このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

五輪のお花畑

五輪のお花畑

皮肉なことだが、時に北朝鮮は大した国と本当にそう思ったりする・・・。

国名からしてそうだ。
「朝鮮民主主義人民共和国」が正式名称というが、どこをどう見ても民主主義社会ではないし、共和国でもない。
共和国を名乗るのであれば、国民が和して共に国家を所有する制度・状態である必要があるが、北朝鮮はどう見ても「金王朝」のものであるし、正しくは「金王国」、「世襲制君主制独裁王国」と言うべきであろう。

それでも民主主義を名乗ったり、共和国を称したりしていることは、民主主義や共和制の正しさを認めている証左でもあり、逆から見れば「金王朝の非正当性」を知るからこその隠蔽・詐称とも言える。

などと、北朝鮮の皮肉を言って喜んでばかりいられない状態が続いている。
核とミサイル危機を前にした韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の北に対する売国的な媚態外交姿勢が問題を生んでいる。

金正恩の肝いりで造成されたスキー場での合同訓練を韓国側から提案した。
アイスホッケー女子の南北合同チーム結成も韓国の提案だった。
「金王朝の体制宣伝」に韓国は自ら手を差し伸べた・・・。
そして軍人からなる美女軍団の音楽隊や応援団も「体制宣伝」にやって来ると言う。

韓国人自らが「これでは平昌五輪でなく平壌五輪だ」と自嘲する始末となっている。

挙句に金正恩は世界の注目が集まる五輪開会の前日を「軍の創建記念日」に指定し、核とミサイルでの国際的地位向上を軍事パレードで示威するという。
好むと好まざるとにかかわらず、日米韓は姿勢をともにして北に向かい合わざるを得ない地政学的位置にあるにもかかわらず、韓国・文在寅の姿勢は誠に腑に落ちないところである。

韓国は何を考えているのか、安倍首相は結局韓国に行くことになったが、行く以上はこういった点について問いただすことが必要である。

北の名目GDPは、国連によれば2016年で168億ドル、一人当たりは665ドル・・・・・。
2016年の日本のGDPは4兆9474億ドル、一人当たりは3万8968ドル・・・。
国家経済規模で日本の約1/300、一人当たりGDPでも約1/60・・・。

そんな北朝鮮でも、「金王朝を守る」ためには、国力を集約し、特化し、国民の犠牲を伴っても、核とミサイルを開発してきた。
「金王朝を守る」ためには何でもする構えである。

韓国文在寅大統領は、夢にも夢を見てはならない…。
そんな状況にあることをユメユメ忘れてはならない…。











この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事