ここから本文です
私的UrawaReds&SubCul
レッズとサブカルを中心に。期間限定ACL優勝Ver!

書庫のうりん

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 
 
『大規模企業農業』『小規模有機農業』の主張 
 
 
 
 
『小規模有機農業』支持の継の主張 
 
 
 
・規模は小さくても地域の特色を生かした地産地消農業が理想
 
固定種のような昔ながらの味があるものこそ自然
 
・無農薬で自然と同じ環境で作った方が安全
 
・企業農業は『F1(一代雑種)』という生産効率優先の金儲け主義『化学肥料と農薬』を大量に使い、自然とはかけ離れた『工業製品』を作っている
 
 
 
 
 
 
 
『大規模企業農業』支持の創の主張 
 
 
 
自然の力で作った野菜のほうが研究し改良した野菜より尊いという考え方は農業の歴史を否定している
 
・F1は工業製品と言うが、安く、大量に野菜を作る行為は本当に金儲け主義で卑しいことなのか
 
農薬と化学肥料を控えれば、本当に美味い野菜ができるのか
 
・真に美味い野菜を作るには高度の栽培技術経験が必要で、企業農業はそのノウハウがある
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
さて日本農業の今後の進むべき道を考える上で、非常に考えさせられる題材が揃っていた『内容の濃い回』でしたが…
 
 
私的注目度5位: のうりん 10話レビュー
 
異色の『農業』を題材にしたラノベ、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
 
 
製作スタッフ
 
原作:白鳥士郎
原作イラスト:切符
監督:大沼心
シリーズ構成:横手美智子
キャラデザ:小野田将人
アニメ制作:SILVER LINK.
 
キャスト
 
畑耕作:浅沼晋太郎
木下林檎:田村ゆかり
中沢農:花澤香菜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は『小規模でも無農薬栽培の地産地消』こそ究極の農業と考える継と…
 
継の父で効率優先の大量生産を行っている『大規模企業農業』を経営する創の対立が発生します
 
どちらも正論であるが故に悩みます…
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
後半では継の将来を決める『売り上げ対決』を行いますが、耕作や林檎達の協力を得ても継は創に負けてしまいます…
 
敗因は冒頭の言葉にあるように『真っ向から企業農業を否定』する継が『創の作った野菜は不味い』と決め付けていたことでした…
 
技術は日進月歩でも進んでいますからね…工業製品と揶揄していた作物がどんどん美味しくなっていることを知る継
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
最後は継の転校を取りやめる創と、視野を広めるこ必要性を知った継が嫌がっていた『海外研修』に行くことを決めます
 
日本の中だけで完結することなく『世界の農業情勢』も見ることは見聞を広める意味でも重要ですからね!
 
世界の農業を知ることで、さらに継の理想は高みを目指しそうです
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
さてそんなこんなで10話終了ですが、鋭く『日本の農業の現状』に切れ込んできた回で素晴らしかったです!
 
そして創役の小山力也さんの演技も最高でした!
  
厳しさと温かみを両方持つ力也さんの演技でこの回は何倍も深みが増した回になったと思います!
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
今後も楽しみにしてます!
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あと以前書きましたが、原作では耕作が『農業』に対して
 
 
 
 
今の時代何が何でも農業をやらなきゃいけないわけじゃない
 
 
 
他にも大切な仕事はいくらでもあるからね
 
 
 
大げさに言ったところでこの国の農業生産を全て合わせたところで『トヨタ1社分』にも遠く及ばない
 
 
 
 
豊かな日本を支えているのは農業じゃない
 
 
 
 
むしろ農業は他の産業で稼いだお金を補助金という形で恵んでもらっている
 
 
 
 
 
 
 
 
だけど『誰かがやらなきゃいけない仕事』だと思っている
 
 
 
 
 
どんなに時代が進んでも、どんなに豊かになっても…
 
 
 
 
 
食べるものがなかったらお腹が減って死んじゃうんだから
 
 
 
 
 
 
 
 
冷静に日本農業の取り巻く環境を分析していましたが、非常に考えさせる内容でしたし…
   
コメディの中にこうした『事実』を入れてくるのが上手いですし、必ず原作やアニメを見た方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
 
 
『ラノベベース』ですので読みやすいですし…是非とも原作も多くの人に読んで欲しいです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             リンク集           
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 
 

開くトラックバック(2)

 
 
 
 
もしかしたら僕が作った野菜を食べて
 
 
 
 
 
 
誰かが元気を出してくれて
 
 
 
 
 
 
そして将来凄い人になるかもしれない!
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
そうじゃなくても、『明日もまた頑張ろう!』と思ってくれるなら…
 
 
 
 
 
きっとそれが『未来の景色』に繋がっているんだと思う!
 
 
 
 
 
 
 
僕はそんな『力のある作物』を作りたい!
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
だから続けているんだと思う!農業を!
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
アニメ『のうりん』第7話
 
畑耕作のセリフより
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて『丹精こめた作物』病気や天候によりダメになり報われないことに対して嘆く林檎に対し、耕作が『農業の続ける意味』を伝える『のうりん』らしいシーンからはじまりましたが…
 
 
私的注目度5位: のうりん 7話レビュー
 
異色の『農業』を題材にしたラノベ、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
 
 
製作スタッフ
 
原作:白鳥士郎
原作イラスト:切符
監督:大沼心
シリーズ構成:横手美智子
キャラデザ:小野田将人
アニメ制作:SILVER LINK.
 
キャスト
 
畑耕作:浅沼晋太郎
木下林檎:田村ゆかり
中沢農:花澤香菜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、今回は林檎が『丹精こめた大豆』『白絹病』によってダメになってしまう描写から…
 
せっかく作った作物がダメになり報われないこともある…
 
農業を行う以上避けては通れない問題です…
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
そして落ち込む林檎に対して耕作は
 
 
 
 
 
農業をしていて『嬉しい』ことも『楽しい』ことももちろんあるよ
 
 
 
 
 
それでも農業をする人が減るってことは…
 
 
 
 
 
 
報われることが少ないからだと思う…
 
 
 
 
 
 
必死に働いたからってそれほどお金が稼げるわけではない…
 
 
 
 
 
 
収入だって不安定だ…
 
 
 
 
 
 
と、耕作も『農業を続ける理由』をまだ見つけられていないと告げます…
 
実際農家数が減っているのは事実ですし、耕作のいうように『農業は大金を稼げる仕事』でもないのは事実ですからね…
 
ここは非常に考えさせられる描写でした…
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
その後、雨が降り出し『トマトが水を過剰吸収し破裂』してしまう状況になり…
 
再び林檎は『トマトを作っても天候次第で報われない』という体験をしてしまいます…
 
先の大豆を含め『報われない』ことを嘆く林檎…
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
そんな林檎を見て耕作は林檎を屋上に連れて行き、町の景色を見せると…
 
この景色は幾世代もかけて『過酷で残酷な自然』と戦って築きあげてきた結果であり、その意思は現在ここで住む人達に繋がっていることを伝え…
 
冒頭の言葉にもありように、農業も『未来に繋がって』いるからこそ続けていくんだと林檎に語る耕作!
 
農業は『生きる人の糧』になる作物を作る仕事ですし、『農業の誇り』を感じる言葉で感動しました…
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
最後はその耕作の言葉に対し林檎はアイドルだった頃、悩んでいた時に『耕作からもらった野菜』を食べて元気を出していたことを伝え…
 
その味を『命の味』と思った林檎はこの高校に来たことを告白します!
 
耕作の意思がまさに林檎に届いていたことがわかりますね…いい描写でした!
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに原作では雨でトマトが裂ける話は『子供の頃の耕作の回想』になってまして、アニメでは学校版に置き換えてましたが…
 
原作の丹精こめたトマトが裂け汁が大地に流れ出る悲しみを語る耕作の場面を、裂けてもジャムなど別用途にできるという今回の学校版に変えたのは『意思のある改変』で良改変だと思いました!
 
原作は『作物が失われる悲しみ』、アニメ版は『規格外でも用途がある』という両面でのアプローチは、『農業』には両面があることを示している好例だと思いました
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
さてそんなこんなで7話終了ですが、4話に続きこれぞ『のうりん』らしい話で素晴らしかったと思います!
 
そしてあくまでこの作品は『ライトな農業』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
  
あとはところどころ今回のように『農業の現状』を混ぜてくると思いますので、そういうところだけ『キッチリ』伝えてくれればいいと思います!
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あと原作では耕作が『農業』に対して
 
 
 
 
今の時代何が何でも農業をやらなきゃいけないわけじゃない
 
 
 
他にも大切な仕事はいくらでもあるからね
 
 
 
大げさに言ったところでこの国の農業生産を全て合わせたところで『トヨタ1社分』にも遠く及ばない
 
 
 
 
豊かな日本を支えているのは農業じゃない
 
 
 
 
むしろ農業は他の産業で稼いだお金を補助金という形で恵んでもらっている
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
だけど『誰かがやらなきゃいけない仕事』だと思っている
 
 
 
 
 
どんなに時代が進んでも、どんなに豊かになっても…
 
 
 
 
 
食べるものがなかったらお腹が減って死んじゃうんだから
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
冷静に日本農業の取り巻く環境を分析していましたが、非常に考えさせられる話でした…
 
こういう部分はアニメではディープすぎて『語られない』部分ですし、原作で補完していくのが良いと思います
 
『メディアの違いを理解せよ』という言葉がありましたが、この作品は『アニメと原作』の役割分担がうまく調整できていると感じています
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
あと私的に思うのは、多分今回のような『シリアスメイン』だとここまでファンの裾野は広がらなかったと思います
 
コメディの中にこうした『事実』を入れてくるのが上手いですし、必ず原作やアニメを見た方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
 
 
そして『ラノベベース』ですので読みやすいですし…是非とも原作も多くの人に読んで欲しいです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             リンク集           
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 
 

開くトラックバック(4)

 
 
 
 
丹精こめた作物
 
 
 
 
それだけで人の心と体を満たし
 
 
 
 
『幸せ』にしてくれる!
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
何より『作物を育てる』ことが喜びなんだ!
 
 
 
 
 
いつか君にその喜びを知ってもらえたら…
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
アニメ『のうりん』第4話
 
畑耕作のセリフより
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて『笑えない』と嘆く林檎に対し、耕作が『農業の厳しさと喜び』を伝え、林檎を笑わせることに成功する『のうりん』らしいシーンからはじまりましたが…
 
 
私的注目度5位: のうりん 
 
異色の『農業』を題材にしたラノベ、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
 
 
製作スタッフ
 
原作:白鳥士郎
原作イラスト:切符
監督:大沼心
シリーズ構成:横手美智子
キャラデザ:小野田将人
アニメ制作:SILVER LINK.
 
キャスト
 
畑耕作:浅沼晋太郎
木下林檎:田村ゆかり
中沢農:花澤香菜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はまず『農園を荒らすサル対策』をすることになりいろいろ知恵を絞り…
 
最終的に『吹き矢』でサルの動きを止める作戦にし、早速実行し捕まったのは『腕の怪我をしているサル』でした…
 
腕を怪我をしているため満足にエサにありつけず、仕方なく農園のエサを食べていたようです…
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
そして本来なら『害獣』として殺処分しなければならないところ、良田が動物園で引き取ってもらえる段取りをつけてくれました!
 
あと原作ではここで良田が本当に『害獣が悪』で『農園が良』なのかという議論があるのですがアニメでは省略されてましたね
 
原作では良田は『森の管理(林業工学科)』の発展により『動物と農業の共存共栄』ができるはずだという持論を展開しますが、まさにその通りだと思いました
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、耕作は『林檎が喜べない体質』になったことを知り、いろいろな方法を試しても喜ばない林檎『どうしたら喜んでもらえるか』を考えながら眠ると…
 
夢の中で『大地(ガイア)』が登場し『人間は大地(ガイア)に何をしてきたのか?』と問いかけられ…
 
同時に『大地(ガイア)はもっと耕せと囁いている』といい去っていきます…
 
この『大地(ガイア)』のくだりは『のうりん』を有名にした言葉ですが、原作では『人間は大地(ガイア)で農業をしてきた』と耕作が悟ります
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
そして耕作は『自分達』では林檎を喜ばすことはできないけれど、『農業』なら喜ばせられるのではないかと考えた末に…
 
耕作は林檎を『ある農場』に連れて行きます…
 
ここからは『原作1巻』の最後の『核心部分』に入ります
 
 
 
 
 
 
 
その農場は『連作障害(同じ作物を作り生産に障害がでた土地)』『死んだ土地』でした…
   
原作での説明では、この『死んだ土地』『指定産地制度の補助金(ある特定の作物を作ると補助金がもらえる)のため、単一作物毎年生産させようと『化学肥料と農薬を使いまくった』ため…
 
土地を耕すミミズが死んでしまい、単一作物を作ったため特定の病原菌や害虫がたまりまくって『農薬と害虫と病原菌漬け』の土地になってしまった土地でした…
 
しかし『補助金』により『安定した農業』ができることは農家にとっても大切なことであり、非常に難しい問題の末、結果として生まれた土地であると説明がありました
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
ただ、そんな『死んだ土地(ガイア)』にしたのが人間であれば、逆に『土地(ガイア)を生き返らせる』ことが出来るの人間ということで…
 
田茂農林高校では『7年』かけてトマトを作るまで生き返らせたことを林檎に伝える耕作…
 
7年…一度死んだ土地(ガイア)を生き返らせるのは本当に根気のいる作業だと実感します…
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はその『生き返った土地のトマト』を林檎に食べさせると喜んで食べてくれました!
 
そして冒頭の言葉のように『農業で人を喜ばすことが出来る』ことを実感した耕作と、原作にあった特に印象的な言葉として…
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
見てもらいたかったんだ
 
 
 
 
 
 
 
どれほど病み疲れても
 
 
 
 
 
 
 
 
必ず元に戻るってことを
 
 
 
 
 
 
 
 
という部分はリンクしてすごく心に響きました…
  
普通は『良い面』だけがクローズアップされますが…
 
この作品は『裏の部分』『真実の部分』もきちんと描かれているのが人気の秘密だと改めて感心しました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてそんなこんなで4話終了ですが、これぞ『のうりん』らしい話で素晴らしかったと思います!
 
そしてあくまでこの作品は『ライトな農業』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
  
あとはところどころ今回のように『農業の現状』を混ぜてくると思いますので、そういうところだけ『キッチリ』伝えてくれればいいと思います!
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
 
 
Mr.Tが原作1巻を読んだとき一番印象に残ったのが今回の部分『ただのラノベ』ではないと驚いたのを今でも思い出します!
 
必ず原作やアニメを見た方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
 
 
そして『ラノベベース』ですので読みやすいですし…是非とも原作も多くの人に読んで欲しいです!
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
             リンク集           
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 
 

開くトラックバック(4)

 
 
感想 : 2話はだいぶテンポが良くなりました!
 
 
1話のときは結構『手探り』な感じでしたが、2話は耕作や農達のかけあいがスムーズでしたし、農業関連の話も織り交ぜて『のうりん』の良さが出ていたと思います!
 
きっちり2話目で盛り返しました!
  
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
私的注目度5位: のうりん 
 
異色の『農業』を題材にしたラノベで、『みんなで選ぶベストラノベ2011』コメディ部門第1位作品のアニメ化です
 
 
製作スタッフ
 
原作:白鳥士郎
原作イラスト:切符
監督:大沼心
シリーズ構成:横手美智子
キャラデザ:小野田将人
アニメ制作:SILVER LINK.
 
キャスト
 
畑耕作:浅沼晋太郎
木下林檎:田村ゆかり
中沢農:花澤香菜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、今回は元々『草壁ゆか』名でアイドルをしていた『木下林檎』岐阜県立田茂農林高校に転校してきますが…
 
『ゆかたんファン』の耕作は喜びを隠し切れません! 
 
林檎役は田村ゆかりさんですが、キャスティングが見事ですね!
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
そして林檎が『寮生活』をすることになったため、同じ寮の耕作達が学校を案内しますが…
 
鶏舎での林檎の『無精卵と有精卵の違い』の質問を『ゴムを付けているかいないか』表現するなど『ライトな農業トーク』が面白いですw
 
ここが同じ農業作品の『銀の匙』との違い面白いですw
 
イメージ 3
 
 
 
…ってかゆかりんに『無精卵』とか言わせんなよw
 
 
 
 
 
そして歓迎会での林檎と農のかけあいもテンポが良くて面白いです!
  
同じ製作スタッフで『バカテス』やってますが、やっぱりそのノリに近いのがいいですね!
 
農役は花澤香菜さんですが、田村ゆかりさんとの競演は豪華ですねぇ…
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
そして最後は林檎の洗濯に絡んだ『パンツ議論』になり…
   
その議論の結論としては林檎が『ば〜〜〜〜〜〜〜っかじゃないの?』と言って終了w
 
正論ですw
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
さてそんなこんなで2話終了ですが、テンポよく進んでいい感じでした!
 
この作品は『ライトな農業』を趣旨としてますし、この流れでいいと思います!
  
あとはMr.Tは原作既読ですが、ところどころに『農業の現状』を混ぜてくると思いますので、そういうところだけ『キッチリ』伝えてくれればいいと思います!
 
イメージ 6
 
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   おまけ   
 
 
 
 
 
 
そういえば『パンツ議論』『隠れているから良い!』という表現があって…
   
ちょうど東京では裏番組で『Wake Up Girls!』をやってて、1話のダンスシーンでパンツを見せていたことへの『ジャブ』的な表現になってて面白かったですw
 
たまたまでしょうけれど、そういう流れもあわせて2話は面白かったですw
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
             リンク集           
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 
 
 
Liaさん関連 
 
 
 

開くトラックバック(2)

 
 
 
 
農業はね、楽しいよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも楽しいからこそ、悲しかったり辛かったりすることも大きくなる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな大きな悲しみに耐えるには
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 やっぱり覚悟がいるんだ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白鳥士郎 著書『のうりん』
 
畑耕作のセリフより抜粋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて今回は『農業についての考え方』についての言葉から始まりましたが・・・
 
 
GA文庫から出版された『のうりん』という本についてお話を!
 
 
作者は『白鳥士郎さん』イラストは『切符さん』のラノベです!
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
この本は著書曰く『農業学園ラブコメディ』という内容で『コミカルで独特な表現』が今話題になっている作品で・・・
 
 
特にこの本が有名になった言葉で・・・ 
 
 
 
  
 
ガイア(大地)が俺に
 
 
 
 
 
もっと耕せと囁いている!
 
 
  
 
 
 
 
という言葉は一見『ヒーローモノ』みたいでカッコいいけれど『農業ネタ』とかw・・・見てて面白いです♪
 
 
あとちゃっかり『生存戦略』とか入れてるところも最新ネタを入れている感じで興味深かったです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、内容としては農業学校に通う主人公の『畑耕作』に同級生で幼馴染の『農(みのり)』親友の『鳥継』の3人をベースに・・・
 
 
転校してきた『林檎』を交えての話が展開していきます!
  
 
ここらへんの基本設定は他のラノベとそこまで大差ないかと思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただこの作品が注目されているのは『白鳥士郎』さんの独特なギャグセンスもさることながら・・・
 
 
この作品を書くために白鳥さん自身が『1年間農業高校を取材』したという点だと思います!  
 
 
短期取材ではなかなか伝わらない『農業の描写』も・・・きちんと描かれているのはそういう努力の賜物なんですね・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして『農業の厳しさ』についてもきちんと書かれていて・・・
 
 
冒頭の言葉にあるように『楽しいからこそ辛い時に覚悟がいる』という厳しい言葉もあるんですよね・・・
 
 
普通は『良い面』だけがクローズアップされますが・・・この作品は『裏の部分』『真実の部分』もきちんと書かれているのが感心しました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ最後には『希望の言葉』もきちんとあって・・・
 
特に印象的な言葉だったのが・・・
 
 
 
 
 
 
 
見てもらいたかったんだ
 
 
 
 
 
 
 
どれほど病み疲れても
 
 
 
 
 
 
 
 
必ず元に戻るってことを
 
 
 
 
 
 
 
 
という部分は読んで涙が出てきました・・・
 
 
この言葉ってこの作品だけでなく『東日本大震災』で被災された方々への励ましにもなるような温かい言葉だと思いました・・・
 
 
どうしてこの言葉が出てきたのかは、是非とも皆さん読んでみて欲しいと思います!
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正直この本は『ただのラノベ』ではないです!必ず読んだ方にいろんなことを考えさせてくれる作品になると思います!
 
 
ただ『ラノベベース』ですので読みやすいですし・・・是非とも多くの人に読んで欲しいです!
 
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    おまけ   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえばコミケ3日目に『のうりん』のイラストを描かれている切符さんにサインをいただきましたが本当に嬉しかったです♪
 
 
すごく気さくな方で初対面のMr.Tの挨拶もきちんと受けてくれて好感でした!
 
 
そういう人柄がこの作品のイラストにも表れていると思いました♪
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
まだ1巻なので先は長いですが・・・できればアニメ化してほしい作品だと思います! 
 
 
私的には『狼と香辛料』を初めて見た時と同じ『異色のラノベだなぁ』と思いますし・・・いろんな層を見込める作品だと思います♪
 
 
アニメ化楽しみにしてます!
 
 
 
 
 
 
 
 
             リンク集            
 
 
Mr.Tのツイッター
 
 
 
コメント欄以外でのご意見ご感想などはこちら!
 
 
 
連続小説「Rush In!」
 
 
 
麻枝さん&「Angel Beats!」関連
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事