このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

核武装論!

                核武装論!

北朝鮮、中国、ロシア…アジアにおける「無法国家」そのものという気がする。
無法国家が力を武器にやりたいことをしている観がある…。

北朝鮮は核とミサイル実験…国際社会が何を言おうと着々と進めて馬耳東風…。

中国は、南シナ海での浅瀬埋め立てによる新領土、領海、領空をでっちあげつつある…。
と思っていたら、今度は西沙諸島でミサイル基地を作っていると言う。

まだ習近平が「平和施設しか作らない」とオバマに言明したのは昨年だったではないか…。
オバマもアメリカも舐められたものだ・・・。

仕方がないか…つい先日もアメリカがASEAN首脳を集めたが、中国非難をまとめきれなかった・・・。

北方領土で駆け引きの続くロシアも、クリミヤウクライナに続いてシリアでも有無を言わせない徹底した軍事力を使うことで大国・強いロシアの影響力の復活を図っている。
北方領土は戦利品と威張る始末である。

この性質(たち)の悪い元・現の共産主義・全体主義の独裁国家どもの無法・暴力を何とか食い止めることはできないのか…。

すべての外交交渉に元世界警察のアメリカが絡んでいるが、アメリカに実力行使をする素振りもないから、約束は破られっぱなし、舐められっぱなし…。
アメリカのコントロールはもはや効かない…。

具合が悪いことに、この暴力無法の3カ国に日本は囲まれている。
アメリカが舐められるくらいだから日本などは言わずもがな…。

彼らの無法・暴力を止めるポーズをするだけなら外交交渉を訴えていればいい…。
交渉のテーブルに着くだけ…。

しかし、彼らの無法を本当に止めなきゃならんと思うなら、効果のないことが分かっている外交交渉以外にも本当に有効な手段を模索しなければならない。

韓国では「核武装論」が高まり、世論調査では核開発論やアメリカの核の配備論が過半数の支持を得ているというが、当然のことだろう。
夢のような南北統一論に浮かれ、ケソン工業団地ではないが、核開発する北朝鮮に韓国が一生懸命に資金援助していたなどと…笑い話にもならないことが行われていた…。

こういうことをする国に囲まれた日本であることをしっかり見ないと、今度は日本が夢見るお花畑ではないが笑い話の種にされる…。

日本は自ら何も努力をしないまま、あらぬ夢を外に描いてアメリカ期待論や中国期待論でうまくいく・・・ような世界ではないことを知らねばならない。

閉じる コメント(13)

顔アイコン

日本がウクライナにならない保証は何処にもないですね。
恐らく日本に対してもロシアは容赦なくミサイルを撃ち込むでしょうね。
そこまで行くと全面戦争をさけたい米は今のウクライナ状態で口先介入するだけでしょうね。

2016/2/18(木) 午後 3:41 [ 天空 ] 返信する

帝王の涙さんは日本の核武装についてはどうなの?
核兵器は100年保証のプルトニウムやウランだけでは威力が低いから今や原爆の戦略兵器としての価値はない。
実用的な核兵器(水爆)には三重水素という半減期12年の核物質が必要で、当然ながら核配備を続ける限り、三重水素の交換が定期的に発生し、それに伴う核廃棄物が蓄積される。
核廃棄物を問題にする限り、核武装には反対だと思うけど、商用はダメで安全保障なら構わないとか言うダブルスタンダードじゃないでしょ?

核廃棄物がダメってのは、核武装をさせないためのレトリックだし。
まあ、私の場合はプルトニウム精製ややウラン濃縮に反対だから、構造やコストの関係でそうした行為が不要、不適当な次世代原発を支持してるんだけども。

2016/2/18(木) 午後 5:02 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

> 天空さん

戦後70年を平和で来たことの理由を知る必要がありますね。
良くても悪くてもアメリカの戦力に守られていたからで、憲法が戦争から日本を守ってくれたなどと言えば、国際社会はきっと面食らうことでしょうね…。
21世紀という時代に、本当にこのような全体主義・専制主義・粛清国家が闊歩しているというのが信じられないですね。

2016/2/19(金) 午後 0:46 [ 帝王の涙 ] 返信する

顔アイコン

帝王の涙さん、こんにちは。

核武装論は、冷戦時代の幻想だと私は、思っています。

自分も核を持てば、相手は攻撃出来なく成ると言う幻想です。

バスの事故で、希に心臓が止まって運転手が意識不明に成りそのバス事乗客は死んでしまいますね。

この事は、核のボタンが心臓病か精神病かを持つ人が運命を握っている事に成り、その人の意思は、心臓が止まれば、押せなく成り、精神病ならば、意思とは違う行動をとってしまう事に成る訳です。

ですから、こちらが核を持っても、持たなくても、核ボタンが押されるのかも知れないと言う事を意味しています。

アメリカは、日本に照準を合わせていないと本当に言えますか?

北朝鮮は、日本を属国にすれば、大きな利益を得られるのに、遠いアメリカならば、核の被害も少なく、それに怯えた日本は、北朝鮮に従うと考えれば、日本に本当に核ミサイルを撃ち込むかと考えるのです。

可能性の問題ですが、無い確率を多く考えて、ある確率を過小評価し過ぎると大きな判断ミスを起こすと思うのです。

例えば、北朝鮮が裕福に成れば、核の事等考えなく成ると思っています。

2016/2/19(金) 午後 1:38 [ 犬のうわ言 ] 返信する

顔アイコン

ー続くー

原子力発電所の建設を全面協力する事で、福島原発の規模の発電所は多く成る訳です。

自然と言う大地震が、福島原発を事故に導き、人の住めない地域にしましたが、北朝鮮に、原発を多く作ってあげる事は、北朝鮮を裕福にして、日本から何かを奪いたいと思う気持ちを少なくしますし、実は、密かに核武装をしている事に成るのです。

日本は人工衛星を上げられる技術とミサイルを作れるのですから、核を持たなくても北朝鮮にミサイルを打ち込むだけで、原子力発電所を多く作れば、福島の様な人の住めない地域にする事は可能だと思っています。

逆に言いますと、北朝鮮は、福島原発の事故を観れば、ミサイルだけで、核攻撃したと言う実利はもう持っているのです。

安倍首相が、今から北朝鮮にするべき事は、原子力発電所を作る為の協力をしてあげる事で、相手が攻撃したいと思わなくする事と、同時に何時でも核ミサイルを撃ったのと同じ実利を密かに企てる事です。

そんな核武装を国会の中で論議せずに、密かに話し合う政治家の出現を願っているのですが、そんなクレバーな政治家が要る筈無いですよね。

2016/2/19(金) 午後 1:45 [ 犬のうわ言 ] 返信する

顔アイコン

> ぬくぬくさん

戦争を避けるためには、どんな選択肢も排除すべきとは思いません。この意味で核武装も選択肢の一つと思っています。
戦後70年、核を使った戦争は起きていません。

核を例え持ったとしても、今までのところ使えない兵器であることを実証しています。
むしろ、そういう象徴的機能の方が大きいのかもしれないですね。

かつてのキッシンジャーさんもハンチントンさんも、同盟国とは言え他国のためにアメリカの核は使うべきではない・・・とハッキリアメリカの国益を損なうことを明言していました。

先日のクリントンさんの公開文書も「中国と日本の戦争に巻き込まれるのは嫌だ」というニュアンスでした。

そういった場合に日本は、どうすべきなのでしょうか…。

2016/2/19(金) 午後 1:49 [ 帝王の涙 ] 返信する

顔アイコン

> ぬくぬくさん

核武装と言っても色々な方法があるようです。
有事になれば、ドイツのような方式もあります。

しかし、私は核武装是か非かも重要な問題とは思いますが、日本の現状はその前に、核アレルギーや戦争アレルギーを取り除いておかないと、世界の現実も直視できないし、ましてや軍事に関する議論さえタブー視するようでは・・・とても議論にならない気がしています。

私は原発に関してはダブルスタンダードです。
研究開発も欠かせないと思っていますし、原発被害も最小にとどめるべきだと思っています。

2016/2/19(金) 午後 1:49 [ 帝王の涙 ] 返信する

ダブルスタンダードって・・・
だから感情論に流されるのかな。
日本はドイツ式の核シェアリングは不可能。
ドイツに配備されていたパーシングでモスクワが狙えるわけではない。
日本が必要としているのは平壌や北京が狙えるミサイル。
パーシングならば現場の司令官にボタンを預けられる程度の兵器だから他国が保有しても問題ないが、敵国の中枢を目標とするミサイルは国家意思に関わるからボタンを他国に預けられない。
敵国の中枢を目標とするミサイルは、保有を望む国が一切の責任を持ち、ミサイル、核弾頭、発車ボタンの管理をする必要がある。
その様な核保有国は当然ながら、核の傘を周辺友好国に提供し、他国の為に血を流す覚悟も必要になる。
その理解があって話をしているのだろうか?

アレルギーを払拭しても、日本の世論が他国の為に血を流す事を容認する環境は整わないのではなかろうか。
安保論議で本音を剥き出しにして語る総理を見ると、残念ながら悲観するしかない。
本来なら、あの場面ではアメリカやロシアのように人道や友好国援護という分厚いシロップで国益保全という本音を覆い隠さなければならないのだが・・・

2016/2/19(金) 午後 2:25 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

> 犬のうわ言さん

すごい深謀遠慮ですね。
それぐらいの柔軟性をもって外交を展開することができれば、日本外交も面白くなりますね。
いかにも作戦と言う感じがします。

それにしてもこの世界の多くの対立…互いに豊かであれば半減することでしょうね。
でも、中国は豊かになって摩擦をおこす国になりましたね。
なかなか一筋縄ではうまくいきません・・・。

2016/2/20(土) 午前 10:03 [ 帝王の涙 ] 返信する

顔アイコン

> ぬくぬくさん

原発のダブルスタンダードは現実論です。

核については、ご指摘のように日本自身の環境が整っていないですね。
実際日本を取り巻く状況がどう推移するのか、東シナ海に対する中国の出方など、その時が近づかないと日本の世論がどう収れんされていくかわかりません。
状況に大きく左右されることと思っています。

2016/2/20(土) 午前 10:16 [ 帝王の涙 ] 返信する

顔アイコン

帝王の涙さん、こんにちは。

先日のコメントの続きですが、原発反対を私は、主張しています。

その理由は、福島原発の事故で、立ち入り禁止区域だけでなく、首都圏も高い数値が出ましたので、日本に50以上ある原発を標的にされたら、殆どの国が、核弾頭を持とうが、持たなくても、ミサイルの開発だけで、日本は核爆弾を落とされるのと同じ様な環境にあるのです。

ですから、原発の技術をドンドン世界中に広めて、世界が豊かに成ると同時に、核の脅威を知らない内に持たせる様にしたい訳です。

そして、太陽光等の自然エネルギー利用の開発が急務であり、原発を今閉鎖すると決議すれば、待った無しで原子力の処理に関しての研究開発が急ぐ事に成り、また、核の脅威が無く成る事でもありますし、イギリスで起こった産業革命は、枯渇燃料の石炭や石油に拠って起こったエネルギー革命でもあった訳ですが、新エネルギー革命として自然エネルギーである太陽光等の技術力開発が促進する訳です。

すると、資源力の無い日本が初めて、自然エネルギーと言う世界に頼らずにエネルギー供給をタダで確保出来る事に成ります。

2016/2/20(土) 午後 4:00 [ 犬のうわ言 ] 返信する

顔アイコン

ー続く1ー

そうすると原油高、株高、円高等で、グローバル経済が、及ばない鎖国されても豊かに暮らせる国に成ると言う夢を持っています。

しかし、その豊かに成る技術は、外交政策上、日本の脅威に成らない国に対してだけ教授していく事で、平時のリーダー国に成り、その分野での先進国に成る訳です。

国内だけでなく、輸出はこの新エネルギー産業革命で、日本は、先進国として世界を席巻できると思っています。

勿論、雇用創出で失業率が下がり、それこそ難民を受け入れても国民のGDPもトップと成るでしょうね。

新自由主義とは違い、先物取引や株式、金融と言う虚業で無く、実業が、国力を強くするのですから「平成の富国強兵」に成り得ると思っています。

強兵の部分とは、他の国を豊かにする事で、戦争が少なく成り、他の国の兵隊は、リストラするしか無く成り、日本が享受する新エネルギー新産業革命の事業で働く事に成り、豊かに成れば成るほど、人間とは規律が緩む事に成るのです。

日本が良い例だと歴史が証明しています。

中国は日本の10倍の人口と格差の問題解決で、特に貧困層の解決が急務ですよね

2016/2/20(土) 午後 4:23 [ 犬のうわ言 ] 返信する

顔アイコン

≫ 犬のうわ言さん

私は歴史の進化論に対して単なる変化論を長い間唱えていました。
前にも話したかもしれませんが、人間の幸福感は、物が不足した紀元前の時代にあっても存在したはずで、人間にとって最大の問題が幸福と言うことにあるのであれば、人間は進化論などは信じない方が幸せである。
つまり、環境と心のバランスさえとることができれば幸福感は得られるということが言えるのではないか…。

このバランスが取れない世界では、科学が進み物質が溢れても、幸せな社会にはなれない…今の世の中は、このバランスが崩れている…中央と地方、金持ちと貧乏、…等々…。

だから自然に恵まれた日本は、もっともっと自然に帰る…エネルギーも、そして世界一などはどうでもいいからグローバル化も捨ててローカル日本の確立を・・・オンリーワン国家に。

自然国家と言う意味で私は大賛成ですね。

2016/2/22(月) 午前 11:12 [ 帝王の涙 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事