ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定ACL優勝Ver!

書庫全体表示

今回は『Angel Beats!』EPISODE12「Knockin' on heaven's door」レビューです!
 
 
今回はゆりが探し続けていた『神の存在』が明らかに
 
死後の世界で抗ってきたゆりの最後の戦いです
 
イメージ 1
 
 
 
 
まず冒頭は前回SSSメンバーに選択させた・・・
 
『幸福な成仏』or『SSSで闘い続ける』
 
の回答が出まして・・・
 
 
『幸福な成仏』を選んだのが・・・
 
ガルデモ『ひさ子・関根・入江』『SSS幹部以外のメンバー』でした・・・
 
イメージ 2
 
 
ひさ子達が成仏する決め手となったのは・・・
 
岩沢とユイの代わりはいない
 
ということのようで・・・それほど大事な存在だったということですね・・・
 
そして最後にひさ子が音無に・・・
 
ひさ子 : だだ一時・・・ありはしない青春をただ楽しんでたって・・・それだけで十分
 
ひさ子 : じゃあな新人!次もバンドやるよ!
 
そういって消えるひさ子達・・・
 
イメージ 13
 
 
私的にこの『十分!』というセリフを聞いて『Saya's song』を思い出しました・・・
 
ひさ子たちにとってはもう思い残すことはないんですね・・・
 
またこの『新人』という言葉が・・・ラストにかかってくるんですよね・・・
 
それは後に解明されます・・・
 
 
そして『SSSメンバー』として戦うことを選択したのは・・・
 
『音無・日向・直井』の主力3名と・・・
 
今まで共に闘ってきた『野田・大山・松下・藤巻・椎名・TK』
 
音無達を援護する姿はカッコ良いですね!
 
ゆりが作り上げてきたSSSはこれほどの団結力を持つまでに成長したんですね!
 
イメージ 20
 
 
そして椎名が音無に『意志を受け継いだ』と告げ・・・
 
ゆりを援護するように命令!
 
その言葉を聴いて音無は椎名達に後を任せ・・・ゆりを助けにギルドへ!
 
イメージ 21
 
 
その頃ゆりは地下のギルドに潜伏すると・・・武器職人のチャーと出会います!
 
『Track ZERO』にも登場した『SSS創設時メンバー』のチャーがゆりに黒い影対策のマシンガンを渡すと・・・
 
チャー : 一人のバカがいただけだ・・・
 
そういって成仏するチャー・・・
 
『チャー』がいたからこそ武器を製造でき、神に反抗できたわけですし・・・
 
SSS創設の立役者のチャーが去るのは寂しいですが・・・本人は自分の思うように武器を作れて幸せだったでしょうね!
 
イメージ 22
 
 
そしてその武器を使い黒い影を倒すゆりが休息をとると・・・
 
天使・・・ではなく『かなで』仲よく出来なかったことを悔やむゆり・・・
 
ただ『自分の兄弟』のことを考えると『神=かなで』と仲よくなることにためらいがあるもの事実のようで・・・揺れ動いてますね・・・
 
 
それと同時に黒い影に隙を突かれ・・・ゆりが黒い影に吸収されるところでAパート終了!
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
Bパートは舞台が変わり『別の世界』の女子高生となるゆり!
 
制服はNPCと同じ・・・しかも『中村ゆり』という正式名称まであります・・・
 
あと『ゆり』の名前の由来は・・・噂通り『GARNET CROW』のヴォーカルの中村由利さんだったんですね
 
イメージ 24
 
 
 
普通の学生生活』を送るゆりですが・・・友人と思われる『ひとみ』の名前も知らないことに疑問を抱き・・・
 
授業中に先生や生徒に向かい・・・
 
ゆり : すごく幸せな風景・・・私には眩しすぎる・・・
 
ゆり : みんなはこんな時間に生きているんだ・・・いいですね!羨ましいです・・・
 
『何の悩みもない』NPCの人生を羨ましく思うゆり・・・
 
イメージ 25
 
 
ただここからゆりの『人生観』が語られ・・・
 
 
ゆり : ここから消えたらやり直せますかね?こんな当たり前の幸せを私は・・・受け入れられますかね?
 
ゆり : 記憶も失って・・・性格も変わって・・・ならできますよね・・・でもだったら『生まれ変わる』って何?
 
ゆり : それはもう私の人生じゃない『別の誰かの人生』よ!人生は私にとってたった一度のもの・・・それはここにたった一つしかない!
 
ゆり : 誰にも託せない、奪いも出来ない人生・・・押し付けることも、忘れることも、消すことも、踏みにじることも、笑い飛ばすことも、美化すること・・・何も出来ない・・・
 
ゆり : ありのままの残酷で、無比で・・・たった一度の人生を受け入れるしかないんですよ!
 
自分の過酷な人生を受け入れることの重要性を語るゆり・・・そして・・・
 
 
 
ゆり : だから私は闘うんです!戦い続けるんです!だってそんな人生・・・一生受け入れられないから!
 
ここでNPCになることを拒絶したゆりは波に飲まれますが・・・
 
イメージ 3
 
音無 : 手を伸ばせ!!
 
と叫ぶ音無の声に手を伸ばすと・・・
 
 
意識を回復しギルドで音無達と合流することになります!
 
そしてゆりのピンチに気づいたのは・・・分かり合えないと思っていた『かなで』
 
ここでお互い『感じるもの』があることが証明されましたね・・・
 
イメージ 4
 
 
その後天使や音無の助けもあって・・・
 
とうとう敵のアジトである『第二コンピューター室』へたどり着くゆり!
 
 
イメージ 5
 
 
そしてSSS創設前から憎んでいた『神の正体』は・・・
 
『死後の世界』を構築するコンピューターと・・・プログラミングされた少年と判明・・・
 
少年の声は『エヴァの渚カヲル』役の『石田彰』さんでした・・・ここもエヴァの影響を感じますね・・・
 
イメージ 6
 
さてこの少年が語る『このシステムの成り立ち』は・・・
 
遠い昔の人間が『死後の世界』のプログラミングを開発した
 
・自分はその開発者にプログラミングされた
 
『ANGEL PLAYER』はこの世界のマテリアルを作成・改変させるもの
 
・チャーが土くれから武器を作ったように・・・同じルールに則っている
 
世界に愛が芽生えたため『黒い影によるNPC』プログラミング作動
これは『日向とユイ』?それとも『音無と天使?』
 
・愛が芽生えるとここは永遠の楽園に変わってしまう
 
・しかしこの世界は卒業していく場所
 
・ただ誰かの為に生き・・・報われた人生を送った者が「記憶喪失」で迷い込んで来ることがまれにある。その時はバグが発生する
どうやら音無バグの一種のようですね・・・
 
・それが『ANGEL PLAYER』のプログラマー
 
・この世界のバグに気づき、修正をした。それが『影を使ってのNPC化=リセット』
 
・NPCに開発者が混じっている
 
・愛を知り1人この世界を去っていった彼女を待ち続ける開発者だが、あまりに待ちすぎて正気でいられなくなった
 
・だから自分をNPC化するプログラムを作成した
ここら辺は『エンドレスエイト』で正気を失い世界を改変した『長門』にも似てる気がしますね・・・
 
 
 
 
そして少年はゆりに・・・
 
少年 : あなたの意志次第でこの世界を改変できる!
 
と言います!・・・つまりゆりが『この世界の神になる』『永遠の楽園に出来る』ことも可能だということですね・・・
 
 
 
そしてこの世界の『神』になれることを知ったゆりは・・・喜びに震えながら・・・
 
ゆり : 手に入れたんだこの世界を!闘ってきたのはこのためだったんだ!天使にだって勝てる!これだけのシステムがあれば!最強だ!
 
そう高笑いするゆり・・・
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
しかしゆりは・・・
 
ゆり : ・・・なんてことするわけないじゃない!かなでちゃんにももうそんなこと出来ない・・・だって私は・・・
 
ゆりがそう言うと・・・愛を感じ画面のハートが赤くなります・・・
 
イメージ 8
 
 
 
そしてゆりは・・・
 
ゆり : だってここまでやってきたのは・・・皆を守るためなんだから!
 
そう言い切ります!この『愛の発生源』はゆりのようですね!
 
 
またこの世界は永遠に続くという少年に対し・・・
 
ゆり : 教えてあげる!人間と言うものは・・・たったの十分だって我慢してくれないものなのよ!
 
そういってこのシステムを全て破壊するゆり!
 
 
ここで『兄弟の人生』を奪った過酷な人生を・・・
ゆりは全て受け入れます・・・
 
イメージ 9
 
 
その後すべてを破壊しやり終えたゆりが・・・
 
これでSSSが皆無事去っていけることを確認した後・・・
 
イメージ 10
 
 
ゆり : おねえちゃんあんた達と同じくらい・・・みんなのこと大切に思っちゃったんだ・・・
 
ゆり : あんた達が誇れるくらい・・・あんた達だけを愛する姉でいたかったのに・・・
 
ゆり : あぁ・・・私を突き動かしていったものが消えていく・・・それが消えちゃったらここにいられなくなる・・・
 
ゆり : 人生はあんなにも理不尽にあんた達の命を奪い去って・・・なのに皆と過ごした時間はかけがいがなくて・・・
 
ゆり : 私もみんなの後を追いかけてきたくなっちゃったよ・・・
 
そう兄弟達に語りかけると・・・
 
 
 
 
ゆりの傍に兄弟が現れ・・・
 
『ありがとう!もう十分だよ!』
 
『もうお姉ちゃんだけ苦しまなくていいんだよ!長い間お疲れ様!』
 
そう優しく語りかける兄弟達・・・
 
イメージ 11
 
 
その優しさに・・・感極まり大泣きするゆり・・・
 
精神が開放された瞬間ですね・・・
 
このシーンを見返すと・・・涙が出てきます・・・
 
イメージ 12
 
 
 
 
そしてゆりは成仏したかと思ったら・・・ベット上にいて・・・
 
同じく成仏したかと思った天使や音無が横で微笑んでます!
 
死後の世界のルールが解明されてもまだ天使や日向が成仏しないのは・・・皆がゆりの成仏を見届けたいからですよね!
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
そして次回は最終回!音無が卒業生代表でスピーチしているということは・・・
 
死後の世界で何か新しい動きがあるようですね!
 
次回は皆消えるようですが・・・どういうラストになるのか本当に楽しみです!
 
イメージ 19
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
  おまけ1  
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからは考察を少し!
 
さて直井登場回でもお話しましたが・・・やっぱり麻枝さんは『エヴァ』を意識してますね!
 
最後に『渚カヲル』を出してくるとは・・・
 
製作に『ガイナックス』が入ってたりシンジ役の緒方恵美さんが入っている時点でエヴァ要素満載でしたけどね!
 
最後のゆりの兄弟の『精神救済』シーンも・・・エヴァ『おめでとう!にちょっと重なりましたよww
 
 
イメージ 15
 
 
また今回の話は『死後の世界』を解明する回でしたね!
 
 
まず『Track ZERO』でチャーや椎名が隠れていたギルドは・・・
 
『ANGEL PLAYER』開発者が作ったアジトだったんですね・・・
 
だからチャー達がいる前からギルドがあったんだ・・・
 
 
 
 
そして同時に校長が『過去何度も脅迫されている』というのも・・・
 
天使やゆりが『死後の世界』に来る前から『人間や開発者』がいたことが推察されます・・・
 
 
 
 
またひさ子が最後に音無に『新人!』と言ったのも・・・ゆりや日向が作り出したSSSにとってはまだまだ新人で・・・
 
それ以上に過去にも音無のような『バグ発生要員』の人がいたことを知っていたってことかなぁ・・・
 
もしかしたらひさ子がSSSメンバーの中で一番『死後の世界』にいたのが長いのかもしれないなぁ・・・ここは推測ですが・・・
 
 
 
 
そしてゆりの精神開放がすべて終了したということは・・・皆旅立つということですよね・・・
 
なんだか嬉しいような寂しい感じですね・・・
 
ここまでくると・・・EDの歌詞はすごく切ないですね・・・
 
12話ラストでは『岩沢やユイ』もいる全員の絵で・・・鳥肌モノでした!
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 おまけ2 
 
 
 
 
あと久々にゆりっぺの見せ場がありましたね♪
 
こういうゆりっぺも・・・もっとみたかったなぁ・・・
 
だたまだ13話がありますし・・・それも楽しみですww(爆)
 
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
あと天使も相変わらず『天使ちゃんマジ天使』でしたね♪
 
しかもメチャクチャ強い!このギャップもすごく良いですね!
 
次回最終回で音無がかなでに告白するのかも・・・楽しみです!
 
イメージ 26
 
イメージ 27
 
 
 
             リンク集           
 

  • 去り際のひさ子が台詞は素敵でしたね、次もバンドやるよ!の言葉に感動しました。
    この世界で彼女達がSSSメンバーと送った時間は、掛け替えのない物だったんでしょうね…。
    王道ではありますが、仲間達が集結するシーンはめちゃくちゃ燃えましたね♪
    松下五段も駆け付けてくれるとは思ってましたけど、まさかあんな姿にww
    ANGEL PLAYERを作った人物のエピソードも、見てみたかったですね〜。
    永遠とも思える時間を、ずっと一人待ち続けたんでしょうか…。
    本当の兄弟のように大切なメンバーが成仏する事によって、ゆりも開放されそうですね。

    [ えいむ ]

    2010/6/19(土) 午後 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    かなり悲惨な過去を持つゆりっぺをどう満足させるのかな?と思いましたが、SSSのみんなを愛し守ることで満足させたというのは、いい落としどころだったと思います。
    ただ、それを裏付けるシーンが少なかったのが残念かな。
    そもそも、ゆりっぺが出ているシーン自体が、最近では少なかったですからね^^;

    今回のベストショットは、便器に座るゆりっぺですwww

    ぱっく

    2010/6/19(土) 午後 11:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ひさ子の「次もバンドやるよ!」のセリフは「音無」であけでなく・・・先に成仏した岩沢とユイに向かっても言ったんだと思いましたし、感動しましたよねえいむさん!

    あと「ANGEL PLAYER」製作者は「今NPC」になっているようですが・・・音無のようにゆりやSSSとめぐり合っていればこんな「破壊的」な考えにはならなかったんでしょうね・・・
    (一人で待ち続ける辛さ故に・・・あんなプログラムを作り出しちゃったんでしょうね・・・あとできればSSも麻枝さんに作って欲しいですね!)

    ゆりも無事「精神の開放」が行われて成仏できる体勢を整えましたので・・・次回の「卒業式」がどんな形になるのか・・・麻枝さんの脚本を最後まで堪能したいですね!

    [ Mr.T ]

    2010/6/21(月) 午前 1:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ゆりの成仏への条件は「SSSとの繋がり」と「兄弟達との関係」でしたので・・・ゆりが「死後の世界」で築きあげたSSSが最終的にゆりの「精神の開放」となったのはとても綺麗な流れだったと思いますぱっくさん!

    正直CLANNADの「幻想世界」やAIRの「現世と未来のリンクや伝説」がここでいきなり語られても「鍵っ子」や「Key作品のアニメを見たことがある人」は付いてこれると思いますが・・・これがはじめてのKey作品の方には「ハードルが高すぎる」でしょうし・・・今回は麻枝さんが「意図的」に「誰にでも分かりやすいゆりの精神の開放」に持っていったのかなぁって私的に思いました!
    (ここは麻枝さんが脚本製作段階で「新規の視聴者には敷居を低く」というイメージがあったのかなぁって思いました。それは舞台を学校にしたことも同じだと思います。)

    あとKey作品は「SS」「外伝」「音楽」で本編を補完しますので・・・今度発売される「Track ZERO」とかもすごく楽しめると思います!

    そして次回13話は麻枝さんらしく・Keyらしく「泣き」をもたらすと思いますので最後まで楽しみたいと思います!

    [ Mr.T ]

    2010/6/21(月) 午前 1:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(22)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事