札幌の自然日記

山菜を採り、キノコを狩り、魚を釣り、虫鳥獣を撮っています

謹賀新年 

みなさま、新年明けましてお目出度うございます。新しき年がみなさまに良き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。 こちら札幌の我が家は、遠くに除夜の鐘の音を聴きつつ、例年よりも少ない積雪の中で静かに新年を迎えました。新しい夜空に冬の星座が煌めいていますが、夜明け頃からは激しい風雪の予報であり、今は嵐の前の静寂のようです。 午年の今年は嵐を恐れず、暴風に乗って天馬空を行く勢いで、さらに高みに登りたいものでありますが、そのまま天空に消え去る可能性のほうが大きいような予感もなきにしもあらず。やはり、ロバの歩みでトボトボと山道を彷徨う1年となりそうです。 本年もよろしく、お付き合い頂きますようお願い致します。

その他の最新記事

すべて表示

 雪が消えた家々の庭に咲いている早春の花、クロッカスや福寿草などの花々を眺めながら散歩していたら、一軒のお宅の庭先に星形をした空色の小さな花が咲いていました。  雪解けの頃に咲くチオノドクサ[Chionodoxa] という草花でした。ヒヤシンス科の植物で原産地は地中海沿岸からトルコなのだとか。名前は、ギリシャ語のチオン[chion(雪)]と、ドクサ[dox ...すべて表示すべて表示

札幌の赤い小鳥はイスカでした

2018/4/16(月) 午後 3:52

 先日、札幌の自宅近くの公園で観察した赤い小鳥。てっきり北海道の高山地帯で繁殖するギンザンマシコが越冬のため平地に移動してきたものだと思い、珍鳥に出会えて大喜びしました。 しかし、撮影した画像をよくよく調べたところ、この小鳥はギンザンマシコではなくて、イスカであることが判明しました。  イスカの最大の特徴は上下のクチバシが重ならずに、 ...すべて表示すべて表示

 札幌の手稲山にはまだ雪がたっぷり残っていますが、平地では残雪もほとんど見られなくなりました。  春とはいえ、まだ風が冷たいこの日、近くの森林公園へ野鳥観察に出かけました。この時期は冬鳥や夏鳥の移動時期であり、いろんな野鳥との出会いが期待できるのです。 そして広葉樹はまだ葉を出さず枯れ木のような状態なので、野鳥の観察も容易なのです。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事