このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト ]

「死に体」の日本政治

        「死に体」の日本政治

「米朝会談」を前に、先週は「日米首脳会談」があった。
明日は、「南北首脳会談」が開かれ、その後、南北会談の結果報告で米「韓会談」が予定されている。
まさに朝鮮半島を中心とした東アジアの安全保障環境が新しい秩序を求めて激しく動いている。

この重大事に、日本国会は半身不随状態で死に体である。

この時に、与党幹部は「解散」をもてあそんだ発言をしている。不埒な態度である。
野党の希望の党と民進党に至っては、この国情をよそに、私的な動きとは言わないが、選挙に備えた新党設立行動に精力を傾けている。
立憲民主党を中心にした野党は、1麻生財務相の辞任、2.柳瀬唯夫・元首相秘書官の証人喚問など4項目について納得のいく回答が無い限り、審議に応じられないと主張している。

もとより、今日混乱の原因は、政府・自民党の体たらくにあることは間違いはない。

しかし、政権のイメージダウンばかりを狙い、将来に向けた創造的な提案を持たないこのような野党の姿勢では、国民の支持も理解も得られないだろう。
内閣支持率が落ちる中で、野党の支持率も落ちている現状を厳しく見なくてはいけない。

今、日本が直面している北朝鮮の拉致・核・ミサイルの帰趨がどうなるのか、これ以上に重大な問題はないだろう。
内政問題は、その気になればいつでも対処できるが、しかし、外交問題は相手国のあることで、そのタイミングを見逃すと、なかなか次のチャンスは巡ってこない。

野党は、これをこそ、今政府にただすべき論点でなければならない。

野党は、北朝鮮問題でどのような解決策を用意しているのか・・・それを国民に示さなければ国民の信頼は増大しない…。

自民党の体たらくを国民は知っているが、かといって野党も体たらくではないかというのが、この国の不幸なところである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事