新・鉄火お嬢が行く!

鉄火お嬢、撮りおろし書き下ろしブログ!

自衛隊&ミリタリー

すべて表示

『練習艦隊帰国行事2017 後編』  神奈川県横須賀市

昨年11月のネタを、しかも正月記事を優先したため年をまたいでしまいました。
練習艦隊帰国行事の記事後編です。

「かしま」「はるさめ」の入港ののち、出迎えの家族などは横須賀総監部を入門します。基地である以上、家族であっても事前に申請が必要で、鉄火も関係者といっても所属団体から地元の水交会さんに連絡してもらって、そこに混ぜていただく格好になってます。受付を待つあいだに関西で会った父兄会の方にバッタリ会えたり。受付でIDカードもらって観艦式以来の横須賀総監部に。

イメージ 1


イメージ 2

式典は10時30分からというので、それまでは自由に艦にも上って家族友人と歓談を楽しんだり、中には私物や溜め込みすぎた土産物を訪れた家族さんに引き取ってもらったり、どこも楽しそうな雰囲気です。
鉄火、そこで意外な方を発見「あれ?航空中央音楽隊の副隊長さん‥‥今日はいったい?」「いや、実は息子が‥」「えっ!」なんと息子さんが実習幹部!「息子さんは航空じゃなくて!」「そうなんですよ〜」
関西で仲良くなった実習幹部は8名もいたから、ささやかな餞別を用意してはきてたが(この広さで半分見つけられたら上出来かもな〜)と思っていたけど、一人が二人、二人が三人、彼らが「船の上の伝言ゲーム」に熟達していたせいか、なんと30分ほどで全員の顔を確認できたのだった!凄いわ。それぞれの幹部に「配属は、どうでしたか」と聞くと‥‥これが運命の分かれ道で、希望が通ってヤッターになる者、まさかな所属になって真っ暗になる者‥‥整備を希望していた女子は「舞鶴の航空隊になりました!」とにっこり、ある男子は「イージス艦の砲術です!」「自分は呉の艦です!」と、おおむね希望がかなったようで皆ニコニコ。良かったあ。

さて、式典も近くなって準備が始まるので、テントのほうへ向かう。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

儀じょう隊が早々と整列。儀じょう隊長もこれ、いくら訓練してるとはいえ同じ姿勢を長時間続けるのはきつい。

イメージ 6


イメージ 7

海上自衛隊横須賀音楽隊の晴れがましい演奏が素晴らしい。護衛艦をバックに演奏するこうした光景は何度見ても痺れます。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

ドラムに乗って実習幹部が行進、後から「はるさめ」「かしま」艦長、真鍋練習艦隊司令と続きます。

イメージ 13


イメージ 12


イメージ 14

壇上に上がった海上幕僚長に対し、栄誉礼が。「栄誉礼」のファンファーレを生で聴いたのは初めてで、鉄火もうあの格調高さに感動の余り、気が遠くなりかけた。

イメージ 15

海上幕僚長の訓示。これは幕僚長ご本人もずいぶん推敲されたものと思う。じっと聞いているとこれが幹部なら一言ひとこと胸に刻み込むような深い滋味あふれる文章である。

イメージ 16

司令と各艦長に花束贈呈があって、

イメージ 17

そして式次第上致し方ないのだが、実習幹部も司令も艦長も、艦に戻ったり下りたりを繰り返すのだが、今度こそ最後の退艦。いったん乗艦した実習幹部たちが、艦長や副官、教官たちの前を敬礼してラッタルから退艦、全員が下りると‥‥
下と上から帽振れの応酬が。あかん、鉄火こういうの弱い。。。

イメージ 18

「はるさめ」の後部甲板からでかい叫び声がして、どっと笑い声が。何か楽しい乱暴なはなむけ言葉が飛んだらしいが、あいにく聞き取れなかった。

イメージ 19

「かしま」の艦橋からは嬉しそうに自衛艦旗を振り回す姿が。海の男の旅立ちを祝す、素晴らしい秋晴れの1日。
春の神戸での不順な天気を思うと、終わりよければ全て良しと言いたくなるような最高の式典日和でした。
鉄火はテントにブログ友達のエリス中尉を見つけて挨拶、何となく「もうお昼じゃないですか〜」と、そのまま汐入駅前のホテルメルキュールでランチをご一緒することに。なかなか充実したブッフェであれはサラダの種類が滅法多くてよろしいわ。あれならお値打ちです。
しかしここの窓からの眺めが、マニアにはご馳走ですね(笑)

イメージ 20


イメージ 21

ガラス越しでもフードに手を添えて反射を切れば、けっこうこの距離でも写るもんだな〜。ヘリの巻き上げる水柱がかしまちゃんにぶっかかって大変(笑)さっき中尉が車を停めていたあたりがヘリポート。

イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24

潜水艦が岸壁を替えたり、お役目の終わった「はるさめ」がまたたくまに母港に向けて出港していったり。横須賀港の眺めを堪能しました。

【本日のトピックス】
尖閣接続水域入域の中国潜水艦は「商」級攻撃型原潜 長射程巡航ミサイル搭載か 防衛相が発表

2004年の漢級事件の二の舞だったらしいのですが。あまり報道しませんね。






.


みんなの更新記事