ここから本文です
帝國憲法-改正-坊やのブログ
帝國憲法改正フロッグ坊やが付録のブログを始めちゃん!ハーイ!

書庫全体表示

記事検索
検索




☆☆☆☆☆☆☆☆

本日の
オマケ
写真

☆☆☆☆☆☆☆☆


イメージ 7





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





イメージ 4
イメージ 3
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 2



イメージ 1











横浜市が
カジノを含む
統合型リゾート施設
IRの立地場所として想定する
山下ふ頭=同市中区
イメージ 1

【写真】外資系企業の横浜IR構想案、山下ふ頭を想定
イメージ 2
イメージ 3
横濱市役所
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

















☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.



白紙」一転 横浜市がIR誘致へ 林市長が近く表明
8/19(月) 2:00配信










横浜市が、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致する方針を固めたことが18日、判った





林文子市長が近く表明する。長く「白紙」としてきたが、超高齢化や人口減で厳しさが


増す財政事情を踏まえ、IRが地域経済や観光の振興、税収の確保につながると判断した





庁内に専門部署を新設し、体制強化も図る。ただ市民の間には「カジノ=賭博場」との受け止めや





ギャンブル依存症などへの懸念が根強くあり、市民を巻き込んだ広い議論を求める声が強まるのは必至だ






市は9月2日開会の市会第3回定例会に、2億6千万円の一般会計補正予算案を提出する方針。47ヘクタールの敷地面積を持つ







山下ふ頭(同市中区)を立地場所とし、議会の承認が得られれば、事業者の公募や選定に向けた準備などに着手する








市長はIR誘致に対し、前向きな態度を示した時期もあったが、2017年夏の市長選を前にトーンダウンして以降






一貫して「白紙」の立場を強調してきた。その市長が誘致へとかじを切った背景の一つに、国の動向があるとみられる






18年7月に成立したIR整備法は、自治体の申請や国の認定など開業までの一連の手続きを定めたもので、整備区域は全国で最大3都市として居る








第1弾の開業時期は20年代半ばと見込まれ、国は整備区域の選定基準などを定めた「基本方針」を本年度中にも決定する見通しだ









此れを受け、誘致を巡る自治体間の動きが今後さらに活発化することが予想される





実際、幕張新都心への導入を調査してきた千葉市は今月に入り、民間事業者に情報提供を求める方針を打ち出した







横浜市も早期に表明し、他の自治体に後れを取ることなく準備を進めるべきと判断したとみられる










一方、「白紙」を強調しつつ、民間事業者から構想案を募るなど、これまでの市のスタンスには、市会や市民から「解り難い」などの批判が上がって居た







市が6月下旬に開いた市民向けの説明会では「横浜に賭博場はいらない」「市民に直接、賛否を問うべき」といった









反対意見や行政への批判が噴出。だが市長は、7月3日の定例会見で「住民投票をする考えはない」と明言した










◆IR

Integrated Resortの略で、カジノやMICE(国際会議、展示会などの総称)施設、ホテルなどが一体となった施設。政府はIR整備を成長戦略の柱と位置付け








経済振興につなげたい考えだ。IR整備法では、ギャンブル依存症対策として日本人の入場料を6千円、入場回数を週3回、月10回までに制限するとしている









全国では、大阪府・市や和歌山県などが誘致に積極的な態度を示しているほか、千葉市や北海道なども検討を進めて居る





神奈川新聞社















イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.






カジノと不正資金:「消えた」その金はどこへ
 Miho Kono 5月11日







不正な
資金運用をするのに
安全」な
金融機関としての
カジノは

其の越境的な
性格に因って
更に
存在意義を増す




2015年の
企業別
収入ランキングでは


1位「ラスベガスサンズ」(アメリカ)
2位「MGMリゾート」(アメリカ)

だが



2社共に
アメリカ
マカオ
シンガポールを
始め
グローバルに
店舗を展開して居る





企業に因っては
一方の店舗で
買ったチップや
小切手を
他方の店舗で
受け取る事が
出来るetc.の
システムも有り

国際送金が
簡単に出来る





昨今
オンラインでの
カジノも
拡大を見せ
電子送金システム
に因って

其の簡単さに
拍車を掛けて居る事も
見逃せない





加えて
ジャンケット」と云う
中間の存在が
金の動きを
より複雑に
不透明にする



◆ジャンケットとは…

カジノへの
ツアーの企画・運営を行い
宿泊施設や
交通手段と云った
顧客の旅行を
凡ゆる面で
サポートする
仲介組織だ





カジノが
運営する物も
別個の
組織も有る

此の
存在自体に
問題は無いが

時に
運び屋」として

不正資金を
国外や
法的制約の外に

流出させる
役割を担う







例えば
中国本土から
マカオへは
持ち込む金額に
制限が有るが

出発前に
ジャンケットへ
金を預け

客とは別に
フェリーで運ばれた
其の金を
マカオのカジノで
受け取る事が出来



❌🇨🇳中国の官僚達の
❌マネーロンダリングを
❌大きく助けて来た










◆最後に…

カジノの秘密主義が
不正資金の
運用を試みる
存在に取って
カジノの利用価値を
又、
一段と増大させる


カジノ経営は
VIPや
大金を賭ける
人々の存在に
大きく
依存して居り





例えば
カナダのカジノでは

売上の80%が
全顧客の
1%のVIPから
生み出されて居る




此の現実から
カジノ側は

VIPルームでの
出来事を
明るみにする事は
出来ず

不正行為を
目にしても
其れを
黙認したり
時に
積極的に匿って来た






更には
犯罪組織が
自ら

カジノの
オーナーと
成る事さえ
有るのだ




何れにしろ
VIPルームと云う
秘密の空間を
利用して

VIP達も
カジノ側も
共に
大きな利益を
得て来た事は
確かで在る















イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.








カジノと不正資金:「消えた」その金はどこへ
 Miho Kono 5月11日










昨年2016年2月
バングラデシュ
中央銀行からの
不正送金事件が
不正資金と
カジノの密接性を
世界に突き付けた











犯人は、先ず
バングラ中銀の
システムを
ハッキングし

🇺🇸米
🗽NY・連邦・準備・銀行の
バングラ中銀の口座から
10億米ドル近くを
フィリピンや
スリランカの
銀行口座に
送金しようとした












スリランカへ送られた
2,000万ドルは
犯人の記載ミスに因り
無事回収された物の
フィリピンに渡った











8,100万ドル
(約91億円)の一部が
其の後
カジノに
流入する事に因って
行方が判ら無く為り
回収が不可能に成った











◆ナゼ、カジノでは
此の様にカネが
消えて仕舞う」のか




其れは
常に
金が顧客との間で
流動して居る
カジノでは

1人の人間が
持ち込んだ資金の
行方を追う事に
困難が伴うからだ















⚪️預金や両替
⚪️送金・外貨交換
⚪️キャッシング
⚪️小切手-現金化
と云った

🔴カジノの提供する
🔴銀行的なサービスが


より一層
カジノ内での
金の動きを
複雑化して居る











銀行で在れば
明確に残される筈の
資金運用の記録が
欠如し

🔴政府の規制や
🔴監視の目からも
🔴逃れ易い







詰まり
カジノの
性質自体


単に
人々が
ギャンブルを
楽しむだけでは無く

🔴汚い金」に纏わる犯罪を
🔴誘発するリスクを孕む
🔴場所なのだ










因って
マネーロンダリングや
不法取引に関連して

カジノが
利用される
ケースや方法は
細かく見れば
様々、有る









不正資金
運用に於いて
カジノの役目とは

綺麗な金を出す事
汚れた金を消す事
の2点に括れる











窃盗や横領
賄賂etc.で
入手した金も
カジノから
出る時には
ギャンブルで
儲けただけの
綺麗な」金と
主張-出来る














又、
不正資金で
買ったチップを
カジノ内で
仲間に手渡す事で
外見上
其の汚れた金は
賭けに負けて
消えた事に成るのだ











一方
カジノの中で
ドラッグ等の
違法な取引が
行われる場合
チップが
貨幣代わりに
用いられる
事も有る














カジノに入る金-自体
汚れては居無いし
取引に用いた金額は
賭けに負けた分と主張-出来
把握する事は難しい















イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.



アメリカ産の肉 輸入振るわず 日米貿易交渉の焦点に

2019年8月19日 4時05分
日米通商協議






TPP=環太平洋パートナーシップ協定やEUとの経済連携協定の発効で、関税が引き下げられた国からの牛肉や豚肉の












輸入が増加しました。一方、アメリカからの輸入は振るわず、日米の貿易交渉で早期の関税引き下げが焦点となりそうです









財務省の貿易統計によりますと、ことし1月から6月までの半年間の






◆🐖豚肉の輸入量
(国毎に見る)




デンマークが
去年の同じ時期に比べ
凡そ7%


カナダが
凡そ4%
増加した



一方、アメリカが
凡そ▲3%
減少-仕舞した








◆🐂牛肉の輸入量は

🌞カナダからが
およそ2倍に増え




🌝ニュージーランドは44%





🌕メキシコは26%



それぞれ増加した一方



☔️アメリカは凡そ5%
の増加に留まりました











これはTPPが去年12月、EUとの経済連携協定がことし2月に発効したことで加盟国からの輸入は関税が引き下げられたのに対し









TPPから離脱したアメリカからの輸入は関税が据え置かれ、関税に差があることが影響したとみられます








こうした状況に、アメリカの生産者団体などは日本側に早期にTPPなどと同じ水準に関税を引き下げるよう求めていて、今後交渉が加速する日米の貿易交渉で焦点となりそうです



















本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事