このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

        ほころびの目立つ安倍外交



世界を俯瞰する外交などと銘打ってきた安倍外交だが、最近はほころびが目立つ。

トランプ大統領を国賓で迎え日米同盟の揺るぎない絆を内外には見せたものの、貿易問題ではドライなトランプ大統領には通用せず、「アメリカはTPPには無関係」と言われハードルの設定で守勢に立たされている。

ロシアとの関係でも、安倍首相が「ウラジミール」と親しく呼び、信頼もし期待もして提案した「2島返還」だったが、プーチン大統領は受け入れるどころか、かえって足元を見られ返還のハードルを上げられてしまった・・・。
日本の主権の問題に過ぎない日米安保条約の存在を絡ませられ、かえって「領土返還の可能性」を遠くに押しやってしまった。
進前進どころか後退させてしまった…。

私は、安倍提案は国益を損なう変節の「2島返還・2島放棄論」の理解にあったから、却ってプーチンの拒否にあい「良かった」と思っている。
先祖伝来の土地=国後・択捉を国民に対する説明もないままに「放棄する」権利など一時の政府に過ぎない政権にあろうはずもない。

戦争を拒否し領土問題を平和裡に解決するには、歴史的時間を要することを念頭に置くべきである。一時の政権に過ぎないのに、悠久の歴史を紡ぐ領土を勝手に放棄し、公の理由もなく自分の人気取りの材料にするなどは、もしそうであれば以ての外のことである。

プーチンとはお友達のつもりでいる安倍首相と思われるが、トランプに劣らず、プーチンも国益のためにはドライで悪役を平気でこなしていく…。
「2島返還提案」にどのような見通しがあったのか知らないが、その後の経過はあまりにも情報不足の日本外交を露呈している。「領土放棄」という国益まで毀損しての提案であったのに、その後の展開はあまりにもお粗末としか言いようがない…。

今回の「2島提案」は日本の領土交渉の汚点となり、今後の領土交渉をより厳しくするものである。少なくとも政権が変わらなければ国是でもあるはずの「4島返還」に戻ることはできないだろう。
「尖閣」や「竹島」問題にも、誤解を与え、悪しき影響が考えられる。

最近の共同通信によれば、そもそもソ連は「サンフランシスコ平和条約にソ連の主権が明記されていないことに領有の危機感を持ち、1955年の日ソ交渉開始前のソ連共産党中央委員会幹部会では、対日交渉では先ず主権の確認を求める」との記録の存在を報道している。
現ロシアも、基本的にこの弱点を意識した交渉姿勢を受け継ぎ「先ず4島のロシアの主権を認めろ」と日本に迫っている訳である。
日本はそこを責め続ければいい。

日本外交の情報に対する軽視は、目に余る…。
外交戦略もないままの希望的観測に支配された感覚的な気分外交にも見える。
感覚的だから、4島返還の2島への変節も説明がない…。
ついでに言えば北朝鮮に対してもそうである。
先には「国難突破」とまで言って解散したのに、今度は「無条件対話」を提案している。路線転換の説明は何もないままである。
そして、どのような見通しがあっての路線転換と思いきや北朝鮮からは「図々しい提案」と一蹴されるお粗末さである。

この伝で言えば、中国に対しても「友好姿勢」を見せる安倍内閣だが心配である。
自民党幹部の面々は自派パ−テイなどで手放しで「日中友好」を歓迎しているが、中国にしてみれば、アメリカとの対立の副作用で日本に顔を向けているだけである。
何も日本の価値を見出しての行動ではない。
米中関係がうまく行くようであれば、日本には遠慮することなく「尖閣」で牙をむいてくることが予想されるのである。

外交戦略もなく、ただただ誰からも嫌われることの無いように八方美人外交も時には良いかもしれないが、国益が錯綜し、隣国と係争する課題を抱える日本にあっては、説明もできないような軽率な外交は許されるものではない。

有効な作戦を組むには冷徹な情報収集が生命線である。
日本の国益を第一に考える外交戦略の確立に向けて、外務省も防衛省も情報収集・分析のレベルを格段に上げる必要に迫られている。

開く コメント(0)

 令和と首相

        令和と首相

イメージ 1

令和という時代になって1か月が過ぎた。

令和という元号を取捨選択したのは自分だと言わんばかりの背景説明をしてきた安倍首相だが、元々の考案者の中西進氏の『令和』という言葉・文字の意図するところがよく分かっていないのではないかという危惧を覚える。

中西氏によると、「今は国家・社会に目標もなくしたがって規律もなく、堕落した自由が野放図に闊歩している時代である。これではいけない。次の時代は、日本全体が美しく調和した社会を意味する「令和」を目指すべきであるという意味で『令和』を提案した」と提案趣旨を説明している。

安倍首相は、これをどのように理解しているのか、哲学的な説明をしてもいないので定かではないが、「日本全体の調和した美しさ」という意味から言えば、少なくとも格差社会を推し進めるアベノミクス政策の放棄は、避けられない最低線の条件と思えるのだが、首相にその兆候は全くない…。

少子化問題にしろ、高齢化社会の到来にしろ、間違いなくやって来る問題であることを知りながら、政治は何らの有効な対策を打つこともなく・・・今や「何もしてこなかった平成30年時代」という評価は定着しつつある・・・。

この責は与党はもとよりだが、野党も免れない。

この平成の惰性的延長線上に令和の時代を築こうとする政治にはぜひとも「ノー」を突き付けたい。

「美しく調和した共同体社会・ニッポン」の未来像・目標の下での政策での争いを期待するのである。

そのためには、既得権益を持たない、使命に燃えた若い政治家の登場が待たれる。
国民が育てる以外に道はない…。




開く コメント(0)

領土と戦争と政治

領土と戦争と政治


丸山衆議院議員の「戦争発言」で、野党6党派が共同で「辞職勧告決議案」を衆議院に提出したという。
私は、この野党の対応に不信を抱く。

丸山議員の問題になった行動と言動を報道で見る限り、TPOにおいて常識と礼儀を逸脱した行動であったことは推測される。
立場を考えれば、飲酒で勢いをつけた結果の行動としても言い訳にはならない。
行動は確かに逸脱・非難されるものがあった。

しかし、言動の内容は憲法で保障される言論の自由もあり、信条の自由もある。
自民党の「不適切な発言というだけで国会議員の身分を奪うことは慎重を要する」という考え方の方が全うであろう。

野党は「一線を越えた発言を見逃すわけには行かない」と理由を言うが、一体何が「一線」なのかの説明がない。
クラウゼピッツが「戦争は政治の延長である」と戦争の本質を語っている。

一体に野党は、今の憲法のままでも「自衛隊合憲・自衛戦争合憲」の認識の上にあり、従って「憲法改正の必要なし」という見解にあるのではないか。
この合憲という見解における「自衛戦争」に着目するなら、今「北方領土」はいかなる状態にあると認識しているのか…是非ともそれを聞きたいものである。

政府でさえ「北方領土は、ロシアに不法占領されている日本の領土」と言っている。

この時に際し、維新の片山代表はロシア大使館に謝罪に行ったと言うが、最近の政治家はこの程度か…。
自分のものでもないのに自分のものにしている泥棒に謝罪に行くとは…。
国民の前でナンセンスな冗談を重ねる行動は止めて欲しい・・・。

政治は現実のものである。
私は丸山議員が政治全体にどのような考えを持っているか知らないから賛成も反対もしないが、「戦争」を口にしただけで「抹殺」しようとするのは賛成しかねる。

謝罪に来られたロシア大使館も、つい先日クリミヤ半島を武力占領したばかりのことを思い出して、日本の政治家の「何とお花畑!」と戸惑い、苦笑していることだろう。
ロシアは「北方領土は戦争の結果ロシア領になった」と口酸っぱく何回も言っているではないか…。

ロシアが「丸山発言は遺憾」などと言っているのはまるで茶番劇である。

私も「戦争には反対」だが、「戦争」の「平和的な活用法」も様々あり、「領土奪還」を現実にいかなる方法で実現するのか、「平和的な戦争」も排除せずいま一度真剣に政治家には考えて欲しいと思う。

北方4島は日本固有の領土なのに、泥棒している国にすり寄り「2島の返還で良い」などと媚び、ひたすら「ヘイ・コラ」する外交はもうやめて欲しい。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

『令和』とは調和した美しさ

*『令和』の始まりに際し、山梨日日新聞に投稿したところ掲載されました。紹介します。

新天皇の即位とともに令和の時代が始まった。
退位する前天皇に「ご苦労様でした」とテレビのニュースで屈託のない感謝の気持ちを表す国民の姿を目にすると新天皇にも改めて国民とともにある象徴天皇の道を期待する次第である。

また、元号も変わる。
元号は西暦のように単なる数字の羅列ではなく、時代時代に意味を持たせる文化的行為でもある。
「令和」を考案した中西進氏によると「『令』とは麗しいと言う意味で、麗しいとは単に美しいのではなく、整った美しさ、調和した美しさを意味する。今の時代が目標もなく野放図であり、調和した社会ではないので、次の時代に目標とすべきは、麗しく調和した社会という意味で『令和』を提案した」と話されている。
新しい時代精神の提案である。
英訳も「ビューテイフル・ハーモニー」に決まったそうである。

社会目標としての「令和」は、固より強制力を持つものではない。
心の持ち方であり姿勢である。
このような『令和の心』を体現させるのが政治の役割であろう。

昭和の時代には、みんなが助け合った家庭であり、職場であり、地域社会であった。
しかし、平成の時代で随分と壊れてしまった。
壊れたままで、今なお新しい社会像は何も見えていない。
今さら古き良き「三丁目の夕日」時代にも戻れない。

麗しく共生し、調和する『令和の社会・ニッポン』を実現するには、新しい道を切り開かねばならない。
今のように「野放し状態の自由」では、共生・調和の社会は難しい。
美しく麗しく調和した「令和の時代」を築くには、忘れられた「公の心」、「共同体精神」を時代にあった新しい形で蘇生・再創造させる必要があろう。

日本は今、少子高齢化とか格差拡大の中でもがいているが、特に政治に携わる政党や政治家には新元号たる「令和」の意味するところを良く理解し含み、未来に向けた魅力ある政策で競って欲しいと強く思う。

開く コメント(0)

新天皇即位

新天皇即位

イメージ 1

昨日、天皇の即位を祝う宮中参賀に行ってきた。

当地から東京に行くには高速バスの利用が一番便利なのだが、連休の帰京ラッシュで上りの渋滞予報もあり、時間が心配だった。
朝7時のバスに乗ったが、意外にも中央高速は新宿まで渋滞は全くなく、定刻通りに着いた。

かく、東京駅までは順調だったが、東京駅から皇居正門までの1kmがは大変なことになっていた。
東京駅を背に皇居に向かって歩き始めると、とても尋常ではない人間の流れが目に入る。
国道1号線を超えると警察の規制が行われていた。
閉鎖された道路や歩道に数千人の塊が幾つも作られ、待機させられていた。

私がその塊の一つに組み込まれた時間は午前10時頃だったが、その時、何万人の群衆の一人になったのか、人の波を数えることもできず、予測も尽きなかった。
報道からすると既に10万人近くの人が居たのではないかと思われる。

10時の参賀に出た人たちが参賀を終え坂下門から出てくるのが見える。
規制を受けて1時間・・・参賀を終えて出てきた人の分だけ待機組が前に進む。
我々もようやく皇居前広場に向かって進む。
イメージ 2

皇居前広場に入ると手荷物検査と金属探知機の検査を受け、再び待たされることに。
炎天下で再び待つこと1時間、立ちっぱなしで身動きが自由にならない密度での待機に熱中症患者が出なければ良いがと思ったが、案の定少なくない人が救急のお世話になったようだ。
イメージ 4

立ちっぱなしですでに2時間、足の筋肉が固まってしまって足の動きもぎこちなくなる…と思った頃にようやく我々の集団が皇居正門、二重橋、そして参賀が行われる宮殿東庭に向かって動き出した。午後1時の参賀に向かって。
イメージ 3


これまでに宮中参賀は何回か来ているのだが、これだけ待たされ、これだけ多い人混みの中での参賀は初めてである。
宮殿東庭に着いたが、われわれの集団は最後尾で「おでまし」の舞台が見えない。
モニターを見ながら確認する有り様で参賀した気にならず、この後の2時の参賀までさらに1時間宮殿東庭で待つことにする。
「お出まし」となり、正面、前から中ほどの所に位置を得、天皇陛下、皇后陛下、秋篠宮さま、紀子さま、真子さま、佳子さまを拝見した。
お人柄そのままに優しい天皇陛下のお言葉、お声も耳にした。
心配された雅子さまも、婚約記者会見での決意を秘めた黄色の勝負衣装を再び装われ並々ならぬ決意のほどを思わせた。

「令和」の時代は厳しい時代となることが予想される。
が、国際感覚豊かで誠実さあふれる天皇陛下並びに皇后陛下であれば、象徴として相応しい天皇の道をさらに力強く歩まれることを確信し、また祈る次第である。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事