このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

首相の憲法改正

    本丸は「9条の改正」にあり!


5月3日の憲法記念日に、安倍首相が「1項の「戦争放棄」、2項の「戦力の不保持」を残しつつ、第三項に「自衛隊の存在」を記述する、ということを議論してもらいたい」と述べたことが報道された。

「憲法違反が明々白々な自衛隊の存在」に法理的根拠を与える努力は法治国家として当然なことで、そもそも今まで「憲法9条と自衛隊との関係」が放置され続けてきたことが異常であった。

平時には自衛隊は軍隊ではないと言いながら、有事には「軍隊の機能」を期待するというあまりにも身勝手で卑怯な矛盾を日本及び日本国民は生きてきた。

元より憲法は「国の形と運用」を規定する根本法である。
この根本法たる憲法が目の前の現実・・・今で言えば朝鮮半島の危機・・・あるいは尖閣列島の危機…つまり、日本の平和と安全が脅かされている現実を前に・・・その平和と安全を守るために目指すべき政策を目指せなくさせている憲法…憲法9条の存在・・・。

安倍首相は「9条」とともに「高等教育の無償化」を憲法規定に挙げたが、「高等教育の無償化」などは法律で対処可能であり、国の在り方の大枠を決める憲法規定の性格から言えば、こまごまとした問題まで憲法に規定する必要はない、と私は思う。
安倍首相の「教育の無償化」提案は、「憲法9条の改正」に向けた陽動作戦・・・維新の会や民進党の一部の支持を狙ったものとは思うが、先の「憲法改正96条のハードル下げ」改正もそうであったが、「教育の無償化」もそれ自体が目的というよりも手段的要素が強く、改正の本質問題ではない。

どうも国民に対して素直でストレートな問題提起となっていない・・・。
「憲法改正」の本丸は「9条」にある。
持って回った策を弄することなく真正面から国民と向かい合って国民を説得すべきである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事