このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

        ほころびの目立つ安倍外交



世界を俯瞰する外交などと銘打ってきた安倍外交だが、最近はほころびが目立つ。

トランプ大統領を国賓で迎え日米同盟の揺るぎない絆を内外には見せたものの、貿易問題ではドライなトランプ大統領には通用せず、「アメリカはTPPには無関係」と言われハードルの設定で守勢に立たされている。

ロシアとの関係でも、安倍首相が「ウラジミール」と親しく呼び、信頼もし期待もして提案した「2島返還」だったが、プーチン大統領は受け入れるどころか、かえって足元を見られ返還のハードルを上げられてしまった・・・。
日本の主権の問題に過ぎない日米安保条約の存在を絡ませられ、かえって「領土返還の可能性」を遠くに押しやってしまった。
進前進どころか後退させてしまった…。

私は、安倍提案は国益を損なう変節の「2島返還・2島放棄論」の理解にあったから、却ってプーチンの拒否にあい「良かった」と思っている。
先祖伝来の土地=国後・択捉を国民に対する説明もないままに「放棄する」権利など一時の政府に過ぎない政権にあろうはずもない。

戦争を拒否し領土問題を平和裡に解決するには、歴史的時間を要することを念頭に置くべきである。一時の政権に過ぎないのに、悠久の歴史を紡ぐ領土を勝手に放棄し、公の理由もなく自分の人気取りの材料にするなどは、もしそうであれば以ての外のことである。

プーチンとはお友達のつもりでいる安倍首相と思われるが、トランプに劣らず、プーチンも国益のためにはドライで悪役を平気でこなしていく…。
「2島返還提案」にどのような見通しがあったのか知らないが、その後の経過はあまりにも情報不足の日本外交を露呈している。「領土放棄」という国益まで毀損しての提案であったのに、その後の展開はあまりにもお粗末としか言いようがない…。

今回の「2島提案」は日本の領土交渉の汚点となり、今後の領土交渉をより厳しくするものである。少なくとも政権が変わらなければ国是でもあるはずの「4島返還」に戻ることはできないだろう。
「尖閣」や「竹島」問題にも、誤解を与え、悪しき影響が考えられる。

最近の共同通信によれば、そもそもソ連は「サンフランシスコ平和条約にソ連の主権が明記されていないことに領有の危機感を持ち、1955年の日ソ交渉開始前のソ連共産党中央委員会幹部会では、対日交渉では先ず主権の確認を求める」との記録の存在を報道している。
現ロシアも、基本的にこの弱点を意識した交渉姿勢を受け継ぎ「先ず4島のロシアの主権を認めろ」と日本に迫っている訳である。
日本はそこを責め続ければいい。

日本外交の情報に対する軽視は、目に余る…。
外交戦略もないままの希望的観測に支配された感覚的な気分外交にも見える。
感覚的だから、4島返還の2島への変節も説明がない…。
ついでに言えば北朝鮮に対してもそうである。
先には「国難突破」とまで言って解散したのに、今度は「無条件対話」を提案している。路線転換の説明は何もないままである。
そして、どのような見通しがあっての路線転換と思いきや北朝鮮からは「図々しい提案」と一蹴されるお粗末さである。

この伝で言えば、中国に対しても「友好姿勢」を見せる安倍内閣だが心配である。
自民党幹部の面々は自派パ−テイなどで手放しで「日中友好」を歓迎しているが、中国にしてみれば、アメリカとの対立の副作用で日本に顔を向けているだけである。
何も日本の価値を見出しての行動ではない。
米中関係がうまく行くようであれば、日本には遠慮することなく「尖閣」で牙をむいてくることが予想されるのである。

外交戦略もなく、ただただ誰からも嫌われることの無いように八方美人外交も時には良いかもしれないが、国益が錯綜し、隣国と係争する課題を抱える日本にあっては、説明もできないような軽率な外交は許されるものではない。

有効な作戦を組むには冷徹な情報収集が生命線である。
日本の国益を第一に考える外交戦略の確立に向けて、外務省も防衛省も情報収集・分析のレベルを格段に上げる必要に迫られている。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事