このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

     戦争から身を守るために!

ブログ友の「髭さん」から北朝鮮危機に対し「民間防衛」の一例として、原発にミサイルが命中したら「先ずは風向きを考えて・・・」、また不幸にも核ミサイルが撃ち込まれたら「半径4キロは壊滅、爆風や放射線被害は20キロ程度・・・」との具体的な知識を頂いた。

国民に対し国も何もしていないわけではない。
下記のような「国民保護」の広報をインターネットでも流しているのだが、昨日も触れたように、石破元防衛大臣の言葉ではないが、「戦争から身を守る訓練をすることを国民が許さない…」を理由に、政府は多分に戦争に関する「民間防衛」にはサボタージュをしてきたことも事実だ・・・。

政府広報の名称も「国民保護」となっているが、国際的に言うなら「民間防衛」ということの言い換えである。
自衛隊が日本では軍隊を意味しないが、国際的には「軍隊」であることと同じである。
憲法9条のために、日本の軍事用語は国際的に全く通用しない言葉で言い換えられている。
憲法9条のために、国家の最も重要な基本的事実が言葉によってごまかされ、事実のままに伝達できない状態のまま・・・。

政府が広報する「国民保護」の内容も具体性に欠けるが、指針にはなっている。
テレビはようやく「民間防衛」を取り上げ、政府や国民自身の努力の範囲を言い始めている。
新聞もそろそろ具体的に「民間防衛」を取り上げるべきではないかと思うのだが、相変わらず主語が不明の第三者的解説記事ばかりである。
戦争の当事者にされるかもしれない主体的な立場=真実から逃げているように思える…。

朝鮮半島周辺がこれだけの緊張関係の中にあって何の準備もしないというのでは、余りに「お花畑」である。
戦争の好きな人などいるはずもなくみんな嫌いなのだろうが、個々人の意思には関係なく歴史のページがめくられる・・・。
せめて国民は被害が生じても最小に食い止められるように努力はすべきだろう・・・。

と思って、政府の「国民保護」つまり「民間防衛」のポータルサイトを紹介しておきます。
時間が有ったら、ご覧ください。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

帝王の涙さん、こんばんは。

「平和ボケ」と言う言葉は、日本国民の為の言葉だと私は、思っています。

平和を大切に思う事が、本当に大切だと思うならば、その平和を守る為に用心する事を考えるのは当たり前の事だと思うのです。

東日本大震災が、起きた時に、その後に解った事や用心しておく事を日本人の多くが、知っていれば、もっと悲惨な国民が少なかったと思う様に戦争が起きたらどんな事に普段から気を付けて置く事は、必要な事ですよね。

これは、与党も野党も右派も左派も無く国民全体の問題であり、「呉越同舟」と言う言葉の様に敵味方であっても同じ船に乗っている事位は理解して、譲歩と妥協して、安保の事を考えるべきですね。

2017/4/25(火) 午後 6:21 [ 犬のうわ言 ] 返信する

顔アイコン

> 犬のうわ言さん

台風にしても、それに備えた人の家と何もしない人の家では、結果はずいぶんと違うでしょうね。

備えあれば憂い少なし…ですね。

今は、日本が目を覚ますチャンスだと思っていますが・・・なかなか歩調が合いませんね…。

良きリーダーがいない…。
良きリーダーが育っていない…。

2017/4/26(水) 午後 3:48 [ 帝王の涙 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事