ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定大槻組長Ver!

書庫全体表示

今回は『Angel Beats!』EPISODE9「In Your Memory」レビューです!
 
 
音無の『本当の過去』が語られる・・・物語を通しての『重要なターニングポイント』でしたね!
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
さて冒頭は8話ラストで天使が『多くの意志を吸収』して昏睡状況になった所から・・・
 
前回の戦闘から倒れたままのようです・・・
 
そんな天使を看病する音無・・・
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
そして看病する音無が眠りに入ると・・・
 
7話で死因となったと思われる『電車事故』以降の話がフィードバックされます・・・
 
大事故だったようですが・・・音無を含めて数名生存できていたようですね・・・
 
 
イメージ 13
 
 
音無は仲間と一緒に怪我人の看病を行い、救助が来るまでの生きる希望を皆に持たせ・・・励まします・・・
 
その音無を中心として生存者達は救出を待ちます・・・
 
ただ残っている食料や水を考えると持って1週間程度・・・厳しい状況です・・・
 
イメージ 16
 
 
 
そしてトンネルの出口の状況を音無が見に行くと完全に塞がれています・・・
 
すぐに助かる状況ではありません・・・
 
イメージ 17
 
 
 
しかも運悪く・・・音無は事故で腹部を圧迫し重症のようです・・・
 
本当なら痛いはずなのに我慢して他の生存者達に気を使わせない音無・・・強いですね・・・
 
イメージ 18
 
 
 
 
それから数日が過ぎ、励ましながらも怪我が原因で亡くなった人を見て・・・音無は絶望感を感じ始めます・・・
 
結局どう頑張っても助かる可能性がなくなってきて・・・生きる意味を見失いかけます・・・
 
まるで妹の初音を失った後のように抜け殻になる音無・・・
 
 
イメージ 15
 
イメージ 19
 
 
そして事故7日後・・・死の間際で音無が思い出したのは・・・
 
妹の初音が『ドナー』にめぐり合えず亡くなったシーンでした・・・
 
初音にドナーがいれば・・・生きられたかもしれない・・・
 
イメージ 20
 
 
その初音の言葉を思い出した後に・・・音無は最後の力で『ドナーカードに臓器の提供の意思』を記入します・・・
 
死の間際にあって・・・自分ではなく他人を思いやれる音無の『矜持』に・・・涙が止まりませんでした・・・
 
人間は死の間際に本当の人間性が出ると言いますよね・・・この音無の行動は『人間の尊厳』を感じずにはいられません・・・
 
 
イメージ 21
 
 
 
その後、光が差し込み・・・救助隊が来ますが・・・
 
音無は息絶えます・・・
 
ただ音無が励ました他の生存者は・・・これで助かることが出来ました・・・
 
イメージ 22
 
イメージ 3
 
 
 
 
この過去の回想は人間の尊厳を感じて心が震えました・・・
 
 
 
そしてこのシーンで思い出したのが『CLANNAD』の『ことみルート』で・・・
 
ことみの両親死の間際にトランクに『貴重な学会資料』ではなく『ことみへの誕生日プレゼント』を入れたという行動にも似ているなぁってことでした・・・
 
Keyならではのシナリオで・・・心にグッときますね・・・
 
イメージ 25
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
そして音無が起きると・・・天使も意識を取り戻していました!
 
音無の頭をさする天使・・・優しいですね・・・
 
まるで母と子のような幸福なシーンです・・・
 
イメージ 4
 
 
 
天使は壮絶な戦いの末・・・自分を取り戻したようです!
 
天使自身が『奇跡』というくらいですので・・・本当に大変な思いだったんでしょうね・・・
 
そして自分を取り戻せたのは・・・自分を理解してくれる音無の存在があったからこそだと思います!
 
イメージ 5
 
 
ここで音無は天使に『本当の記憶』について話しだします・・・
 
音無 : なあオレ全部思い出したよ・・・死んだ時のこと・・・
 
 
音無 : オレ医者になりたかったんだ・・・『誰かの為』になりたい・・・『ありがとう』って言ってもらえるようになりたいって・・・
 
 
音無 : でも最後にこの体を『ドナー登録』で残せたんだ!オレの体は『誰か』を助けられたはずだ!そう信じる・・・
 
 
 
イメージ 6
 
 
音無は最後に・・・自分の体を『誰かの役』に立てることで『誰かのためになる』という気持ちを残すことが出来たんですね・・・
 
その言葉に対して天使が・・・
 
 
天使 : きっとその誰かは・・・見知らぬあなたに『ありがとう』って・・・一生思い続けるわね・・・
 
音無の意志は・・・必ず誰かに伝わっていると語る天使・・・
 
 
 
 
この『優しい会話』『切ないBGM』が・・・涙を誘います・・・
 
 
このBGMって『麻枝准の殺伐ラジオ』の最終回の最後にかかってましたが・・・Keyらしい優しい旋律ですよね・・・
 
同時に麻枝さんに私のコメントを読んでもらった事を思い出しました・・・
 
 
 
 
そして音無に対し天使が・・・
 
天使 : 結弦・・・もう思い残すことはない?
 
と優しく聴くと、音無は・・・
 
 
ゆりやSSSのメンバーも自分と同じ様に『報われた気持ち』になってこの世界を去ってほしい!という感情を持ち始めます!
 
なんとかSSSのメンバーを報いてやりたいと音無は強く願います・・・
 
イメージ 7
 
 
 
 
そして天使も『自分も同じ気持ち』であることを告白します!
 
また天使が言うにはこの『死後の世界』『青春時代を謳歌できなかった』人たちが集う場所
 
とのことで・・・なので岩沢のようにここで思いを達成できたら成仏していくんですね!
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 
 
ただ天使は不器用なので・・・ゆりやSSSと対立してしまうことに・・・
 
なかなか思いを伝えるのは難しいですよね・・・
 
 
 
ここで音無は天使と共闘することを誓い・・・
 
天使には生徒会長に戻ってもらい、敵対することでSSSメンバーの過去を聴きやすくする手段を考えます!
 
敵役がいなければSSSの戦線は集う意味を失い・・・成仏する機会を失ってしまいますからね・・・
 
イメージ 11
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
さて今回の話でこの先の『方向性』がはっきりと見えましたね!
 
天使と音無が共闘してSSSメンバーに満足して成仏してもらうことが目的になりました!
 
そのために次回以降どんな行動をとっていくのか・・・楽しみです!
 
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第3話『My Song』の原画担当をされてましたがが・・・本当にこの方は上手いです!
 
京アニの高雄統子さん以来・・久々に『ホンモノの実力者』を見た気がします!
 
 
 
イメージ 12
 
イメージ 14
 
 
 
京アニの高雄さんもそうですが・・・関口さんは『女性ならではの視点』を生かしていると思います!
 
私が鍵っ子となるきっかけとなったのも・・・高雄さんが関わった『CLANNAD18話・逆転の秘策』だったこともあって・・・
 
 
人の心を動かす繊細なシーンが多いKey作品には・・・
 
こうした女性の力が特にマッチするのかも知れませんね!
 
あくまで私的な考えですが・・・今回ふとそう思いました!
 
イメージ 23
 
イメージ 24
 
 
 
 
だからこそ関口さんの良さを知っている『P.A.WORKS』『重要な回』となる『3話』『9話』に関口さんを配置したんでしょうね!
 
 
そう考えると・・・改めて『Angel Beats!』が『P.A.WORKS』でよかったなぁって再認識しました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ2   
 
 
 
 
あとLiaさんが歌う『Angel Beats!』のOP『 My Soul, Your Beats!』がオリコンデイリー5月27日付で『2位』になりましたね!
 
麻枝さんとLiaさんの歌が評価される・・・めちゃくちゃ嬉しいですね!
 
 
 
 
 
 
今後28日付以降のデイリー結果もすごく気になりますし・・・ウィークリーの数字も期待が膨らみますね!
 
そしてこれを機に多くの人に麻枝さんやLiaさんの音楽に触れていって欲しいです!
 
麻枝さんの作られる曲は心に響く音楽なので・・・かならずファンになってくれると思います!
 
 
 
 
             リンク集           
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
「Key Live World 2010」関連 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 

  • 顔アイコン

    「In Your Memory」素晴らしい回でしたね!
    他の生存者達は生きのびる事ができたのは、最期まで献身的な音無がいたから。
    そんな音無の頭を真白い手で優しくなでる奏は、まさしく天使。
    作画も音楽もホントに良くて、先週まで持っていた不安が今話で拭い去られました。
    『Angel Beats!』最終回までじっくり観ていこうと思います!

    しかし、自分はkey作品は『AB!』が初めてなんですが、ことみルートについての記述を読んで
    『CLANNAD』が気になりだしました。う〜ん、原作ゲーム買ってしまうかもしれないです。

    [ horoy ]

    2010/5/29(土) 午前 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    初コメです〜
    これからの展開が予想できそうな回でしたね!
    自分としては次回予告がとても気になる・・
    「あれ?次はユイか?」と思わせる予告でしたね・・・

    3話の絵はホントに好きでしたので9話もとてもよかったです!

    次回は新曲かなぁ

    [ スオータ(岩沢!) ]

    2010/5/29(土) 午後 0:37

    返信する
  • 音無は妹を通じて、本当に変わって、最後まで他人のために尽くしていましたね…。こうありたいものです。奏も助かってよかったです
    それと今回見て思ったのですが、ゆりっぺがラスボスになりそうですね。成仏を促進する奏と阻害するゆりっぺで。

    オリコン楽しみです!デイリー1位も見えてきました!

    [ hakonankit ]

    2010/5/29(土) 午後 0:58

    返信する
  • 大切な人を失い不慮の事故に遭い、そしてまた目の前で消え行く命を救えなかった…。
    何度も何度も絶望しながらも、最後まで希望を捨てなかった音無は本当に輝いてましたね。
    絶望する周りの人達に臓器の提供の意思を持たせるなんて、簡単には出来ませんよね。
    目覚めた音無を優しく撫でる天使は本当に天使のようでしたね、素晴らしい作画でした^^
    自分だけが納得して消えるのではなく、メンバーの事まで考えるとは音無らしいですよね!
    しかし音無だけじゃなく天使まで音無を下の名前で呼んでましたね…羨ましい限りですw

    [ えいむ ]

    2010/5/29(土) 午後 1:05

    返信する
  • 顔アイコン

    死後の世界。そして奏の目的が明らかになり、それが同時に音無にとっての目標にもなる、まさにターニングポイントと言える回でしたね。

    過去のシークエンスは観ていて非常に辛かったですが、助かった人々に音無が残した物はとても大きいと思います。

    次回以降、音無の立ち位置がガラリと変わり、死んだ世界戦線の総意に逆らう立場となる訳ですが、この事が彼等の関係性にどう影響してくるか非常に気になります…。

    [ otaku4160 ]

    2010/5/29(土) 午後 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    今回は『音無の本当の過去』と『今後の方向性』が明らかになった重要な回でしたねhoroyさん!

    今回の作画監督は関口可奈味さんでしたが素晴らしい作画でしたし、BGMも良いタイミングでかかって『天使と音無』の会話では感極まって泣けました・・・。
    (Keyらしい9話で最高でした!)

    私もTBS『CLANNAD』からKey作品を知ってから過去の作品をプレイしたり音楽を聴くようになりましたので・・・是非ともhoroyさんにも『CLANNAD』をプレイしてみて欲しいです!

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午前 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    今回は音無と天使が本当の意味での繋がりをもてた重要な回でしたよね!&初コメありがとうございますスオータ(岩沢!)さん!

    3話の岩沢回が大好きな私としては・・・3話の作画に携わった関口さんが作画監督をされた9話は最高でした!
    (やっぱり関口さんは上手いです・・・)

    あと次回ガルデモ回で「ユイメイン」のようですが・・・消されるのかなぁ?そこも気になります!
    (あと今まで出てこなかった入江や関根がやっとセリフがもらえそうですので・・・それも楽しみです!)

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午前 10:20

    返信する
  • 顔アイコン

    音無の妹の初音の存在があったからこそ音無は更正しましたし・・・他人を思いやる音無の姿に『こうありたい!』って思いましたよねhakonankitさん!
    (奏も音無と約束をしたから戻ってこれましたし・・・音無は周りに大きな影響を与える人間ですよね!)

    音無は次回以降SSSメンバーを天使と一緒に成仏させていくようですし・・・ラストはゆりっぺになるんですよね・・・。
    (1話から仲間ながらも10話以降はラスボス的な存在になるゆりっぺ・・・麻枝さんの脚本は面白いですよね!)

    あとオリコンはウィークリーでも「けいおん!」1期のOPEDに並びそうですし・・・本当によく売れていて嬉しいです♪

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午前 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    妹の初音が亡くなり、電車事故でも亡くなる人を見て普通なら絶望で「自暴自爆」になってもおかしくないはずなのに・・・最後まで希望を捨てず、なおかつ『自分ではなくほかの人の為に』生きようとした音無の心に触れて・・・涙がとまりませんでしたえいむさん!
    (鍵っ子のえいむさんも感動されたようで・・・『Angel Beats!』が多くの鍵っ子にも支持されているのが本当に嬉しいです!)

    そして天使と音無の優しい会話と『同じ高みへ』のような心を動かすBGM・・・涙が止まりませんでした・・・。
    (こんなに素直に泣ける作品って・・・なかなかないですよね・・・)

    あと奏が音無を『結弦』とさんづけしないで親しげによんだのがすごく心に残りました!頭をなでる仕草も含めて・・・まさに「お母さん」って感じで心が温かくなりました!
    次回以降はSSSメンバーを成仏させるようですが・・・どんな方法なのか麻枝さんの脚本を楽しみたいと思います!

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午前 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    今回の話は音無と天使が同じ思いを共有することができたシリーズを通して大事な回でしたよねotaku4160さん!

    そしてKeyを今まで知らなかった方でも・・・この回を見て『Key作品の奥深さ』を知ってもらえると思えるほど・・・作がもBGMも脚本も素晴らしかったと思います!
    (これぞ麻枝さんらしいKeyらしい脚本だと思いました!)

    次回からはSSSメンバーをどう幸福に成仏させていくかがメインになっていきますので・・・麻枝さんの脚本の妙を楽しみたいと思います!

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    おぉ!改めて訪問すると、例の『CLANNAD』のところに画像が!
    ますます興味でてきたので、とりあえずアニメを観てみようかと思います。
    絵柄に多少抵抗がありますが…話に入り込んでしまえば、何てこと無いですからね。

    あと、トラックバックと傑作ポチさせてもらいました。

    [ horoy ]

    2010/5/30(日) 午前 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    ことみルートの部分でちょっと補足しましたが・・・気づいていただけてうれしいですhoroyさん♪
    (ちょくちょく文章修正して読みやすくしているつもりではいるんですけどねww)

    『CLANNAD』はアニメもすごくよく出来ていますしぜひともアニメから入られるのがベストだと思います!
    (その後にゲームをすると・・・さらに深いシナリオに驚くと思いますよ!)

    絵柄はいたるさんのことですかね^^:最初はいたるさんの絵は少しクセがあるかもしれませんが・・・Keyを知れば知るほど逆に「いたるさんの絵じゃないとKeyじゃない!」って感じになると思いますので大丈夫です!
    (いたるさんファンの方ゴメンナサイ^^;ww)

    [ Mr.T ]

    2010/5/30(日) 午後 1:24

    返信する
  • 顔アイコン

    次回予告みてると消えそうですね・・・
    ファンには少し悲しいです・・・
    3話はふつ〜に泣きましたw

    [ スオータ(岩沢!) ]

    2010/5/30(日) 午後 5:08

    返信する
  • 顔アイコン

    音無は立派な最期でしたね。
    一見、音無は他の人よりは納得できそうな最期を迎えられただけに、なぜこの世界に来てしまったのか、気になるところです。
    そして、天使ちゃんの青春を謳歌出来なかった説と、ゆりの過去が微妙に辻褄があってないところが、なにか他の理由もあるのではないかと考えさせられますね。

    天使ちゃんの壮絶な戦い…そっちも、見たかった気がします。

    ぱっく

    2010/5/30(日) 午後 10:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(24)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事