ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定ACL優勝Ver!

書庫全体表示

 
 
感想 : Mr.Tは『翠星のガルガンティア 1,2話先行上映イベント』『ユナイテッド・シネマ豊洲』で見てきたので、今回1話を見るのは2回目ですが・・・改めて素晴らしい作画だと感動しました!
 
 
ただ今回の1話はあくまで『導入部』なので、本当にこの作品が動き出すのは2話からです!
 
なので1話初見で魅力的に感じた方は、2話はもっと面白くなるので楽しみにしていてください! 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
私的注目度1位: 翠星のガルガンティア第1話『漂流者』レビュー!
 
『監督:村田和也×シリーズ構成:虚淵玄×製作:Production I.G』という豪華製作陣が魅力のアニメが始動! 
 
 
 
 
 
製作スタッフ
 
 
原案 : 村田和也・虚淵玄(ニトロプラス)
監督 : 村田和也
シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
キャラクター原案 : 鳴子ハナハル
アニメーションキャラデザ・総作画監督 :  田代雅子
アニメーション制作 : Production I.G
音楽 : 岩代太郎
 
 
OP : 「この世界は僕らを待っていた」 茅原実里
ED : 「空とキミのメッセージ」 ChouCho
 
 
キャスト
 
レド : 石川界人
エイミー : 金元寿子
チェインバー : 杉田智和
サーヤ : 茅野愛衣
メルティ :  阿澄佳奈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
さて1話ですが、冒頭は主人公のレドの戦闘シーンから!
 
この大規模な戦闘シーンかなり気合が入ってますよね!
 
素晴らしい作画です!ただこのシーンは1話きりしか使わないらしいので・・・もったいないですね^^;
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
そして戦闘後に仲間とはぐれたレドは、漂流した挙句、ロボットのチェインバーごと『謎の船団』に捕らえられてしまいます・・・
 
この作品が面白いのは『異世界人と言葉が通じない』ということろです!こういうところが『虚淵脚本』らしい目線で面白いです!
 
他のアニメでは『言語変換処理を省略』するのが多いのですが、この作品はそこから凝ってます!
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後レドは皆がいなくなった後に外に出て外界を調査しようとしますが・・・
 
運悪く船団の人間に見つかり、エイミーを人質にして逃げます!
 
言葉が通じない上に人質をとるレド・・・完全に『悪役』ですね・・・
 
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
  
 
最後は追い詰められたレドですが・・・
 
最終手段でチェインバーを起動させ、船団の面々と対峙します!
 
緊迫の場面・・・1話はここで終了! 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
さてこれで1話終了ですが、Mr.Tは先行上映で2話まで一気に見たのでスッキリしましたが・・・
 
 
テレビだと1話のこの場面次回に続くなんだな・・・ 
 
1話初見の人は寸止め食らったみたいで・・・2話を知りたくてムズムズしますねw
 
 
 
  
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに『先行上映会』では『キャストトークショー』が行われまして・・・
 
参加キャスト
 
 
 
 
監督 : 村田和也
シリーズ構成・脚本 : 虚淵玄
 
レド : 石川界人
エイミー : 金元寿子
チェインバー : 杉田智和
サーヤ : 茅野愛衣
メルティ :  阿澄佳奈
 
 
 
7名+司会の方で進められましたが、終始杉田さんが笑わせてくれたこともあり、和やかムードになってトークショーも内容が濃かったです!
 
特に杉田さんが演じるチェインバー『ロボだけど話せる』という役回りなので、いい味だしそうで楽しみです♪ 
 
それから主役のレド役の石川君初イベント参加らしく、初々しくて好感でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
あとイベント『気になった』ことを列挙しますと・・・
 
 
 
 
 
1. 『レド・チェインバー・エイミー』の会話が面白い
 
1話のレビューでも言いましたが、レドとエイミーは別世界の人間のため『異世界語』のため言葉が伝わらないという当たり前ながら、その設定がすごく新鮮でした
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
2. レドとチェインバーの距離感が抜群
 
『翻訳機能&レドの相棒』であるチェインバー役の杉田さんが言っていたのが・・・
 
チェインバーはレドを戦闘に戻させようとするためのアドバイスを行うが、レドはどんどん意識が変わっていくので、先々2人の関係がどう変わっていくのかも面白くなると言ってました
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 宇宙語には『ある法則』が存在する模様
 
虚淵さんが『まどか☆マギカ』の魔女文字のように、宇宙語にも法則があって、まどかの時のように解読されない!』と言ってましたので、ぜひとも誰か解読してくださいw
 
 
 
 
 
 
 
4. 船団が『軍艦島』みたいな『廃墟』の佇まいなのがレトロ感を感じさせて心がくすぐられる
 
本当に船が味わい深いんですよねぇ・・・いい美術センスしてます
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
5. 夜空や海のシーンがメチャクチャ綺麗
 
2話以降でさらに出てきますが、茅野さんもこの作品は『画面の隅から隅まで見たくなる』ほど映像が凝っていると言ってましたし、素晴らしい背景シーンも楽しめると思います!
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、こんな感じでした!
 
特にロボのチェインバーがレドと喋れるというのは『ナイトライダー』みたいで面白いです
 
いい設定だと思いますし、掛け合いもいい感じでした
 
 
 
 
 
 
そして杉田さんが言ってましたが・・・
 
監督から言われたのが、レドは戦闘しか知らない男だけれど、この船団に来てどう変わってくのかが主軸にあって・・・
 
『船団で働いている人達』も合わせて描いて行くこと言われてました
  
レドが船団の人達と触れ合ってどう成長していくのか、そして船団の人たちにとってレドやチェインバーの存在がどうなっていくのか・・・そこも楽しみです  
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
いずれにしてもまるで『劇場版クオリティ』のような凄い作画ですし・・・
 
間違いなく『楽しめる作品』と断言できます!
 
そしてこの作品の良さの『細かい描写』最後まで大切に描いてほしいと心から思いました!
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今後の展開に期待です♪
 
 
ではまた! 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
  
それにしても今回の『翠星のガルガンティア』もそうですが、『ガルパン』『ラブライブ』など・・・
 
『バンダイビジュアル』の躍進が著しいですね!
 
きっちりと作りこんでいるのが良く分かりますし・・・今回も期待してます!
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
             リンク集            
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(12)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事