このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

民進党の創造的解体

民進党の創造的解体

民進党の前回の党首選挙は、去年の9月だった。
1年も経過しない内の党首の辞意表明は、同志的助け合いもなく不安定だった民主党政権時代を今もそのままに何も変わっていない民進党的体質の冷たさを思い出させる。

民進党になって初めての党首選だった前回選挙で印象に残っていることは、前原候補の政見発表の中での言葉だった。

「八百屋のおじさんに言われた言葉が忘れられません。
『いくらきれいなことを言っても、あなた方の言葉には聞く耳を持てない。
あれだけ期待したのに、あの民主党政権はなんだったんだ』と言われたこと…」
そう述べた後、前原候補は、「自分は(みんなの期待を裏切った)戦犯である」とも言ったことであった。

小澤一郎氏が「民主党が政権を取るのはまだまだ早い」と言った言葉があったが、それが政策よりも何よりも党運営=足元の議員仲間の在り方=政治運営の基礎的な力の未熟さを指摘する言葉であったことに気付いた若手の領袖はいなかった。

優秀なばかりにそれぞれが自分の力は偉大だと思い、それで政権を握ったと勘違いし、ドブ板だの檀家周りだのと偉そうにかつ大きな顔をして指導する前時代的な小沢手法に従うことを嫌った・・・。

左派右派共存でただでさえまとまりが見られない党内事情であれば、小沢氏の強引な手法が民主党推進の求心力になっていたことを認める者もいなかったし、認める潔さを持ち合わせる者もいなかった…。

未だに仲間同士が信じ合えないから、「9条改正」も本気になって論議したことがない・・・。
これだけ日本を取り巻く状況が危険な様相を見せているのに、物理的≒現実的な日本の安全保障の方策を示さない・・・。

多数を握った方に少数の方が従う原則よりも、負けても従わないことに美学を見ているかのごとくだ…。

だから、私は「日本のためには民進党は早く解体してほしい」という意見だ。

前原候補が例に挙げた八百屋のおじさんの言ったことの真意は、「だから、戦犯は立候補してはいけない」と続く文脈であったように私には思える。
戦犯は大けれど、民主党政権時代に少なくとも閣僚を経験したものだけは、つまり枝野議員も前原議員も立候補すべきではないと思う。

今のままでは候補者は、全く小林旭の「昔の名前で出ています」のままだ。
戦犯が過去の誤りを謝罪しようと新しい政策を打ち出そうと国民の目には昔のままで、何の新鮮さも進歩性も感じない…。

私は金持ち優遇政治しかできない自民党とは違うアンチテーゼとしての民主党に「共同体社会・日本」の構築を期待したが、足の置き場も目線の向かい先も昔のままで大きく違う二つの集団と思えば、何の期待もできない。

支持率3.8%などと言う破廉恥の中の民進党。
つまり、国民にとっては不要な政党ということであろう。

ブログ友の「犬のうわ言」さんが、国民の信頼を得る手段は「言ったことは必ず実行すること」と言っていたがその通りと思う。
そしてその実行とは、少し古い気もしないではないが人間関係として「小沢一郎氏との和解」が国民には最も分かりやすい民進党の変化の一つではないかと思える。
(今の民進党には、そんな気力もないだろうが…。)

それともブログ「連帯する日本」で大二郎さんが言っているように「民進党の自民党と協調する外交政策への大転換」でも打ち出すなら、国民の目は「質的に進化した民進党」を大きく意識するかもしれない…。
(これとて今の民進党には現実感のかけらも感じないが…)

で、これらができないなら、やはり「解体」しかないのでは…。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事