このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

         米朝会談・軍事力の平和的効果

うちわでは揉めていても、安倍首相が外国に行くとなれば、挙国で応援せざるを得ない。
今回の日米会談は、特に「米朝会談」を前にした会談であるから一層重要である。
核・ミサイルに加えて、日本には解決を急がねばならない「拉致問題」がある。

幸いに、トランプ大統領は日米会談で「米朝会談では拉致問題を取り上げる」と言明してくれた。
何もできないままにただ時間を経過させてきた日本の現状にあって、大統領の言葉は事態打開への最後の希望をつなぐものである。
予断は許されないが、日本国民としてはトランプ大統領に期待せざるを得ない。

本来、自国国民が外国政府に拉致されたまま取り返せないなどという事はあってはならないことで、国家の体をなしているのかという疑問さえ禁じ得ない日本の現状なのである。
軍事力をバックに持たない外交の限界というものであろう。
何をしても抵抗も反撃もしない日本という事になれば、北朝鮮の拉致だけではなく、尖閣に対する中国、竹島に対する韓国、北方領土に対するロシア・・・みんな不法なことをやりたい放題している。

今回の「米朝得談」が実現を見た最大の要因が圧倒的な『アメリカの軍事力』にあったことを思えば、日本も「軍事力の持つ平和的側面」を現実的効果をもつものとして再考すべきであろう。

憲法9条が、拉致を解決したり、尖閣や竹島、北方領土を解決することなどはありえない…だろう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事