ここから本文です
いろいろ語ります!

書庫全体表示

ドリーンさんが手がけたタロットカードです。

イメージ 1

このシリーズに関しては定義づけが難しいです。タロットカードとしてはかなりオリジナルレシピになってるし、オラクルカードとして見ても少しボリューミー杉。Ted は、タロットとして使うというより、某密林のレビュアーさんがおっしゃっていた「オラクルカードの延長として」使おうと思ってます。とりあえず今はウェイト版のキーワードを頭に叩き込むのに忙しいため… ←言い訳っす ^^:

カード自体にメッセージやキーワード(特に小アルカナのコートカードには)書かれているため、かなりリーディングがしやすくなっています。ただ、説明書にあるように、直観を信じてみるというのは案外難しいです。基本、ワンオラクルやスリーカードでリーディングするのが Ted の姿勢ですが、「この図像にはどういった意味があるんだろう」と解説書と睨めっこ状態になりそうなので、カードに記されたキーワードやメッセージを視野の中心に入れようと思ってます。ただし、図像学的なわかりやすさといった点では、ウェイト版やダヤン版(あのリュウジ先生のタロットです)の古典的な図のほうが格段にわかりやすいです。イラスト自体は綺麗なのですが、人を選ぶデッキかもしれません。まあ、とりあえず Ted は大アルカナだけでリーディングしようかなと.

このデッキはフルデッキの78枚、しかもオラクルカードの通常の厚さ(実際はほんの少し薄いかな?)なので、超がつくほど分厚いです。^^; 手で持ってのシャッフルはほぼ無理と考えてください。

ちなみに、お迎え後初めてひいたカードは "Ego" でした。「物質にとらわれている」 -- まさにそうです! 最近欲しい楽器がでてきて(ウクレレじゃないッスよ!w)、何日も悶々としていたんですよ!! こりゃすげぇ。当たる、とはまさにこういう事なんですね。
不思議です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事