このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

                富士山の初冠雪に疑念・・・

イメージ 1

写真は11月3日の富士山です。
とても上品な雪のかぶり方をしていますね。

でも、今年の富士山の初冠雪の報道は、おかしかったですよ。

初冠雪は山頂付近に広く雪が積もり、ふもとの甲府気象台から初めて見えた時を言うのだそうですが、甲府気象台から見えるとか、見えないとかで判定しているなんて…。
原始的で面白いと言えば面白いのですが…。
そのような判定が気象の公式記録に残るのであれば、ちょっと科学にはふさわしくない・・・問題があるんじゃないですかね。

そんなことが今年はあったのです。

甲府気象台は、10月26日をもって初冠雪と発表しました。
テレビや新聞は、平年より26日遅く、1894年以来最も遅い初冠雪で、これまでの最晩記録1956年10月26日と並ぶ遅さと報道しました。

しかし、しかしですよ…甲府からは見えなかったようですが、富士山のふもとの町富士吉田市から、すでに9月25日には富士山初冠雪の発表があったのです。
富士吉田市では、甲府から見えない場合もあるとして独自の観測を続けてきています。

富士吉田から見た初冠雪が有効であれば、科学としての富士山の記録としてはおかしい記録が残ることになります。

まあ、しかし、…どこか天文学的で、のんびりした話だなと思えば…それもありでしょうかねえ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事