札幌の自然日記

山菜を採り、キノコを狩り、魚を釣り、虫鳥獣を撮っています

謹賀新年 

みなさま、新年明けましてお目出度うございます。新しき年がみなさまに良き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。 こちら札幌の我が家は、遠くに除夜の鐘の音を聴きつつ、例年よりも少ない積雪の中で静かに新年を迎えました。新しい夜空に冬の星座が煌めいていますが、夜明け頃からは激しい風雪の予報であり、今は嵐の前の静寂のようです。 午年の今年は嵐を恐れず、暴風に乗って天馬空を行く勢いで、さらに高みに登りたいものでありますが、そのまま天空に消え去る可能性のほうが大きいような予感もなきにしもあらず。やはり、ロバの歩みでトボトボと山道を彷徨う1年となりそうです。 本年もよろしく、お付き合い頂きますようお願い致します。

その他の最新記事

すべて表示

秋の山遊びーキノコはどこへ

2017/9/18(月) 午後 2:55

 札幌の手稲山も秋が進んでいます。例年であれば色々なキノコが踊り始めている楽しい季節なのですが、今年はどうしたことか、姿が見えません。 9月16日、素晴らしい秋晴れの中を、キノコを求めて私の遊び場所である手稲山へ出かけました。 山麓の草地ではススキの穂も開いて、さわやかな秋風に揺れています。きっとキノコたちも顔を見せていることでしょう。 ...すべて表示すべて表示

初秋の山遊びーキノコはまだか

2017/9/3(日) 午前 11:11

 札幌の我が家の窓から見る手稲山も9月に入り、濃緑色だった山の色が心なしか色褪せてきたように感じます。山はもう秋の気配が漂っていることでしょう。山の秋を探索に出かけてみました。  山の麓の草地はススキが穂を出し、カンタンの鳴き声が聞こえてきました。  オニグルミも葉が黄色くなり始めています。実が房状に付いていますが、実の付きは ...すべて表示すべて表示

山菜採りに初夏の山へ

2017/6/20(火) 午前 7:40

 札幌の手稲山は頂上付近の残雪も消えて、すっかり初夏の装いに替わりました。 6月13日、そろそろタケノコ(根曲がり竹の若芽)が出る頃です。今年の初物を狙って山頂を目指しました。  途中の山道でキアゲハがタンポポの蜜を吸引中でした。本州のキアゲハよりも色が白っぽいようです。  初夏を迎えて、多くの山菜はすでに生長してしまって ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事