このままで良いのか、ニッポン!

助け合う社会へ・・・共同体国家・日本へ!

日本の外交

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

韓国の誤解とわがまま

韓国の誤解とわがまま


昨日18日、有効な対抗策もないまま「反日政策」をもてあそんだ文大統領が窮地に追い込まれ、その責任を「対日挙国体制」の構築で逃げようと、韓国与野党5党の党首を集めて会合を持った。
その時の様子が、韓国・中央日報に掲載された。

      *   *   *

文大統領―最も重要なことは、日本の輸出制限にどのように対応するか、日本への依存をどのように減らしていくかについて知恵を絞ることだ。

自由韓国党(113議席)黄代表―言葉と感情だけでは解決につながらない。最も重要なのは首脳間で解決することだ。早急に韓日首脳会談を推進して欲しい。

正しい未来党(28議席)孫代表―韓日は切っても切れない関係だ。反日感情に訴え、民族主義で解決する事案ではない。専門性と権威ある特使を派遣して解決のきっかけを作ることが求められる。

文大統領―特使派遣に焦点が集まるのは負担になる。今は報復措置に対し一つになることが重要だ。一堂に会し日本を糾弾するのが政府にとって大いに役立つ。

民主平和党(14議席)鄭代表―愛国か売国か二つの道がある。愛国の道に一糸乱れず動く必要が。国会で経済報復糾弾処理案の成立を。

正義党(6議席)沈代表―外交努力の段階ではない。行動対行動の対応が必要だ。行動対行動の対応が必要だ。国民の怒りを集約する国会での強力な糾弾決議への意思を。

共に民主党(与党128議席)李代表―日本の経済侵略問題には超党派の合意を。経済戦争は簡単には終わりそうにない。我が党は日本経済侵略対策特別委員会を発足させた。

正しい未来党孫代表―根本原因は強制徴用賠償なのでこの問題から解決せねばならない。これまで政府は手を放してきた。ひとまずわれわれが基金を通じて被害者に支給し日本政府に求償権を請求する方針も考えられる。

自由韓国党黄代表―私も同意だ。韓日企業が基金を作る「1+1」が難しければ「1+1+韓国政府」が必要ではないか。

文大統領―日本の仲裁要求を拒否したが今日が時限だ。今日が過ぎれば日本政府の姿勢がどのように変わるか。日本の選挙が終ればどうなるか見守る。

        *   *   *  

これを見れば改めて、文大統領の「見通しのないままでの感情任せの対日政策」がハッキリと浮かび上がる。
この背景には、韓国のわがままと知りつつも理不尽な要求に応じてきたこれまでの日本外交の積弊もあろう。
「日本の非を責めていさえすれば、日本は必ず自ら解決策を出してくる」という誤解を韓国に与えている・・・。
韓国に与えた大いなる誤解が、韓国の大いなる甘えを生んでいる。
だから、今度は「日本がカードを切った」のだから、最後まで毅然とした姿勢を貫き通す必要がある。

日本の一部の新聞は「打開策がない」などと書いているが、打開策を握っているのは国際条約や約束事を守らない韓国にあるのだから、日本は韓国の出方を待つ以外にない。
しかし、上の会合の内容を見る限りは、文大統領は韓国に理がないことを知ってか知らずか、ひたすら「挙国」とか「一丸」とか「韓国・反日の情緒」に訴える問題として提起している。
これでは解決は当分の間・・・より正確に言えば文大統領の間は、解決は難しいだろう。

韓国が国際条約や約束事を守るという意志表示をしさえすれば、問題は直ちに解決する。
この筋道を無視して日本が温情を示せば、いつまでも韓国のわがままは直らず、正常な「日韓関係」は永遠にやっては来ないだろう。

(*蛇足…韓国国会は一院制で300議席)

開く コメント(0)

日韓・日本は毅然を貫く


日韓関係の今日は、起こるべくして起きたということが出来よう。

韓国・文政権の反日・敵対姿勢は、大統領選当時から明白であった。
最近の出来事を見ても、昨年12月には、韓国海軍の駆逐艦による海上自衛隊・哨戒機への射撃用レーダーの照射事件があった。明らかに敵国扱いであった。
1965年・日韓請求権協定で解決済みの徴用工問題を、文政権は司法に名を借りて再燃工作を実行した。
慰安婦問題での「最終解決・日韓合意」を踏みにじり、一方的に「和解・癒やし財団」を解散させ問題の継続を図った…。

私だけではなく多くの人が「韓国を相手にするな。無視し放っておけ」の論調を張った。
日本の善意も韓国にとっては「憎い対象」となり、何をしても真直ぐに理解されることはなく、善意が新たな問題の火種にされ、何一つ生産的なことを生まない現状にあったからである。
意に反した結果ばかりを生み、こちらが頭に来るだけである・・・。

どちらかと言えば相手の意に合わせるばかりの「事なかれ主義」的な安倍外交が、いよいよ堪忍袋の緒が切れるほどになったという事だろう。
日本にとっては文政権の過去の出来事の推移から見てむしろ遅きに失したとも言える処置であった。
ところが、韓国にとっては「抵抗しない日本」が突如抵抗したという事で大騒ぎしている・・・。

日本はじっと韓国の様子を見ていればいい。
文政権の正体が分かることになろう。

「ホワイト国」外しの本質は韓国の言うように日本の政治的対処である。
WTOの規則に反するなら、日本の安全保障上の措置でも十分成り立つ。
何と言っても、日本の自衛隊機に射撃用レーダーを当てるほどの敵対的な関係にある韓国だから…。

こうした事態に直面するといつも気になるのは、「反日」的な政党とジャーナリズムとコメンテーターの論調である。
常に国論が2分するのが常だったが、今回はどうだろうか…。
当然、プラスもあればマイナスもあるが、マイナスがあるからと言って「従来のままで良かった」とは言えまい。

問題の本質は文政権そのものの「反日」の性格にある。
文政権に踊らされる韓国国民も出ようが、対象はあくまで文政権そのものであることを忘れないで事態の推移を見ていきたい。

安倍政権は「事なかれ」を捨て、韓国政権との「有事」を選択した以上は、「毅然とした姿勢」を貫いてほしい。

開く コメント(0)

        ほころびの目立つ安倍外交



世界を俯瞰する外交などと銘打ってきた安倍外交だが、最近はほころびが目立つ。

トランプ大統領を国賓で迎え日米同盟の揺るぎない絆を内外には見せたものの、貿易問題ではドライなトランプ大統領には通用せず、「アメリカはTPPには無関係」と言われハードルの設定で守勢に立たされている。

ロシアとの関係でも、安倍首相が「ウラジミール」と親しく呼び、信頼もし期待もして提案した「2島返還」だったが、プーチン大統領は受け入れるどころか、かえって足元を見られ返還のハードルを上げられてしまった・・・。
日本の主権の問題に過ぎない日米安保条約の存在を絡ませられ、かえって「領土返還の可能性」を遠くに押しやってしまった。
進前進どころか後退させてしまった…。

私は、安倍提案は国益を損なう変節の「2島返還・2島放棄論」の理解にあったから、却ってプーチンの拒否にあい「良かった」と思っている。
先祖伝来の土地=国後・択捉を国民に対する説明もないままに「放棄する」権利など一時の政府に過ぎない政権にあろうはずもない。

戦争を拒否し領土問題を平和裡に解決するには、歴史的時間を要することを念頭に置くべきである。一時の政権に過ぎないのに、悠久の歴史を紡ぐ領土を勝手に放棄し、公の理由もなく自分の人気取りの材料にするなどは、もしそうであれば以ての外のことである。

プーチンとはお友達のつもりでいる安倍首相と思われるが、トランプに劣らず、プーチンも国益のためにはドライで悪役を平気でこなしていく…。
「2島返還提案」にどのような見通しがあったのか知らないが、その後の経過はあまりにも情報不足の日本外交を露呈している。「領土放棄」という国益まで毀損しての提案であったのに、その後の展開はあまりにもお粗末としか言いようがない…。

今回の「2島提案」は日本の領土交渉の汚点となり、今後の領土交渉をより厳しくするものである。少なくとも政権が変わらなければ国是でもあるはずの「4島返還」に戻ることはできないだろう。
「尖閣」や「竹島」問題にも、誤解を与え、悪しき影響が考えられる。

最近の共同通信によれば、そもそもソ連は「サンフランシスコ平和条約にソ連の主権が明記されていないことに領有の危機感を持ち、1955年の日ソ交渉開始前のソ連共産党中央委員会幹部会では、対日交渉では先ず主権の確認を求める」との記録の存在を報道している。
現ロシアも、基本的にこの弱点を意識した交渉姿勢を受け継ぎ「先ず4島のロシアの主権を認めろ」と日本に迫っている訳である。
日本はそこを責め続ければいい。

日本外交の情報に対する軽視は、目に余る…。
外交戦略もないままの希望的観測に支配された感覚的な気分外交にも見える。
感覚的だから、4島返還の2島への変節も説明がない…。
ついでに言えば北朝鮮に対してもそうである。
先には「国難突破」とまで言って解散したのに、今度は「無条件対話」を提案している。路線転換の説明は何もないままである。
そして、どのような見通しがあっての路線転換と思いきや北朝鮮からは「図々しい提案」と一蹴されるお粗末さである。

この伝で言えば、中国に対しても「友好姿勢」を見せる安倍内閣だが心配である。
自民党幹部の面々は自派パ−テイなどで手放しで「日中友好」を歓迎しているが、中国にしてみれば、アメリカとの対立の副作用で日本に顔を向けているだけである。
何も日本の価値を見出しての行動ではない。
米中関係がうまく行くようであれば、日本には遠慮することなく「尖閣」で牙をむいてくることが予想されるのである。

外交戦略もなく、ただただ誰からも嫌われることの無いように八方美人外交も時には良いかもしれないが、国益が錯綜し、隣国と係争する課題を抱える日本にあっては、説明もできないような軽率な外交は許されるものではない。

有効な作戦を組むには冷徹な情報収集が生命線である。
日本の国益を第一に考える外交戦略の確立に向けて、外務省も防衛省も情報収集・分析のレベルを格段に上げる必要に迫られている。

開く コメント(0)

喧嘩を売られて買えない日本


韓国の文(ムン)国会議長の「天皇陛下による謝罪で慰安婦問題解決」発言に対する日本政府の「撤回と謝罪」要求に対し「盗人猛々しい」と言い返してきた。

全く図々しいお国柄だと思う。

これまでのところ、日本政府は、韓国やられっ放しということが出来よう。
日本政府の要求がことごとく無視されている。
それでも日本政府は、「ことを荒立ててはいけない」と低姿勢で話し合いを求め続けている・・・。

第三国から見れば、反撃できない日本政府を見て「弱いねえ、日本政府は」という事になろう。

韓国にしてみれば、これだけ日本を「コケ」にしても、何一つ物理的な対応策を取らない日本…あるいは取れない日本を見て、いよいよ快感を覚え、増上慢に燃えていることだろう。
容共左翼の文政権も、韓国の対日独立運動としての「3・1運動100周年」を政権の花舞台に位置付けているほどだから,反日運動はいよいよ意気軒昂である。

そのような韓国を相手に要求するのであれば、日本は目に見える形・・・制裁を伴う形で徹底的に強く出る必要がある。
韓国は、例えば中国のように強く大きい国には弱いいし、逆に相手を弱いと見れば徹底的に強く出てくる国民性であると言われてもいる。


日本政府が、「事を荒立てたくない」と言うのであれば、韓国を徹底的に無視することも一つの強さである。

韓国では、反日活動に一々反応してくる日本が、快楽なのである。
日本が反応を示さないようになれば、韓国は無視されることを悔しがることだろう。
ところが、今は逆に、文大統領に日本政府が無視された状態になっている・・・。

どうも日本政府は、ロシアとの北方領土交渉もそうだが、全く「喧嘩音痴」で、生産的な喧嘩の仕方を全く知らないようである。

ロシアや韓国とは、どんなに友好的な言葉を使っても、底流には常に利害が衝突する‥・言わば喧嘩状態にあるという自覚すら日本にはないのではないか…と思わせる。
その自覚がないままに交渉の場に出ているから、相手を畏敬させるような「体を張った取り組み」…「政治生命を掛けた取り組み」が見られないのではないか・・・。

「事なかれ主義」…「責任回避主義」・・・こんな腰の引けた姿勢では、日本は外交に勝つことはできない。

やるなら徹底して事に当たるべきである。
徹底してやることが出来ないのなら、徹底した無視も一つの方策である。

開く コメント(0)

日ロ首脳会談の失敗を祝う


限りなく心配だけを抱かせる日露首脳会談が終り、両首脳による記者会見が持たれた。領土では何事も合意を見なかったようで、ほっと胸を撫でおろした。

もうほとんど安倍首相の胸の内が「4島困難」を理由に「2島返還」に固まったことをロシアに見抜かれ、会談前からロシアはさらに「2島返還」のハードルを上げ、「2島返還」さえ困難という状況を日本向けにさらに作り上げることに力を注いでいるように見える。

過去には」政府首脳から、「2.5島」だの「3.5島」だのとバナナのたたき売りみたいな「法的根拠のない北方領土解決論」が出たりして、ロシア側には日本の主張が一つに固まっていないいい加減さ、軟弱さの印象を与えてきたことも災いしているだろう。

今再び日本は「2島」へハードルを下げた。
それを見てロシアは、逆にハードルを上げ始めたのである。

対韓国にしろ、北朝鮮にしろ、中国にしろ、ロシアにしろ、ほとほと日本外交の交渉力の無さには、心配ばかりさせられる・・・。

さて、今迄、何度もロシアに対して日本は下手に出る必要はないと主張してきた。

ロシアは戦争で勝ち取ったなどと言っているが、そのような法的根拠は存在しない。そこには、暴力としての武力・軍事力による「不法占領」があるだけだ。

そもそもロシアは、「日ソ中立条約」の約束を破って参戦している。
これ自体が不法で、日本がそのような戦争を認められるわけがないではないか。
さらに日本が降伏し武装解除した後にロシアは北方領土を占拠している。
何処から見ても火事場泥棒であり、強盗の所業ではないか。

こんな不法なことを認めれば、竹島も尖閣も、日本は正当性を失う。
日本は「困難さ」を理由に「領土を放棄する国」にな」ってしまう。

相変わらず安倍首相は「私の在任中に解決しなければ」などと言っているが、日本の主張通りに解決できるのであればそうあって欲しいが、そうでないのならば何も「解決しなければならない」ことはない。
思い上がって欲しくはない。

日本にとっては最低でも「4島の返還」は死守である。
本来なら、全千島列島も南樺太も、ロシアと合意の上で日本領になったものであり、サンフランシスコ条約で放棄したものの、ロシアに引き渡すなどとは一言も書かれていないのである。

プーチンは56年の日ソ共同宣言には「引き渡すとは書いてあるが、主権とは…」などと屁理屈をこねているが、それを言うならサンフランシスコ条約にも「ロシア領」などとは、一言も書かれてないなどと反論すれば良いと思う。

日本は最低でも「4島返還」。
「4島返還」が実現出来なければ、上記のような「ロシアの不法の数々」を遠慮せずに攻めればいい。
無法・不法なロシアでさえ、言いたいことを言っているではないか・・・。

時代は変わる…。
チャンスはまた来る…。
それが歴史というものである。

開く コメント(10)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事