このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

憲法と政党!

         憲法と政党!

安倍首相が7月に予定される参議院選挙で「改憲を考えている」とし、「改憲勢力で3分の2を占めたい」と言明した。

私は、改憲については「9条の改正」論者であり、また憲法そのものについては「自主憲法制定」論者でもあり、この立場から安倍首相の参議院選挙における「憲法の争点化」に異論はない。

しかし私は、改憲の内容を問わないままにただ「改憲」というような抽象的な問題提起での3分の2の勢力獲得では、大きな意味はなさないように思う。

私も多くの保守の方々と同じように自主憲法制定を理想とはするが、日本政治が日本国民がまとまることができるような「超党派的憲法草案」を提示できるかどうか・・・という点については大きな疑問を禁じ得ないのである。
例えば自民党が示しているような憲法草案にしても、私からすれば国民主権を軽視したような、また支配者意識が行間にちらつくような内容では、とても支持できないのである。

全文改正となれば内容については議論の多々あるところで収拾は難しい。
こういった意味で憲法の改正や自主憲法制定といった場合の現実性については、なお時期尚早…語句が噛み合ってない…文章が煮詰まっていない…などなど時間的に大いに疑問の残るところである。

したがって私は、とにかくまずは日本国憲法の禁治産的条項である「憲法9条の改正」に的を絞って日本は改正を実現しなければならないと。

首相発言を受けて民主党の岡田代表などは相変わらず「改憲阻止、9条改正反対」などと「否定語」オンリーの言語障害状態である。
憲法は国の形そのものであるから、民主党の肯定する国家とはいかなるものか、国家防衛をどうするのか、自らの将来像を、理想を「肯定語」で語るべきではないのか。

民主党などは特にそうだが、なお自民党も含めて日本の政党はとにかく政治理念がわかりにくく、何を軸にして政党という集団を作っているのか、何を価値基準にして政策立案を行っているのか、政治行動を見ていて分らないところが多い。

この際、各政党も参院選挙に際しては首相の問題提起を受けて、自らの立ち位置や価値観を明らかにする意味で憲法草案を明らかにし、提起してほしいと思う。

維新の党も民主党との合流で「行政改革」の一端であった「公務員の昇給=反対」の旗を降ろしてしまったが、国民の目は節穴ではない。
「統治機構の改革」なども「憲法改正」の大きな理念の一つであったはずだが、自らの信念に反した頼りにならない政治行動をしか取れないならば、もうほとんど盲腸に過ぎない。

ここで相対的に浮かび上がってくるのが荒っぽい「おおさか維新」ではある。
9条改正については自民党と同じスタンスと言えるが、それ以外では富裕層優先の自民党と違って政策的には「中・下層的発想とそれに基づく改革案」が目に付く。
橋下代表が抜けてどうなるのか、衆参同時選挙になれば橋下氏が出てくるのか・・・。
未知なところの多い「おおさか維新」だが、今のように役に立たない無力な野党ばかりなら伸びる隙もあるだろう。

参院選挙を前に各政党は憲法草案を示すことで政党としての団結軸を明らかにするととともに、良いように中国のチョッカイを許している尖閣の現状と憲法9条との関連を合わせて責任ある答えを出すようにしていただきたい。

「9条改正」に関する限り首相の問題提起は、政党はもとより国民も一日も早く明確な答えを出し実現を図るべきである。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私は安倍政権の間に「憲法改正」までは何とか持って行ってほしいと考えています。
非難はしても結局第二次安倍内閣以降に外交も動いてきてますよね。
ロシアの窮状も北方に繋げるべきですね。
アメリカ一辺倒では常にキャスティングボードを握られたままですから・・・北の瀬戸際とまでは言いませんが・・・国益の為に深謀遠慮あっていいのではないでしょうか?

2016/1/11(月) 午後 6:55 [ 天空 ] 返信する

顔アイコン

天空さん>

外交・安保に関しては、安倍さんの手腕に期待せざるを得ないところですね。
他の誰がやってもここまで政局と政治の主導権をとることはできなかったでしょう。

2016/1/15(金) 午後 4:51 [ 帝王の涙 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事