このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

 

気力・迫力 自民党と民進党

第3次安倍改造内閣が発足した。
記念撮影ではいつも何か勘違いをしているのではないかと思わせるファッションショーのような女性大臣を見ることもなく・・・つまり、政治の本質を思いみんなが悔い改めたのか、地味ではあったが全体では無難な陣容であると思った。

安倍首相には、もう韓国ドラマのような「身内びいきの政治」はご免である。
神妙な姿勢で組閣の哲学を語っていたが、権力者の奢りを悔い改め、つまり堕落した精神を叩き直し、本当に国民の幸福を標的としたプロフェッショナルな政治の道を築いてでほしいと…半ば無理だろうとは思いながらもそう期待する…。

それにしても安倍首相には、3期9年の総裁任期を可能にしてくれた党則改正に応えるべく「首相9年」に向けた必死の形相をその顔に伺うことが出来る。
「憲法9条の改正」という使命感も失っていない。

それに比しての民進党・党首選の無気力な堕落ぶりはどうか。
支持率の低下が止まらない自民党を前に、これまた支持率の低下が止まらない民進党の深刻な状況・・・。
なのにプラスのイメージなど何もない民主党政権時代の再現を彷彿とさせる前原、枝野の両氏が立候補という。

一体どのような情勢認識をしているのか…。
世論調査に現れる自民党に対抗する野党が必要という国民の声が何も分かっていない…。

小勢力に衰えてしまっているのに、未だに大世帯のように派閥グループでいがみ合っている。
みんなで選んだ「蓮舫」なのに、盛り立てようともしないし守ろうともしなかった…。

政権時代の失敗に対し派閥のトップたちが責任を取らないで未だに居座っているから新陳代謝がなく後継が育っていない。
嫉妬などが渦巻く自民党にあってさえ小泉進次郎氏を見るまでもなく後継育成には熱心である。
民進党にも民進党の小泉進次郎がいると思われるが、他グループであっても後継者に相応しいと思える人のために心配りをするという話を聞いたことはない。
つまり、心が狭小なのである。

これを否定するなら、第一に「小沢一郎氏と和解・合同できるか」を問いたい。

第二に、たとえ考え方が違っても多数決で決めたことには、積極的に協力し従うことを誓えるか。

どちらも期待できそうにないから、民進党には全く将来性が感じられないのである。
だから、日本の国益を考えると、早く「解体」した方が国民の利益になるという結論になる。

私は、自民党の「金持ち優遇」の内政には全く反対であり、共同体的な公平・公正な政治体制・社会体制の実現を望むものであるが、社会に責任を負わないような、無責任でも許されるような党に安住する民進党をおもえば、一日も早く解体ないし解散される日が来ることを願わざるを得ない…。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

健全で強い野党が欲しいもんです

2017/8/4(金) 午後 2:07 [ 道後 ] 返信する

顔アイコン

> 道後さん

政権取りに必死になる野党が欲しいですね。

責任がとらなくて済む野党に安住しているような議員も政党もいりませんね。 削除

2017/8/9(水) 午後 0:03 [ 帝王の涙 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事