天使を理解します・・・
 
 
 
音無 : そうか!こいつの味方をするということは・・・しい学園生活を送ってこの世界から消えてしまうということか・・・
 
ここで明かされた『この世界のシステム』は天使にとって過酷過ぎます・・・
 
 
イメージ 1
 
そういえばこの世界観は『AIR』の観鈴に似ていますね・・・
 
『AIR』では観鈴と仲よくなると災いが起きるため『観鈴自ら友達を作らないようにしている』というのに似ている気がします・・・
 
本当はもっと皆と仲よくしたいのにできない・・・もどかしいですよね・・・
 
 
そして『ゆりと直井』の会話では・・・
 
直井に破れ倒れるゆりに対し・・・
 
 
直井 : 君は今から成仏するんだ!『岩沢まさみ』を覚えているだろ?生前声を失い歌う夢を断念・・・ひどい家庭環境の元、惨めに死に至った・・・だがこの世界で夢を叶えたんだ!だから消えた・・・成仏したんだ・・・
 
イメージ 2
 
直井 : キサマも今から成仏するんだ・・・幸せな夢と共に・・・
 
直井は岩沢が消えた理由を知っているんですね・・・ただゆりは
 
ゆり : あなたは私の過去を知らない・・・
 
分の夢を叶えることは出来ないと言いますが・・・
 
直井 : 知らなくても可能なんだ・・・催眠術だ!さあ目を閉じるんだ・・・キサマは幸せな夢を見る・・・こんな世界でも幸せな夢は見られるんだ!
 
ここでゆりは夢を見ることになり・・・亡くなった3人の兄弟が幸せそうな顔で現れ・・・
 
『お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかった!』と感謝されます・・・
 
ゆりの夢は兄弟が幸せになって欲しかったことなんですね・・・その状況に悩むゆりに・・・
 
イメージ 3
 
 
 
今度は音無と直井』の語りになり・・・
 
直井を殴ってゆりの催眠術を覚まさせ・・・
 
 
  音無  
 
そんな『まがい物の記憶』で消すなァ!!!
 
俺達の生きてきた人生はホンモノだ!
 
何一つ嘘の無い人生なんだよ!
 
みんな懸命に生きてきたんだよ!
 
そうして刻まれてきた記憶なんだ!
 
必死に生きてきた記憶なんだ!
 
それがどんなものであろうが俺達の生きてきた人生なんだよ!
 
それを『結果だけ上塗り』しようだなんて・・・
 
 
お前の人生だって・・・ホンモノだったはずだろぉ!!!
 
 
イメージ 4
 
 
音無の魂の叫び・・・心が震えます・・・
 
BGMと相まって鳥肌が立ちました・・・
 
 
 
 
その言葉に感化され・・・直井が『生前の記憶』語りだします・・・
 
直井が死後の世界に来た理由は・・・
 
 
   直井   
 
将来を嘱望された兄が死に・・・まったく期待されていなかった自分が『影武者』として兄の役をやることとなった
 
・最初は周りに期待される自分が誇らしかった
 
イメージ 5
 
・しかし師匠の父が病気で倒れ自分ひとりでは何も出来ないことを理解し『絶望感』をあじわったまま一生を過ごした
 
というのが直井の過去のようですね・・・
 
 
この世界観って声優が緒方恵美さんということもあって・・・エヴァンゲリオンの碇シンジにも境遇が似ているような気がしました・・・
 
父ゲンドウに期待されなかったシンジがパイロットとして役に立つことを証明し『父から褒められる』ことで幸せを掴んでいった経緯に似てる気がしますね・・・
 
語りの部分もエヴァを見ているようでした・・・
 
 
そして文字の部分が出てくるところも・・・エヴァを意識して作られているような気がしましたし・・・
 
『Angel Beats!』は『麻枝准版「エヴァンゲリオン」』を作っているような気がします!
 
麻枝さん自身も『エヴァ』に影響を受けたと言ってますからね・・・
 
イメージ 6
 
 
こういったエヴァの後半のように『深層心理』に迫っていく作風麻枝さんは得意ですので・・・今後も心を揺さぶられる作品になりそうで本当に楽しみです!
 
麻枝さんの脚本が生きる作品になってきましたね!
 
 
 
さてここからは冒頭からのレビューですが・・・前回直井が現れ『SSS』を則違反で反省室に入れらた後から始まります・・・
 
今までであればここまで厳しい対応はないので『SSS』も動揺を隠せません・・・
 
天使が生徒会長の頃にはNPCがここまで積極的に関わってきたことは無いんでしょうね・・・
 
 
開放された後・・・ゆりは『SSS』メンバーに様子見で授業を適当に受けて直井の動きを探ることに・・・
 
三者三様授業を妨害する行為をして直井を挑発します
 
ひさ子達は麻雀、ユイは何度もトイレに行くなど・・・派手にやってますねww
 
 
 
 
 
そしてもちろん直井登場!
 
ただ登場と同時に『SSS』メンバーは皆逃げます・・・
 
 
その後音無は天使に接触!『麻婆豆腐』をおごるので一緒に食べに行くことを提案!
 
そして天使は意外にもその誘いに乗ります
 
天使本人はなにも意識していないようですけどね・・・
 
天使と音無が麻婆豆腐を食べていると・・・授業中の食事の校則違反で2人を反省室へ連れて行きます・・・
 
ここで天使は素の反応・・・あまり感情を表に出しませんね・・・
 
イメージ 7
 
 
反省室・・・というか『独居房』に入れられた音無と天使ですが・・・天使は何も抵抗せずに眠ってしまいます・・・
 
この寝顔・・・まさに天使ですね!(爆)
 
イメージ 8
 
ここまで10分くらいでAパート終了!
 
10分でAパート終了ということは・・・Bパートに『大きな山』を持ってくる布石ですよね・・・
 
 
 
 
そしてBパートですが突然『大きな爆発音』が鳴ります!
 
そこであらかじめゆりから音無に与えられていたトランシーバーでゆりに状況を聞こうとすると・・・ゆりからの声しか通らない故障品で・・・
 
ゆりが『音無が聴いていると信じて』話す内容は・・・
 
 
   ゆり   
 
・直井はNPCではなく人間
 
・本来なら副会長で模範的な対応をとっていたため『存在が消える』はずだが、影で一般生徒に暴力を振るうことでバランスを保っていた
 
・天使が失脚し直井は自由を手に入れた
 
・直井は人間が『一般生徒』を攻撃できないのを知っているため人質にして有利な立場にいる
 
・そのため『SSS』は反抗できず壊滅的な打撃を受けている
 
・天使は幽閉されていて『すぐ見つからない所に匿われている』
 
・音無が聴いていたら天使を連れてきて欲しい
 
・この戦いを止められるのは天使しかいない
 
 
と、ここまで話してゆりは戦闘に巻き込まれます・・・
 
ゆりも本当のこの世界を徐々に分かりだしているようです・・・
 
 
 
その後これを聴いた音無は天使を起こし、皆を助けてくれるようにお願いします!
 
幽閉されたこの空間を抜け出すには天使の力が必要なんですよね・・・
 
そして仲間がやられている・・・音無は必死です・・・
 
 
ただ『ハンドソニック』では破れない頑丈なドアになっていたため・・・
 
ハンドソニックを応用し、ドアと壁の間にハンドソニックを差し込み大きく膨らませることでドアを破壊!
 
頭脳的にこのドアを壊します!
 
 
 
その後流れは冒頭にあるように『直井・ゆり・音無』がそれぞれの思いを交錯させ・・・
 
 
最後に自分を必要としない世界に自暴自爆になる直井音無がそっと抱き寄せ・・・
 
 
 
お前の人生だってホンモノだったはずだろ!
 
頑張ったのはお前だ!
 
必死にもがいたのはお前だ!
 
なぜなら『死後の世界』にお前がいるんだから!
 
 
そういって直井の存在を認める音無・・・
 
その温かさに直井も心を開きます・・・
 
イメージ 9
 
 
 
ここで6話終了です・・・
 
 
さて今回はかなりシリアスな展開でしたね・・・
 
そして題名が『Family Affair=家族の問題』ということで・・・
 
直井の家庭環境が死後の世界に連れてくる要因になったのですね・・・
 
そして何故天使は消えないのか?天使は何が夢なのかなど・・・まだまだ謎が多いですね!
 
次回7話の予告でも直井がいますし・・・直井がどんな風にSSSに絡んでくるのかも含めて次回が本当に楽しみです!

  • 顔アイコン

    お久しぶりです
    前回のレビューにコメントいただいていたのに
    返すのが遅くなってしまい
    本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

    今回の話は本当に最高でしたね!!
    まさに"麻枝さんが贈る最高の人生賛歌"でしたね^^

    独房での天使とのやり取りの部分は
    Mr.Tさんのレビューを読ませていただくまで
    気がつかなかったんですが・・・
    確かにAIRの観鈴ですね(TT

    音無の叫びの部分には私も鳥肌が立ちました!!
    あの台詞は本当に最高ですね!! 削除

    [ 龍信 ]

    2010/5/8(土) 午前 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    今週はもう緒方さんの演技に圧倒されまくってました・・・。
    最後のほうは凄く引き込まれてました。

    麻婆豆腐に速攻反応&寝る奏ちゃんがとても可愛かったです(笑)

    [ 麻呂吉 ]

    2010/5/8(土) 午前 9:38

    返信する
  • 観ている時は考え付きませんでしたが、確かに天使は観鈴のような立場に置かされてますね。
    まだ彼女自身は謎に包まれてる所が多いですが、最後は幸せなゴールを見付けて欲しいです!
    しかしSSSのように神に抗うのでは無く、直井みたいに神になろうと考える人物もいるとは…。
    そんな直井でも天使を幽閉する独房を作るくらいなので、やっぱり恐れもあるんでしょうか。
    音無の魂の叫びは本当に鳥肌が立ちました…最後にそっと抱き寄せる優しさにも痺れましたね。

    [ えいむ ]

    2010/5/8(土) 午後 9:34

    返信する
  • 顔アイコン

    今回も激動の一話でしたね^^
    しかし天使はの境遇は音無が笑ってしまうほど残酷ですね...

    音無が直井を抱きしめてセリフを言ったときには、鳥肌が立ち
    涙腺崩壊しました^^;
    音無カッコ良すぎです!w

    今回はいつも以上に続きが気になる終わり方でしたね。
    直井の涙が地面に落ちて...からどうなるんでしょうか。
    でも次回予告を見る限りシリアスではないような?

    [ tomoyo-0518 ]

    2010/5/9(日) 午後 7:46

    返信する
  • 顔アイコン

    6話の脚本は麻枝さんの「新境地」を見たようで・・・すごく興奮してます龍信さん!
    独房の天使と音無の会話は天使の『諦めの境地』で話す過酷な内容と音無の純粋な『天使への同情』の温度差がすごく心に響きました・・・。
    (天使は今の状況にイヤでも慣れてしまっているんですよね・・・)
    その無限に続く天使の状況がOPの『目覚めては繰り返す』という歌詞に繋がってくるのかなぁって思いました!

    あとAIRの観鈴は自分に関わる人に災いがふりかからないようにわざと友達を作らないということと・・・今回の天使がリンクして気になってたんですよね!

    音無の叫びは『CLANNAD』の渚が演技中に泣いているのを励ました秋夫の叫びにも繋がる心を打つセリフですよね・・・
    (麻枝さんの言葉は人間らしい言葉なので余計に心に響きます・・・)

    [ Mr.T ]

    2010/5/9(日) 午後 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    緒方恵美さん演じる直井は『冷静な甘い声』と『激情する激しい声』の使い分けが本当に上手くて私も引き込まれましたよ麻呂吉さん!
    (途中の語りの少年っぽさは『エヴァのシンジ』にも似てて・・・エヴァ好きの私にはたまりませんでした!)

    今が旬の声優さんももちろん良いのですが・・・やっぱり『第一線で活躍された』緒方さんの演技は『重厚感』がありますよね・・・。
    (特にシリアスシーンでは高度な演技力がさらに必要になるので・・・緒方さんの凄さを改めて感じました!)

    あとあくびをして眠る天使はまさに『天使』でしたね!
    (前回に続き『あどけないかわいさ』全開ですので・・・また天使ファンが増えそうですねww)

    [ Mr.T ]

    2010/5/9(日) 午後 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    天使にとって『自分と仲よくすると消えてしまう』世界では仲間なんて一生できないですよねえいむさん・・・。
    (天使の世界観がAIRの観鈴に似ているのは・・・麻枝さんらしいなぁって思いました!)

    そしてえいむさんの言われるように『天使の幸せ』って何なのかがすごく気になりますよね・・・。
    (模範的な対応をしていたのに消えてないですし・・・謎が多いですよね!)

    あと「死後の世界の世界観」もゆりや日向が考える『神が創ったモノ』や直井が考える『誰が神になるのかを決める』という考えもあるようですし・・・ゆりが6話まで説明してきた『死後の世界の説明』も本当かどうか分からなくなってきますよね・・・。
    (その謎を残して次回を楽しませるのも麻枝さんの脚本の妙ですけどね!)

    普段はおとなしくてゆりに合わせる音無の叫び声は心に響きましたよ・・・。
    そしてBGMがまたKeyらしい心に響く音でさらに感情が高まりました!
    (音楽あってのKeyですので・・・魅せてくれましたね!)

    次回以降『ゆり・音無・天使・直井』を中心にどう進めていくのか・・・本当に楽しみです!

    [ Mr.T ]

    2010/5/9(日) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    6話は特に『物語が大きく動く回』でしたので緊迫感がありましたね朋代さん!
    そしてコメントをいただく皆さんの賞賛のコメントが私も同じなのですごく嬉しいです!

    音無を通じて麻枝さんの想いが直接伝わってくるような叫びで・・・鳥肌立ちまくりでした!
    (本当に麻枝さんは「人の心を動かす脚本」を生み出す天才ですね)

    最後の直井の涙は正直『直井が成仏した』と思ったのですが・・・次回予告で直井がいるということは・・・SSSの仲間になったってことなんですかね?
    (そうなると昨日の敵は今日の友になって心強いんですけどね!)

    あと次回予告は音無の「そんなのってねえよ・・・死にきれねえよ!」はかなりシリアスでしたが、それ以外はけっこう明るいのもありますし・・・どんな展開になるのか本当に楽しみですね!

    [ Mr.T ]

    2010/5/9(日) 午後 11:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(21)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事