OLDIES TEEN SOUND - Teen Pop -

ももちゃんの、TEEN POP & WHITE DOO-WOP

DVD/CD & TOPICS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 
 
 
スキャン修正済み
 
 
 
 
 
 
下記にて出品中の商品を確認出来ます。
 
TOP PAGE このブログのトップへ、、、、
 
 
 
RARE ALBUM
 
 SPARK PLUGS
 
 BEAGLE WITH FOUR LIVERPOOL WHIG
 
 
さて、たまにはアルバムでもいきましょう!
 
とはいうものの、今回のこれはレア!
 
SPARK PLUGS-CRAZY BEAT(SUTTON 322)1961
 
に収められている1曲
 
SPARK PLUGS-PAINLESS THOUGHT(このタイトルと曲とは無関係)
 
サイコビリー、ガレージパンクの大御所
 
CRAMPSが、1986年の彼らの代表作でもある
 
DATE WITH ELVISの中でこれをやってしまったのだ。
 
タイトルは、PAINLESS THOUGHTから、
 
THE CRAMPS-CHICKENに変更されて、
 
「モゲー!」
 
フライドチキンやらタンドーリにして食ってやるみたいな
 
完全にいかれたガレージパンク!
 
このアルバムSPARK PLUGSでこれをやっているバンドと
 
WHITE DOO-WOP、BLACK DOO-WOPを唄っているバンドは別のものだ!
 
うう、、、なんといういいかげんなアルバムなのだろう???
 
しかも本来のタイトルはTHE CHICKENであった可能性が高いのだ!
 
このSUTTONのアルバムに入れられたすべての曲はこれらの
 
タイトルなどではけして無いはずだ。
 
さらに、2003年には、CONDAS/SPARK PLUGSのカップリングで
 
NORTONレーベルから
 
SPARK PLUGS-CHICKEN(PAINLESS THOUGHT)でこの曲は
 
再リリースされた!今でもこれは新品が売られている。
 
元のSUTTONがいいかげんなバンド名で誰のものかも判らない曲を
 
寄せ集めてリリースしたために後年リイシューが堂々と大手から
 
作られても著作権さえ判らなくなっているのだろう。
 
凄いのはこのTHE CHICKENのシングルはこのインチキアルバムから
 
録音されたものである。リマスタリングしたおかげでどこか変だ!
 
まあなんといってもこのアルバムの凄さはDOO-WOPに尽きる。
 
MY SHEILA
 
アタシ的には、MY SHEILA
 
これほど素晴らしいTEEN DOO-WOPは滅多に無し!
 
間違いなくWHITE VOCAL GROUPのベスト40には入る大傑作
 
悲しいかな、このアルバム以外では聴くことが出来ない!
 
どちらが先かは不明だが
 
THE ECHOE MEN-LONG LONELY HOURS(SPIDER 101)これは激レア
 
これと同じ曲であることは間違いない!
 
出来栄えは遥かにSPARK PLUGSに軍配があがる。DREAMY MIDEUM FASTの典型
 
LONG LONELY HOURSこのタイトルから見てもTHE ECHOE MENが最初?
 
もしくは、ECHO MAN以外にこの、LONG LONELY HOURSを
 
レコーディングしたどこかのあんちゃん達が絶対にいたのだろう。
 
ECHOE MENのシングルは激レアだがやたらとチープ!
 
MY SHEILA=LONG LONELY HOURSは、DION & BELMONTS真っ青の
 
究極のWHITE TEEN DOO-WOP!
 
このSPARK PLUGSのアルバムには傑作TEEN DOO-WOP
 
黒人DOO-WOP、男女混声のTEEN POPなどがに収められているが
 
いくつかのグループの未発売?お蔵入りしたデモテープから無造作?
 
につくられたアルバムであることに間違いないのだ!
 
要するに、MY SHEILA=LONG LONELY HOURSが本当のタイトルだとすると、
 
SPARK PLUGS-RAP-A-WAY----SUGAR DOLL

SPARK PLUGS-PAINLESS THOUGHT----THE CHICKENこれ、同一バンド
 
SPARK PLUGS-TEAR OF LOVE(SUTTON 322)----I JUST FOOL ANYWAY

SPARK PLUGS-SHOULD WE LOVE(SUTTON 322)---I' SO LONELYこれ、同一バンド黒人リード

SPARK PLUGS-THE CHEAT(SUTTON 322)---TEARDROP FALLIN
 
SPARK PLUGS-HE'S MY BLUE HEART(SUTTON 322)---PAUL SIMON???

SPARK PLUGS-MY SHEILA(SUTTON 322)これ、同一バンド
 
とかのタイトルだったのだろう。で、すでに別の3つのバンドが介在する。。。。
 
 
もともと、音も悪いし、ステレオ盤はさらにヒドイ!
 
MONOのほうが断然レアで、いまや200ドルを超える!
 
THE BEAGLE & THE FOUR LIVERPOOL WHIGS- (Worst-ever version of "I Want To Hold Your Hand"
but the 'Other Favorites', by The Spark Plugs, include really decent doo-wop in the style of
Dion & the Belmonts; etc. "Painless Thoughts" is really the "Bock Bock Chicken" song,
which was titled "Crazy Beat" on The Spark Plugs LP) Sutton EX $175 Rare!
BONGOS-SWINGIN SIXTIES参照
 
 
謎だらけのアルバムではあるが、これに収録されているDOO-WOP、
 
TEEN系の曲はどれもが強烈に素晴らしい!しかも一度はきちんと
 
レコーディングされていたもので、けして即興、ガレージの類では無いのだ!
 
オーケストラが使われたものも、女の子の合いの手が絡んだものも
 
どれもが、うまいし、良い曲ばかりだ!
 
本来どこぞの誰かがレコードを出していたものに勝手にタイトルを
 
挿げ替えてこのアルバムにぶち込んだのが事実だろう。。。
 
きっとどなた様かのオリジナルがどこいらに存在するのだ。きっと?
 
SUTTONレーベルはNYやら、なんだのの能書きばかり説明があるが、
 
SPRAK PLUGS自体が存在すらしていないジャケのインチキ写真のみの
 
架空のバンド!間違いなくいくつかのバンドの曲がこの一枚に入れられている。
 
 
 
この後、1964年にBEATLES旋風に巻き込まれ、便乗しようと
 
BEAGLE AND THE FOUR LIVERPOOL WHIGS-I WANT TO HOLD YOUR HAND(SUTTON 329)
 
というまたまた架空のバンド名義で同じものがリリースされるのだが
 
一曲だけ、BEATLESの
 
I WANT TO HOLD YOUR HANDをカバーしてこのアルバムタイトルに
 
している。恐ろしいのは
 
I WANT TO HOLD YOUR HAND
 
これ!全くのド素人。これほどひどいカバーは聞いたことすら無い!
 
ラジオかなにかの素人歌合戦からそのまんまこのアルバムに入れたのだろう。
 
さらにおぞましいのは、BEAGLEの面々!これって白人?
 
アメリカ人?これもSUTTONレーベルがどっからか画像をかっぱらってきて
 
使っただけだろう。。。。しかし、このアルバムはDOO-WOPの大傑作!
 
CRESCENDOSのアルバムより凄いかも?
 
世界中のDOO-WOPマニアがこのSPARK PLUGS
 
と、このアルバムの実態を調べているが
 
何十年も謎のまんまなのだ!
 
はたして、これらのグループ、唄っているのは誰なのでしょう?
 
うまさから言えば、HALO'SとかPAUL SIMON関連か?謎です。
 
尚、SPARK PLUGSより、BEAGLEのアルバム自体がややレベルが低いような、、、、
 
実にアタシは日本唯一の、このアルバムの研究家だったのさ!
 
謎は謎のまんまだけどさ。。。。
 
と、いうことで、サワリだけでも聴いてごらん!ぶっ飛びますぜ!
 
1-SPARK PLUGS-MY SHEILA(SUTTON 322)
 
2-SPARK PLUGS-PAINLESS THOUGHT(SUTTON 322)
 
3-SPARK PLUGS-TEAR OF LOVE(SUTTON 322)

4-SPARK PLUGS-THE CHEAT(SUTTON 322)
 
5-SPARK PLUGS-RAP-A-WAY(SUTTON 322)
 
6-SPARK PLUGS-HE'S MY BLUE HEART(SUTTON 322)
 
7-SPARK PLUGS-PILLOW THOUGHT(SUTTON 322)
 
8-SPARK PLUGS-SHOULD WE LOVE(SUTTON 322)
 
これほどツブ揃いのアルバムって滅多に存在しない!
 
TOKENS-AGAIN
 
BELMONTS-CARNIVAL OF HITS
 
UPBEATS-TRIBUTE TO 6
 
などにもけしてヒケをとらない!
 
しかもこのアルバム以外ではすべて聴くことすら出来ないのだ!
 
こちらにもこの記事を転載しておくのです。
 
 
ももちゃんのブログ
 
OLDIES TEEN SOUND
 
 

開く コメント(0)

 
イメージ 1
 
THE BEACH BOYS: AN AMERICAN FAMILY 2000 - Part 1 & 2
 
U.S. film. Two-part TV mini-series. This is the best film to date on the Beach Boys
 
rise to fame (and Brian Wilson's mental breakdown). The film has an excellent
 
look and feel—it very much captures a naïve early 1960s southern California.
 
Cool scenes of the band rehearsing, recording and on tour. See the birth of several of
 
the Beach Boys' hit songs. Brian's fascination with Phil Spector, Van Dyke Parks,
 
the Beatles and LSD! Cool recording studio scenes
 
with the "Wrecking Crew." Murray Wilson was one of the worst fathers…ever!
 
Dennis Wilson gets involved with Charles Manson.
 
Murray records the "Sunrays." Brian's pain in recording "Pet Sounds" and "Smile."
 
The film ends in the mid-70s. Kevin Dunn, Frederick Weller, Matt Letscher,
 
Ryan Northcott, Ned Vaughn, Alley Mills, Nick Stabile, Emmanuelle Vaugier,
 
Dublin James, Jesse Caron.

Note: This titles comes on two discs. The Beach Boys: An American Family!

THE BEACH BOYS: AN AMERICAN FAMILY 2000 movie on DVD!
 
これはおすすめ!
 
まだ持っていないBBファン、ファンならずとも是非見ていただきたい!
 
wrecking crewは出てくるし、もちろんcarol keyらしき俳優や、
 
PHIL SPECTOR, SUNRAYS, JAN BERRY, JAN & DEAN,
 
JOHN WALKER, VANDIKE PARKS, BRUCE, HONEYSなどなど
 
みんな役者がやっているんだけど、かなりそれらしい!
 
良く出来ています!車だってお金持ちになった彼らは
 
FERRARI 250 CALIFORNIA SPIDER , POORMAN'S FERRARI---XKE
 
STINGRAY CONVERTIBLEなどなど、、、
 
思わず感激!素晴らしい!
 
と、いうことで、興味ある社長にプレゼントを考えております。。。
 
実はとても興味深いお話?
 
すでに大スターになっていたSAM COOKEは1963年には
 
POORMAN'S FERRARIでもあった愛車のXKEを新車の
 
 
1963 FERRARI 250GT LUSSOに乗り換えていたが、1964年後半
 
発売されたばかりの、FERRARI 250 CALIFORNIA SPIDERを購入!
 
この後、SAM COOKEは買ったばかりの新車に乗ってモーテルで撃ち殺されたのでした!
 
 でもって、1963 FERRARI 250GT LUSSOはBEACH BOYSのデニス・ウィルソンが
 
SAMの車のセカンドオーナーに、その後死んでしまったSAMの
 
FERRARI 250 CALIFORNIA SPIDERのセカンドオーナーにもなったのでした!
 
どういう経緯かは不明だが、LA在住の有名人同士にはそれらの
 
情報網、もしくは、バイヤーなどが特別に介在していたのか?
 
それとも、SAMとBEACH BOYSは交友があったのか?
 
まぁ、くだらん詮索はどうでもよろし、、、
 
こういう詮索好きは日本人の悪いところね!
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

The Wrecking Crew

 
イメージ 1
 
素晴らしいDVD!ぜひ見るべし!

The Wrecking Crew

Hey, marketers at Coca-Cola, Geico, Pepsi-Cola and any other http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f08834014e6011a6b3970c-350wi company trying to reach 70 million baby boomers. Here's a golden opportunity: Denny Tedesco, director of The Wrecking Crew, a new documentary about the Hollywood studio musicians who recorded thousands of hit singles in the '60s and early '70s, needs to cover the licensing fees for songs used in his film. Then the DVD can be released.
Here's the opportunity: In trade, you can probably negotiate an ad at the front http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f08834014e6011a7d4970c-250wi of the documentary, signage on the DVD box and lots of other branding placements related to the film. You'll have to take it all up with him. The best part is the DVD is all ready to go. It just needs to clear the licensing hurdle (there's a trailer at the bottom of this post to give you a sense of how good this thing is).
I've watched the film and it's the best piece of documentary work I've seen in some time. The film was made with pure love. These were the musicians who created a generation's soundtrack. They recorded on the Beach Boys' Pet Sounds, Simon and Garfunkel's Bridge Over Troubled Water, the Mamas and the Papas' If You Can Believe Your Eyes and so many other albums and singles.
The Wrecking Crew documentary is that good, and it's not fair http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f08834014e6011b360970c-300wi that something like licensing is holding up something this creative and interesting. One or more corporations will surely realize what they have here and will sign an exclusive. Those that didn't act fast will be kicking themselves.
As I wrote yesterday, the Wrecking Crew was made up of an ad hoc group of about 30 Hollywood studio musicians. http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f088340147e36c73df970b-300wi These elite instrumentalists included Hal Blaine, Glen Campbell, Leon Russell, Plas Johnson, Earl Palmer and others. Whatever you think of pop-rock of the '60s, one thing is clear: the Wrecking Crew helped make those songs hits.
How so? Think about all the records you've passed up over the http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f088340147e36c7487970b-300wi years because they didn't snap. I'm not talking about poor engineering or poor placement of mikes and recording. I mean poor playing, lackluster drums or dull guitars and bass. I know that I gravitated toward singles that really bounced. That's what that music was all about, which is why these musicians were called in to play on them.
http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f088340147e36c74d0970b-300wi Phil Spector, Brian Wilson, Lou Adler and so many of the record company people on the West Coast scene during this period were great music visionaries who were obsessed with a big, catchy sound.
Now their story has been captured in The Wrecking Crew. But it's stuck in a licensing pen.
Mind you, I'm not making a dime off of this movie. I just dig great stuff and I http://marcmyers.typepad.com/.a/6a00e008dca1f088340147e36c7533970b-250wi hope that some company out there sees the opportunity and that this film will make it out into the marketplace. It's a touching look at the director's father (Tommy Tedesco) and all of the major Wrecking Crew members who have been anonymous for decades. The film both informs and chokes you up.
JazzWax note: If you want to get in touch with the folks behind The Wrecking Crew documentary, go here.
JazzWax Clips: Here's the trailer to The Wrecking Crew documentary...
Here's Carol Kaye, the only female Wrecking Crew member, on Slick Cat...
Here's a behind-the scenes recording of the Beach Boys' Sloop John B. with Hal Blaine and the Wrecking Crew...
And here's Leslie Gore from the T.A.M.I Show in 1964 with Hal Blaine and the Wrecking Crew playing behind her...
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

TEEN SOUND 49 NEW YEAR PRESENT

イメージ 1

MIDNIGHT TOUCH

TEEN SOUND 49 NEW YEAR SPECIAL

に付属の、オマケ!

一応、これも、MIDNIGHT BLUE つながりで、静かなところ!

超メジャー、TEEN IDOLが歌うジャズっぽいところや、スタンダードっぽいところ!

既出も多いのですが、これも、、、聞き込めば、ハマります!

尚、これにあわせて、JOHNNY TILLOTSONのこの辺のコンピも、

プレゼント予定!!!  リク多ければの話ですが、、、、

では、、、


JOHNNY CRAWFORD-CINDY'S BIRTHDAY(DEL-FI 4178)
JOHNNY CRAWFORD-CINDY'S GONNA CRY(DEL-FI 1248)
JOHNNY CRAWFORD-DAYDREAM(DEL-FI 4162)
JOHNNY CRAWFORD-PLEASE MR. SUN(DEL-FI LP 1220)
JOHNNY CRAWFORD-PROUD(DEL-FI 1229)
JOHNNY CRAWFORD-SITTIN' AND WATCHIN'(DEL-FI 1229)
JOHNNY CRAWFORD-SOMETHING SPECIAL(DEL-FI 1223)
JOHNNY CRAWFORD-TREASURE(DEL-FI 4165)
JOHNNY TILLOTSON-ALL ALONE AM I(MGM 4188)
JOHNNY TILLOTSON-ANGEL(MGM SINGS 4328)
JOHNNY TILLOTSON-EARTH ANGEL(CADENCE 25052)
JOHNNY TILLOTSON-LONESOME TOWN(CADENCE 25067)
JOHNNY TILLOTSON-RHYTHM OF THE RAIN(MGM 4188)
JOHNNY TILLOTSON-THEN YOU CAN TELL ME GOODBYE(MGM 4224)
JOHNNY TILLOTSON-VENUS(CADENCE 25067)
JOHNNY TILLOTSON-WHERE IS SHE(CADENCE 25067)
PAUL PETERSEN-BE EVERYTHING TO ANYONE YOU LOVE(COLPIX 632)
PAUL PETERSEN-IMAGINATION(COLPIX 442)
PAUL PETERSEN-KEEP YOUR LOVE LOCKED(COLPIX 632)
PAUL PETERSEN-PENNY IS SEVENTEEN(COLPIX 429)
PAUL PETERSEN-PLEASE, MR. SUN(COLPIX 429)
PAUL PETERSEN-THE GIRL NEXT DOOR(COLPIX 442)
PAUL PETERSEN-TRY A LITTLE TENDERNESS(COLPIX 442)
PAUL PETERSEN-WHERE IS SHE(COLPIX 730)


こうやって、聴いてみると、この3人はいいです!

どれも聴けます!

JOHNNY CRAWFORD-SANDY

JOHNNY TILLOTSON-POETRY IN MOTION, WHY DO I LOVE YOU SO

PAUL PETERSEN-SHE RIDES WITH ME

この辺しか聴けない、聴かない、あたし達変態マニアでも、、、

気分直し?お口直しには、最適の一枚ざんす!

彼らが、気にいったなら、オリジナルのレコード盤でも

ゲットしてみるのも面白い!

なにが面白いって、これだけいいレコードを出していて、

それらをすべて買ったって、一枚300円〜500円くらいで、

いつでも、いくらでも、ゲット出来るんですぜ!

ステーキを食いすぎて、たまには、納豆食うのもいいもんです!

お安くても、いっぱい、いいレコードはころがっているのです!

まぁ、、、シングル・コレクターには、購買意欲?

触手も動かねえかもね!

こういうところを、巷で売ってるCDで聞いてるような

旦那さんには、、、、これまた理解出来ねえだろうな!







尚、新年のお言葉やお礼、誠にありがとうございました!

お礼への返信など、一切入れていませんが、

これが、、、ももちゃんの感謝の印と思って許しておくれ!!!

おほほほ、、、、

今年も行くぜ!!!!

開く コメント(13)

TAMI SHOW

イメージ 1

T.A.M.I SHOW

GIRL GROUPの方に紹介したので、こちらにも、同じく

T.A.M.I SHOW

男性の方がいっぱい出てるので、、、

こっちの方にも紹介を、、、

なんと言っても、圧巻は、

James Brown

Chuck Berry

おまけは、Miracles

ってところでしょうか?

もちろん、

Jan & Dean

BB5もいいですが、、、

改めて、付加価値、好き嫌いは抜きにして、

0の視点で、ライブ見たら、黒人とは、比較にも

ならんのね!

ただ、あたしたちは、45回転のしかも、超ミクロの

分野ばかりに興味があるので、踊れなくても、歌が下手でも

若く、元気な、白人のおにいちゃんや、坊やの歌う

ティーン・ポップの、シングル盤のみが好きなので

ライブなんぞ、、、どうでもいいのであります!

侵略してきた、

Gerry & Pacemakers

Stonesもまだまだ、初々しい!

I'm Alrightは、そこいらじゅうのライブでやってる

彼らの、コマーシャルソングみたいなもんですが、

これに収録されているバージョンは正規に

リリースされていない別物ですな!

まだ、小学生の頃、親戚のにいちゃんが、

Golden Albumを買ってきて、これを聴いて

狂気乱舞したような記憶があります!!!

現在では、オールディーズ、

それも、Teen Popのようなもの以外は

全く受け入れられなくなってしまいましたが、

今、ジジイになってこういうの(Stonesとか)を見ると

ただただ、、、失笑!

ラストでは、全員が手に手を取って仲良く踊りまくる。。。

ちいと、、、ホロリといたします。。。

まぁ、、ひねくれたジジイになってしまった自分が情けない!

この辺を普通に聴いていれば、、、買っていたら、、、

ランボルギーニくらい乗っていたのにねぇ。。。。

むぅ、、、、

開く コメント(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事