新・鉄火お嬢が行く!

鉄火お嬢、撮りおろし書き下ろしブログ!

旅する鉄火

すべて表示

『鉄火お嬢が残り5か月の築地市場を行く!』  東京都中央区

 今朝の地震は名古屋でも結構揺れました。地震!と思うと揺れが収まるとすぐスマホで震源地をチェックする癖がついてますが、情報が増えるにつれどんどん被害が思ったより酷いのが分かり、サーバダウンに加担しないよう、ちょっと落ち着いた時間帯になってから関西の知人たちに安否伺いのメールをしまして、無事を確認しました。死傷者の発生は残念であり、お怪我やお住まいに被害のあった方々にはお見舞い申し上げます。この日本に住む以上、明日は我が身です。

 さて、たて続けに2枚SDが読み込み不可のトラブルに見舞われ、慌ててネットで復旧サービスを探して送りましたが、わりと単純な障害だったのが幸いか、優先料金払って14000円チョイでほぼ90パーセントの画像はサルベージされて10日経たずDVDになって帰ってきました。痛い出費ではありましたが「何そこ安い!」と逆に友達に感心されました。うまく行くかどうか分からない修復ソフト買っても結構しますからね。万一ロストしても仕方ない画像ならフリーソフトを試しても良かったんですが。

そんなわけでやっと先月の東京でのイベントを掲載できます。

イメージ 1

5月は久しぶりに築地市場に行きました。例によって場内のまぐろ商の『吉富』さんに入場許可申請をお願いしまして、新富町の宿から朝4時45分には出ててくてく築地へ。もうこの季節は明るいですから気が楽。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

  セリ前の下見の『吉富』の若社長、しかし今日は全般に高いのと「この季節だからね〜、アブラ乘ってないでしょ。ニュージランドのほうが季節が逆だからね。寒くなって脂乘っておいしいよ」

イメージ 5


イメージ 6

 セリが始まると、あっというまに数多いマグロが競り落とされていく。今日も外国人VIPらしい見学客が数人いましたが、ラテン系らしいお姐さんが熱い目で競り人さんをガン見。そうそう、築地のおじさんたちは格好よく見えるんだよね(笑)

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

 あと数か月でいったん豊洲の営業になる。行けば行ったで多分トラブル続発になって「早く築地に帰ろうぜ」になると予感している。さあ、セリが終わったら走って場内の『吉富』に帰る。解体が始まる。

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15

 この辺りの時間から、常連客さんがちらほら仕入れにやってくる。

イメージ 16


イメージ 17

 若社長の入魂のサク。この色合いと肌理がたまりません。

イメージ 18

 タイのバンコクに王族もやってくる和食のお店ができて、そこに吉富のマグロが届くのだそうで、写真が要るからとこんな構図を頼まれました

イメージ 19

  いったん宿に帰って、ゴム長靴を脱いで汗だくになった市場用?出撃用の服を脱いでシャワーを浴び、ランチ向きのお洋服に着替え、またてくてく築地に歩いて行った先は『築地ふじむら』脳天と中落ちハーフ定食。しかし…吉富さんにマグロを貰って冷蔵庫に入れて「キッチンで毎晩マグロ料理だな」と思ったのを、ふじむらの玄関入ったとたん、忘れちゃった。だから昼晩マグロ……いくら好きでも共喰いが過ぎるだろ!?ホステルでも刺身とヅケ丼お昼に食べた後はですね…

イメージ 22


イメージ 23

 これがホステルのキッチンで作った『ニュージーランド産本マグロとアボガドのタルタル』と『ニュージーランド産本マグロのタタキ風ステーキ、バジルソース』です。ホステルのほかのゲストの皆様、飯テロ誠に申し訳ありませんでした(笑)

イメージ 20


イメージ 21

 最後の共喰いはこれだよ。場外の『さのきや』まぐろ焼き。オーナーさんのNさんとも付き合いが長いが「HPの通販コーナーのお商品写真撮ってくれませんか〜」「お安い御用!」「写真のギャラはどうしよう」「水くせえ、いっつも無料会員してもらってんじゃねえ」だって鉄火、まぐろ焼きもらってお金取ってもらったことないんだもん。「こんどじゃあお持たせに1ケース貰うってことで」「いいのお!?」狭いお店の中で横須賀に行く午前中、ばしばし「まぐろ焼き」を撮ってたわけですが、なんか笑えて楽しくなってきて「あははは、これぞ鉄火お嬢のための仕事じゃんww」鉄火お嬢が築地で朝から晩までマグロまぐろ。いやまさに私の人生、私の生活だな。生きてるって実感湧くなあ〜〜〜〜。この日は午後から横須賀で『三笠』と軍港めぐり、翌日は晴海から海上保安庁観閲式とまあ、鉄火ザ東京ライフでしたね。
 

.


みんなの更新記事