テッドの戯言(たわごと)戯れ言(ざれごと)

被災され亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

全体表示

[ リスト ]

前回の続編である。
小バエと同様に飼育者が悩ませられるもの、それがダニ類である。
 
カブクワに寄生するダニは概ね3種と思われる。
野外で採集された個体に付着している2種と飼育中の成虫や幼虫にいつのまにかくっついている1種である。
 
まず野外採集個体に付いているヤツら。
1mmにも満たない大きさで淡い灰褐色(白っぽい)で比較的活発に動くダニ、これがカブトホソトゲダニである。
このダニは腐植土中にいる前回紹介したキノコバエ類の卵や幼虫を捕食するらしい。
そしてカブクワには無害のようだ。
そういう点から益虫と言えなくもないが、積極的に飼育ケース内に入れておきたいものではない。
カブトムシ等に寄生するというよりは、移動手段として大型甲虫にタダ乗りしているとのこと。
もう一種は、カブトホソトゲダニより一回りくらい大きくて丸いドーム状の赤色系のダニ、これはイトダニ類である。
tsukiさんの「虫ナビ」 http://mushinavi.com/ によれば、キュウヒタマゴイトダニと同定されている。
外国産のカブクワと一緒に新種(別種)のイトダニが流入しているという話もある。
こちらの方はカブクワに有害なダニで、甲虫の卵を潰して中身をすすったり、宿主の体液を吸うとも言われている。
寄生された個体は、基本的に長生きしないらしく、野外で死んでいるカブクワによく付着しているのもうなずける。
成虫に寄生しているこの2種は、流水で洗いながら古い歯ブラシなどでこすれば、ほぼ完全に除去でき、ケース内で再発生することもまずない。
 
最も厄介なのが、飼育ケース内に突如現れるコンマ数ミリの粉末状のダニである。
成虫や幼虫に発生したダニ群は、一見乾いた泥のようにも見えるが虫メガネで拡大して見れば、ダニということがわかる(卵の場合もある)
この種類は何なのか長年謎だったのだが、Waizuドルクス研究室というホームページ http://www.geocities.jp/waizu_project/study_dani.html によれば、コナヒョウダニと同定されている。
↑のホームページをご覧になればわかるが、結構アカデミックなサイトなのだ。
コナヒョウダニはチリダニ科の1種で、どこの家庭にも普通にいるダニである。
フケやアカや毛髪、食物のカスやカビ等を食べ、吸血したり人を噛んだりはしない。
しかしこの死体やフンがアレルゲン(ダニアレルギーの原因物質)とされ、このダニを捕食するツメダニ類(人を刺す)を呼び寄せる。要するに害虫の中の害虫である。
カブクワへの直接的な害は「ない」という意見もあるが、「ある」という主張もあり、実際のところはよくわからないのだが、生体にしっかりとくっついていることから、昆虫の老廃物なりを食べている可能性も否定できない。
成虫に付着したダニは、針葉樹のマット等に入れておけばほぼいなくなるが、幼虫の場合は除去が困難を極める。
発生前ならダニよけシートが有効のようだ。
 
もう一つおまけでトビムシ類である。
トビムシも種類が多く同定は困難だが、前述のtsukiさんの「虫ナビ」におけるヒメツチトビムシがそれっぽい(1種のみではなく、他種も考えられるが)
これも最大で1mmに届くか届かないといった大きさだが、群れることと、動きが速いことから、発生した場合はかなり目立つ。
肉眼で辛うじて形を認識できるが、ダニと違って体は細長く、足は6本である(ダニは8本)
このトビムシは腐葉土や菌類などを食べる森の掃除屋さんなのだが、何故かエサ皿に集中的に発生するのだ。
ワサワサとまるで祭で踊っているかのように見える。虫嫌いの人が見たら気絶するかもしれない光景だ。
基本的には、マットを交換し、エサ皿やのぼり木等を熱湯消毒すれば、再発生しないことが多い。
 
ダニやトビムシが発生したマットは廃棄する人も多いと思うが、耐熱の大型タッパに入れてレンジで1,2分間チンすれば、新しいマットと混ぜて再利用できる。
結果的に動物性たんぱく質を添加することにもなり一石二鳥である。
ただ、キッチンにマットの発酵臭が充満するため、一般家庭ではお勧めできない(おしまい)

この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは〜^^

参考になりますがレンジでチンは、怒られるかなww
木材加工のおがくずを貰ってきて、飼育した時は凄い、コバエで、カブトの羽の部分が^^;白く・・・・
カブトって洗えるんですね^^
餌皿も、1年間外に放置だったけど大丈夫かな〜〜^^;
餌のゼリーも賞味期限切れてたww
捨てなきゃね^^;

では^^また楽しみにしてますZZZZ

2012/6/24(日) 午後 9:05 [ なん ] 返信する

なんさん、こん^^
エサ皿は日干しして、熱湯かければまずOK(カビがひどくなければ)
ゼリーはピンホールで腐敗してなかったら使えるよ〜^^

2012/6/24(日) 午後 11:04 [ テッド ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事