ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定大槻組長Ver!

書庫全体表示

記事検索
検索

全625ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



勝っていても負けていても同点でも、
どんなに苦しい状態でも戦いなさい、走りなさい。
そうすれば、この埼玉スタジアムは絶対に我々の味方になってくれる。
そういう姿勢を見せずして、応援してもらおうと思うのは間違っている。
 
ファン・サポーターのみなさんは、
選手たちが戦うところを見に来ているし、
浦和レッズのために何かをやってくれるところを見に来ている。
 
埼スタが熱く応援してくれているのは、我々が戦っている証だ。
それだけは絶対に忘れてはいけない
 
 
-大槻監督の言葉より-
 
イメージ 1

今日の試合は、雨の中最後まで応援したレッズサポの気持ちに応えてくれた最高の試合でした

 


さて、今日はJリーグ第15節『浦和レッズvsサガン鳥栖』がありました

大槻組長が就任し、前節の川崎戦は後半ATに同点に追いつき、浦和の選手の意識が変わりだしているで迎えた鳥栖戦でしたが…  

イメージ 4







その結果は


明治安田生命J1リーグ 第15節
2019年6月15日(土) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム


浦和レッズ 2-1サガン鳥栖

得点者 18分 安 庸佑(鳥栖)、31分 宇賀神友弥、90+3分 興梠慎三
入場者数 28,081人



浦和は鳥栖に先制されるものの宇賀神のゴールで同点に追いつくと…
 
ホームの圧倒的な応援を受け浦和が最後まで戦い抜き、またもや後半ATに興梠が決め2−1で浦和の勝利!劇的な試合になりました
 
ホームで闘う意味を説いてきた大槻組長の気持ちが乗り移ったかのような最後の興梠のゴールで、大槻組長無敗記録更新です

イメージ 5





前半は浦和がテンポよくボールを回し、興梠の惜しいシュートもありながら鳥栖に一瞬のスキを突かれ先制されますが…

右サイドからのクロスが左サイドの宇賀神まで渡り、右足で巻くゴールで同点に追いつきます!

サイドからの崩しでしたが、宇賀神の冷静なゴールでした

イメージ 6





後半は浦和が押し込むものの、守りに入る鳥栖相手になかなかシュートまでいかずジリジリした展開になるものの…

大槻組長が3枚目に切った途中出場のマルティノスが後半ATにドリブルで仕掛け相手を翻弄すると、ボールがゴール前でイレギュラーバウンドし興梠につながると、冷静にゴール隅に決め2−1と逆転!そのまま浦和が勝利しました!

興梠の冷静なゴールも流石でしたが、マルちゃんの前への推進力は素晴らしかったですし、さすが助っ人外国人だと思いました


イメージ 7




そして、何より嬉しかったのが、『絶対に勝つ』という気迫を多くの選手から感じたことです

大槻組長が冒頭の言葉で言うように、多くのサポーターが応援するホームではやはり勝たないといけないですし、その気持ちが今日は見れました

これで大槻組長就任後、2試合連続で後半ATにゴールと、最後まで諦めない大槻イズムがチームに浸透しているのを強く感じました

イメージ 8





さて各種参戦お疲れ様でした

久しぶりに『We Are Diamonds』をホームで歌いましたがやっぱりいいですね!これからも大槻組長の元、勝ち続けましょう

イメージ 2



ではまた
 




おまけ




川崎戦の同点ゴールも、今日の興梠のゴールも、決して崩して決めているゴールではないですが、最後まで諦めない気持もちがあるからこそボールが浦和に転がってきますし、応援の甲斐があります

オズ監督から交代してまだ数週間で、戦術はまだ構築中ですが、精神面では間違いなく今のチームのほうが力強いです

そして今日は興梠のフリックなど、ミシャ時代の連携も見れましたし、攻撃面での改革も楽しみです

イメージ 3






勝っていても負けていても同点でも、
どんなに苦しい状態でも戦いなさい、走りなさい。
 
ファン・サポーターのみなさんは、
選手たちが戦うところを見に来ているし、
浦和レッズのために何かをやってくれるところを見に来ている。
 
熱く応援してくれているのは、我々が戦っている証だ。
それだけは絶対に忘れてはいけない
 

-大槻監督の言葉より-



浦和の選手には、試合後に浦和サポから贈られた激励の拍手忘れないでほしいです

レッズサポは浦和のために全力で闘ってくれる選手には惜しみない応援を送りますし、最後の最後で同点に追いついてくれた浦和の選手たちの『ゴールへの執着心』は心に響きました
 
これも大槻組長がもたらした『精神面の改革』の賜物ですし、間違いなく浦和を良い方向に導いてくれることを確信した試合でした

イメージ 1

 

さて、Jリーグ第14節『浦和レッズvs川崎フロンターレ』がありました

オズ監督が契約解除となり、新監督の大槻組長態勢での初戦となりましたが… 


その結果は


明治安田生命J1リーグ 第14節
2019年6月1日(土) 19:03キックオフ・等々力陸上競技場

川崎フロンターレ 1-1浦和レッズ

得点者 54分 レアンドロ ダミアン(川崎)、90+5分 森脇良太
入場者数 24,578人



浦和は広島戦とは違い闘う姿勢を前面に押し出しプレーし、先制されるものの、最後まで諦めずに戦った結果、ラストプレーで同点に追いついて引き分け
 
連敗中には見ることが出来なかった得点への執着心を最後まで感じましたし、組長の執念が乗り移ったかのような同点ゴールでした
 
これで大槻組長の不敗記録が継続することになりました…本当に勝負強いです


イメージ 2





今日はアウェイ川崎まで応援に行ってきました

浦和vs川崎という好カードのためチケットは売り切れ!大勢のサポがスタジアムを埋めていました

浦和は大槻組長態勢初戦となり、仕切り直しの試合となりました

イメージ 3

イメージ 5




試合内容としては、2TOPに興梠とマルティノスが入り、岩武・柴戸・岩波といった今までベンチ組だった選手を起用してきましたが、調子の良い選手を活用する大槻組長らしさが先発から発揮され…

川崎に先制されるものの、途中出場の森脇が同点ゴールを決め引き分けでした

最後は西川も上がり同点に追いつく気迫を見せ、結局西川のフリックが森脇に渡りゴールと、西川が前線に上がった効果もありました

イメージ 4


イメージ 6




さて各種参戦お疲れ様でした

今日は引き分けでしたが、何より選手が最後まで諦めずにプレーしてくれたことが嬉しかったですし、だからこそ森脇のゴールが相手に当たってコースが変わるなど、運も引き寄せることができることを再確認した試合でした

来週は日本代表の中断期間に入り時間がとれますので、大槻監督の目指すサッカーをこの期間に徹底的に落とし込んでほしいです






ではまた
 


おまけ


今日は引き分けでしたが、今後の浦和にとって大きな勝ち点1となりました

大槻組長になり、杉本や荻原など控え選手にもチャンスが回ってきてますし、チーム内の競争が激しくなりそうですし、相乗効果に期待したいです

運も監督にとって重要な要素ですし、このまま不敗記録を続けていきましょう

イメージ 7




 
 
今日はサッカーのお話ですが、J1浦和がオリヴェイラ監督を契約解除しました
 
昨年途中から監督になり、天皇杯を制覇したオリヴェイラ監督ですが、今年はキャンプで戦術の落とし込みの期間がありながら、特にホームでの勝利に繋げられなかったため、ここでフロントが見切りをつけた形です
 
 
オリヴェイラ監督には天皇杯制覇してくれたのには感謝ですが、これ以上の発展は見込めず、期間途中での契約解除という劇薬を使わないと改善しない厳しい状況となりました
 





 
そして後任は、前年どん底の状況だった浦和レッズを救ってくれた大槻組長が復帰です
 
大槻組長は昨年降格危機に瀕していた浦和を立て直してくれましたが、今年も同じ状況で監督を引き受けてくれたのは本当に感謝しかないです
 
正直今の閉塞した状況を打破できるのは、浦和の強みも弱みも知っている大槻組長しかいないと思っていましたので、広島戦で打ち砕かれた希望の光がまた見えてきました

イメージ 1




とにかく大槻組長にお願いしたいのは、最後まで戦い、走り続ける強い意志を持った『闘う集団』を作り上げてほしいということと…
 
実績は関係なく、とにかくその時に一番調子のいい選手を使ってほしいです
 
ミシャ・堀・オズと、前任者が辞める原因となったのは、新しい血を積極的に入れないで出場選手を固定化したとで、チーム内の競争が働かなくなったことが原因ですし、大槻監督にはターンオーバーを含め、どんどん新戦力や若手の選手を使ってほしいです



イメージ 2





さて大槻組長態勢で今後進んでいきますが、浦和サポーターは、大槻監督が浦和の選手たちをどのように闘う集団に変えてくれるのかを期待していますし

闘うために必要なら、昨年のようにレッズサポを煽って応援を呼び込んでほしいです

まずはアウェイ川崎戦ですが、大槻組長復帰初戦がどのような試合になるのか楽しみです





ではまた
 






勝っていても負けていても同点でも、
どんなに苦しい状態でも戦いなさい、走りなさい。
そうすれば、この埼玉スタジアムは絶対に我々の味方になってくれる。
そういう姿勢を見せずして、応援してもらおうと思うのは間違っている。
 
ファン・サポーターのみなさんは、
選手たちが戦うところを見に来ているし、
浦和レッズのために何かをやってくれるところを見に来ている。
 
埼スタが熱く応援してくれているのは、我々が戦っている証だ。
それだけは絶対に忘れてはいけない
 
 
-大槻前監督の言葉より-
 



今日の試合は最後まで応援してくれたサポーターの気持ちを踏みにじる最悪の試合でした
 
さて、Jリーグ第13節『浦和レッズvsサンフレッチェ広島』がありました

ACLでは北京戦に勝利しラウンド16進出、リーグ戦でもホームで結果を出したし試合でしたが 

イメージ 1



その結果は


明治安田生命J1リーグ 第13節
2019年5月26日(日) 14:03キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ 0-4サンフレッチェ広島

得点者 6分 森島 司(広島)、25分 ドウグラス ヴィエイラ(広島)、63分 ハイネル(広島)、80分 渡 大生(広島)
入場者数 33,235人



浦和は広島の攻撃に対して守備がまったく対応できず、4失点の惨敗
 
湘南戦に続き、正念場の試合でしたが、リーグ戦の優勝はほぼ絶望的となりました
 
リーグとACLを優勝するという希望が打ち砕かれた試合でした…








今日は北京国安戦と同じメンバーでしたが、浦和がボールを持たされ、広島のカウンター攻撃を止めることが出来ず、ズルズルと4失点しました

広島はサイドを中心に攻めてきましたが、浦和はそのケアが全くできておらず、完全に浦和スタッフの情報収集不足でした

サイドから切り崩されては、真ん中での守備にも限界がありますし、サイドの守備力の弱さが如実に現れました





そして、何より悔しかったのが、点を取られても『絶対に取り返す』という気迫を多くの選手から感じなかったことです

暑さを理由にしたら広島も同じですし、阿部ちゃんのようにチームを鼓舞する選手がいないのは致命的です…

特に途中出場のファブリシオと汰木が前線から必死に追わないので、広島が楽にボールを保持し、後半浦和の選手が連動的な守備ができない状況になってしまったのは辛い状況でした…





さて各種参戦お疲れ様でした

ホームで勝てないのは仕方がないですが、せめて『サポーターが応援したいプレー』を見せてほしいです





ではまた
 




おまけ


それにしてもリーグ戦のホームで浦和は勝てませんね…冒頭の大槻組長の言葉は浦和の選手がホームで戦う際の心構えを説いてますが、こういう熱い気持ちで闘ってくれている選手が、今何人いるんだという話です

これからGMがオズ監督とリーグ戦ホーム連敗の件も含めて今後の方針を話し合うと思いますが、いっそのこと大槻組長にヘッドコーチに戻ってきてもらって、精神面でチームを後押しすることも、打つ手としてはあるんじゃないかと思います

最悪オズ監督が解任になった時には、大槻組長再登場もあり得ますし、今のうちにGMには打てる手は先手で打っておいてほしいです







 
今回は『浦和レッズについてですが
 
ACL第6『浦和レッズvs北京国安』がありました

2度ACLを制覇した浦和が、自力で決勝ラウンド進出をするためにも、絶対に勝ちたい試合でしたが

イメージ 1




その結果は


AFCチャンピオンズリーグ2019 グループステージ MD6
2019年5月21日(火) 19:00キックオフ・埼玉スタジアム


浦和レッズ 3-0北京国安

得点者 34分 長澤和輝、41分 武藤雄樹、81分 興梠慎三
入場者数 22,885人



浦和はホームで積極的に試合運びをし、柏木が不運の負傷となりましたが、交代で入った長澤が先制点を奪うと
 
ブリーラム戦同様『浦和の背番号9』武藤がゴールを決め、後半も興梠が点を決め3−0で浦和の勝利!これでACLラウンド16に進出しました!
 
前節アウェイで貴重な勝ち点3を取り、自力突破できる状況で第6戦を迎えられた浦和と、第6戦を他力本願で迎え、結局グループステージ敗退した川崎Fとの違いが出ました






今日のスタメンは前節の湘南戦でターンオーバーをしたこともあり、主力メンバーに戻してきました
  

今日の布陣

           興梠     武藤
 
   山中               森脇
      エヴェルトン   柏木

           青木

     槙野    マウリシオ     鈴木
 
           西川
 


試合内容としては、開始早々に柏木が相手との競り合いで負傷し、不運の交代となりましたが、球際で戦ったキャプテン柏木のプレーが浦和の選手たちの勇気となり、交代した長澤が先制点を奪います!

柏木が全力でプレーしたからこその怪我ですし、それは選手サポ皆が分かっていますし、キャプテンが体を張ったプレーでチームを鼓舞することもあります

そして緊急的に出場した長澤が活躍するなど、ベンチに頼れる選手がいる浦和の強みが出ました





浦和先制後は、1−1以上の引き分けでは北京が勝ち抜けるという難しい状況ながら、浦和はホームで勇気を持って戦い、決して引かずに攻め続け、それが武藤のゴールにつながります

積極的にプレーするからこそ、相手に当たってゴールに入るのは、前節の湘南戦の3点目で浦和は実際に体験していますし、今度は浦和がそれを引き寄せました

武藤はブリーラム戦でも貴重な得点をとりましたし、こういう大事なところで点を取るのはさすが浦和の9番です





そして湘南戦では2−0から逆転されましたが、湘南戦の敗戦を糧にきっちり試合運びをし、最後は興梠がダメ押しゴールを決め勝負あり!

北京国安は現在中国で10連勝しているチームですし、間違いなく強いですが、浦和のホームで戦うアドバンテージはやはり大きいです

久しぶりにKMアベック弾になりました





 
さて各種参戦お疲れ様でした

今日の試合はとにかく勝つことが絶対条件でしたし、きっちり完遂したことは浦和の選手を褒めてあげたいです

これでラウンド16進出ですが、次節は韓国の蔚山現代との戦いが決定しましたし、ラウンド16からはどのチームも強いですし、まずは第1戦のホームできっちりと勝ち切りましょう





ではまた
 


おまけ


これで日本のチームは広島と浦和が勝ち抜け、鹿島が明日の試合次第、Jチャンピオンの川崎Fはグループステージ敗退となりました

今日はテレビ観戦でしたが、敗退した川崎F戦の解説の城さん『川崎はもっとアジアを意識したチーム作りをしないといけない』と苦言を呈していましたが、まさにその通りだと思いました

いくらJチャンピオンになっても、ACLのグループステージを突破できないとなると、Jリーグ自体のアジアでの価値が下がりますし、川崎Fにはアジアでの戦いをもう一度見つめなおしてほしいです




全625ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事