ここから本文です
帝國憲法-改正-坊やのブログ
帝國憲法改正フロッグ坊やが付録のブログを始めちゃん!ハーイ!

書庫日記

記事検索
検索



☆☆☆☆☆☆☆☆☆

✒️編集長の
ヘノコちゃんの
一言

☆☆☆☆☆☆☆☆☆



久々の
Editorialだ
其の
主題が
孫正義
(AI)
なのは
何とも
晴れ無い
気分で在る
此の男
良くも悪くも
目立つ
存在で在る
目の上の
タンコブ
目立つし
喉に
支(つか)えた
骨も
否が応にも
気が集まる
イメージ 8
孫正義を
良く云う
ニッポン人は
少ない
本人は
其れを
迚も
気にして
居るが
理由が
全く
解ら無い
様子だ
アタマが
キレると
評判の男も
自己分析
成ると
投資の時の
様な
明快な
答えが
出せず
仕舞いの
やうなので
ワタクシが
親切心を以って
答えるコトに
しやう
イメージ 6
✨ピカ✨は
(孫正義)
鳥栖の
生まれ
ラシイ
ワタクシは
鳥栖
と云えば
サガン鳥栖の
鳥栖しか
知ら無い
芸人の
ハナワが
佐賀が
田舎だと
歌い
初めて
意識した
國民も
多いダロウ
其の
炭ガラの
横で
ニッポン人に
石を
打つけられて
育ったのが
孫正義で在る
イメージ 7
勉強が
滅法
出来た為
教師に
成りたいと
担任に
相談すると
お前は
朝鮮人ダカラ
無理だと
云われ
海外に
渡ったのが
高校生の
頃で在る




『孫正義だけが
勝ち続ける
理由』
其れだけに
イメージ 3

國民からの不人気が
イメージ 4

胸に突き刺さるのだ
イメージ 5
孫正義は
一見すると
柔和な表情で
穏やかな
人格者の
やうに
窺えるが
数行
書いた
出自を
見ても
波乱万丈
過ぎて
迚も
真面な
人格形成が
培われた
幼少時代とは
思え無い
密造酒に迄
手を出して居た
実業家の
父親は
Masa(孫)に
韓国の
大統領に成れと
云い聴かせて
育てたと云う
常軌を逸して居る
云い過ぎダロウか
フツー為ら
ニッポンの
総理大臣では
ないか
此れが
孫正義の
全ての
原動力と
成って居るコトは
想像に難くない
イメージ 1
因って
孫正義は
民主党の
(野党)
政商と
呼ばれる
存在に迄
成ったが
此れこそが
孫正義の
後半の人生を
狂わせる
大きな
大きな
判断
決断
大失敗で
在ったコトが
後々
痛みと成り
身に染みて
来るコト
と成る
損は
自民党の
橋本龍太郎
総理大臣と
一戦交えて居る
自民党
嫌いを
決定的にした
事件だ
イメージ 2
ソングは
若気の至りで
法人税が
外国と比べて
高過ぎると
官邸に
詰め寄った
当時
隆盛を極めて居た
オールバックの
橋龍は
苦々しい顔で
一言
言い放った
ニッポンの
高い
法人税が
嫌為ら
ニッポンから
出て行け💢
ナゼ
香港が
安いと
知って居るのに
本社を
黙って
移さ無いンだ
一喝された
さうだ


孫正義に
イメージ 9
会社を追い出された
イメージ 10
Robot開発者
イメージ 11
ワタクシも
経済新聞を
読み立ての
ペーペーの
時代でしたので
俄か知識で
何と
横暴な
橋龍
ピカ
可哀想💧
思った
モノでした
其の後
丁寧に
遣り取りを
調べますと
橋龍
総理大臣は
此う
丁寧に
仰ったさうですよ
我が國の
法人税が
高いコトは
重々
承知して居る
大企業の
皆様に
無理な
御負担を
戴き
島國の国富
として居る
此の負担を
厭わないのが
ニッポン企業で
(公器)
在り
企業の論理で
動くのは
外国人の
所業で在る
と云う
趣旨のコトを
述べた
さうで在る
橋龍総理は
カンター
通商代表に
2度目の
ハルノートを
突き付けられ
國益を
死守せんと
最前線で
身を粉にして
交渉に
当たった
人物で在る




(2部に続く…)










☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆...









日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう
8/27(火) 19:49配信







孫氏の発言は異例(写真は2018年11月)












◆薄々、ハゲだとは感じていた厳しい頭皮の現状



<日本は「かつて豊かだった」のではなく、元々、貧しかったのだ













事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わって居無い














昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば














日本経済はトンネルを抜けることはできない>











日本はAI後進国」「衰退産業にしがみついている」「戦略は先輩が作ったものの焼き直し許り












ソフトバンクグループの孫正義社長による手厳しい発言が話題と成って居る














多くの人が薄々、感じている内容ではあるが、公の場では慎重に言葉を選んで来た














ピカ(孫氏)の性格を考えると、一連の発言は異例であり、事態が深刻で有る事を窺わせる











実際、日本は多くの面で先進国から脱落しており、ここから再度、上位を目指すのは可成り














難しい状況にある。私たちには、日本はもはや後進国になったことを認める勇気が必要かも知れない
















◆数字で見ると今の日本は惨憺たる状況


此の所、日本社会が急速に貧しく成って居る事は









多くの人が自覚して居る筈だが












一連の状況はすべて数字に反映されて居る
















日本の労働生産性は先進各国で最下位(日本生産性本部)と成って居り














世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低となっている(IMD)














平均賃金はOECD加盟35カ国中18位でしかなく、相対的貧困率は38カ国中27位













教育に対する公的支出のGDP比は43カ国中40位、年金の所得代替率は50カ国中41位














障害者への公的支出のGDP費は37カ国中32位、失業に対する公的支出のGDP比は











34ヶ国中31位(何れもOECD)など、これでもかと云う位、酷い有様だ
















日本はかつて豊かな国だったが、近年は競争力の低下や人口減少によって経済力が低下しているというのが一般的なイメージかも知れ無い
















だが、現実は違う、先程、日本の労働生産性は














先進各国で最下位であると述べたが













実はこの順位は50年間ほとんど変わって居無い














日本経済がバブル化した1980年代には、各国との生産性の差が多少縮まったものの















基本的な状況に変化はなく、ずっと前から日本の生産性は低い儘だ













1人あたりのGDP(国内総生産)が世界2位に









成った事もあるが、其れは本の一瞬に過ぎない
















日本が輸出大国であるという話も、過大評価されている面がある






2017年における世界輸出に占める日本のシェアは3.8%しかなく














1位の中国(10.6%)、2位の米国(10.2%)、3位のドイツ(7.7%)と比較すると可成り小さい
















中国は今や世界の工場なので、輸出シェアが大きいのは当然かもしれないが














実は米国も輸出大国で在る事が解る















驚くべきなのはドイツで、GDPの大きさが













日本より2割小さいにも拘わらず













輸出の絶対量が日本の2倍以上も有る













◆日本は「嘗て豊かだった」のでは無い




ドイツは過去40年間、輸出における世界シェアをほぼ同じ水準でキープしているが














日本は、其うではない。1960年代における日本の輸出シェアはかなり低く














未だ「安かろう悪かろう」のイメージを引き摺って居た














1970年代からシェアの上昇が始まり、1980年代には一時
















ドイツに肉薄したものの、その後は一貫してシェアを落とし続けている















生産性や輸出シェアの数字を検証すると、ひとつの特長が浮かび上がって来る











日本は1960年代までは敗戦の影響を色濃く残しており、社会は本当に貧しかった















然しオイルショックを経て70年代の後半から日本は徐々に豊かになり














バブル期には一時、欧米各国に近づくかに見えたが














そこが日本のピークで在ったーー










 
日本は「昔、豊かだったが、今、貧しくなった」のではなく














日本は、元々貧しく、80年代に豊かに成り掛かった物の














再び貧しい時代に戻りつつある」というのが正しい認識といってよいだろう











筆者は殊更に日本を貶めたいわけではないが














状況の認識を誤って仕舞うと処方箋も間違ったものに成って仕舞う









日本は昔から貧しかったという厳しい現実を












直視し、正面から対峙することこそが














本当に国を愛する心だと筆者は考えて居る











冒頭でも紹介した通り、孫氏は、近年の日本企業に就いて














戦略は先輩が作ったものの焼き直しばかり」であると









指摘しているわけだが、以前の日本企業は違ったのだろうか














これについてもそうとは言い切れない部分が有る











◆日本企業の本当の強みは何か?





パナソニックという会社は、嘗て松下電器産業という社名だったが


















昭和の時代には、よく「マネシタ(真似した)電器」と揶揄されていた











トヨタも今でこそ、レクサスといったブランド商品を出せるようになったが















米ゼネラル・モーターズの自動車を参考に製品の














開発を続けてきたのは有名な話である





パナソニックに限らず、日本企業の多くは


















欧米企業がヒット商品を出すと、すぐにそれを













真似して(今の言葉で言えばパクって)

















より安い価格の製品を出すというのが定番商法だった














マネシタ電器とはこれを皮肉った言葉だが















単にモノマネがダメだというニュアンスで















この言葉が使われていたわけではないことに留意する必要がある










日本人にはイノベーティブな製品を発明する能力はないが、既存製品を改良する優れた











技能があり、それが日本人のパワーだ」とポジティブに捉える日本人は少なくなかった









当時、安値販売に邁進する日本メーカーの影響で















多くの欧米企業が倒産に追い込まれたが














国内世論は「安くて良いモノを出す企業が勝つのは当然だ」という













雰囲気であり、路頭に迷う外国企業の社員について配慮すべきだという声や















顧客はよいモノに対して高いお金を払うべきだ














といった議論はほぼ皆無であった












つまり、マネシタ電器という言葉は100%悪い意味ではなく















賢くて商売上手であるというニュアンスが含まれて居り
















寧ろパクり商法で利益を上げることこそが














弱小国家が生き残る道であるとポジティブに評価していたのだ














だが、バブル期を経て、社会が多少、豊かに成り














日本人は自らの技術力を過信し















昔から傑出した技術大国であったという錯覚を持つ様に成って仕舞った














この基本認識の違いが、現状維持のバイアスを強く発揮する事に成り















結果として孫氏が指摘する様に「衰退産業















許りにしがみつく」結果を齎している











もはや投資会社に変貌しているソフトバンクに対しては















自らは技術を開発しないという点で














常に虚業であるとの批判が寄せられて来た















だが、モノマネに代表されるように、自身では














イノベーティブな開発はしないものの、アイデアと狡賢さ、そして














行動力で勝負するのが日本企業の強みであるならば














実はソフトバンクというのは、典型的な日本企業と看做す事も出来る

















日本は後進国に転落したという事実を謙虚に受け止め、これを逆手に取って














もっと狡猾に立ち回る企業が増えてくれば














袋小路に入った日本経済にも光明が差してくるのではないだろうか






加谷珪一(経済評論家)























イメージ 3
イメージ 4








イメージ 5
イメージ 6






イメージ 1
イメージ 2














☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






米駐韓大使の講演キャンセル 韓国政府の求めに不快感か
2019年8月29日 19時39分
日韓関係













韓国でアメリカのハリス駐韓大使の講演が急きょ、キャンセルされ、韓国メディアは韓国政府から日本との軍事情報包括保護協定=








GSOMIA」の破棄決定や韓国軍による島根県の竹島の周辺海域での訓練を批判しないよう求められたため、不快感を示したのではないかと伝えています














ハリス大使は29日、韓国の退役軍人らでつくる団体の会合で朝鮮半島情勢と米韓同盟をテーマに講演する予定でしたが














急遽、キャンセルとなり、団体側はNHKの取材に「急変した情勢を受けて、28日延期を決め、アメリカ大使館側に伝えた」と説明しています












しかし、韓国メディアは28日、ハリス大使が韓国外務省のチョ・セヨン(趙世暎)第1次官と会談した際














韓国側から日本との軍事情報包括保護協定の破棄決定や韓国軍が島根県の竹島の周辺海域で行った訓練を












批判しないよう求められ、これにハリス大使が不快感を示したことが理由ではないかという見方を伝えています



















胸に手を当てて
イメージ 1
ソッと考える
イメージ 2
アッ…オレ…螻蛄だ…
イメージ 3
💡さうだ⚡️ニッポン人に集ろう♡

















韓国大統領の支持率 2週連続で「不支持」が上回る
2019年8月30日 11時48分





◆日韓関係



韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の支持率は
先週より1ポイント下がって44%となり
2週続けて「不支持」が「支持」を上回りました
ムン大統領の側近をめぐるスキャンダルが影響する一方
日本への対応が支持率アップにはつながっていないことがうかがえます







韓国の世論調査機関「韓国ギャラップ」は、29日までの3日間、およそ1000人を対象に行った世論調査の結果を発表しました





それによりますと、ムン・ジェイン大統領を「支持する」と答えた人は先週より1ポイント下がって44%、「支持しない」は先週と変わらず49%となり、2週続けて「不支持」が「支持」を上回りました






またムン大統領が新しい法相に起用すると発表した側近のチョ・グク氏が適任かどうかという質問では、「適任でない」が57%、「適任」は27%にとどまりました







一方、日本への対応については「よくやっている」が55%、「よくやっていない」が34%、日本との軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄の決定については「よくやった」が53%、「よくなかった」は28%となり、いずれも評価されています






今回の調査結果からは、側近のチョ氏をめぐるスキャンダルが影響して支持率を押し下げている一方、日本への対応が支持率アップにはつながっていないことがうかがえます











イメージ 10








イメージ 9





イメージ 6
イメージ 7



イメージ 8




イメージ 5








イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4










イメージ 1
















☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆...


















Artist:The Marias








Title:I Don't Know You









Time:00:03:33











イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.



「TWICEミナは不安障害、仕事は選択していく」 事務所が発表
8/27(火) 10:49配信 

(写真:朝鮮日報日本語版)






【STARNEWS】女性アイドルグループTWICEのメンバー、ミナの健康状態について、所属事務所JYPエンターテインメントが説明した






【写真】黒でキメたTWICE、セクシーに登場!






JYPエンターテインメントは27日午前、ホームページ上で「複数の専門医療機関を通じて











確認した結果、現在のミナの健康状態に関する診断名は不安障害で在る事が判った」と発表











不安障害とは、極度の不安状態が継続したり断続的に発生し、不安状態のレベルも突然変わるという特徴がある。







JYPエンターテインメントは「ミナの芸能活動については、このような可変的な状況を前提に、ミナ本人をはじめメンバーたちとの話し合いを通じ









判断および決定していく。どうしても一部選択的にならざるを得ない点、ファンの皆さにご了承いただきたい」と求めた






最後に、JYPエンターテインメントは「ミナの回復のため、これからも引き続き最善の措置を取っていく方針だ」と約束した。

イ・ジョンホ記者











本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事