新・鉄火お嬢が行く!

鉄火お嬢、撮りおろし書き下ろしブログ!

自衛隊&ミリタリー

すべて表示

『護衛艦きりしま&あさゆき、蒲郡入港!』 愛知県蒲郡市

訪問者の皆様、ここ数日やっと朝晩ともなると、少し涼しさが感じられるようになりました。残暑お見舞い申し上げます。どうにか写真の整理が大方片付いて、護衛艦きりしま&あさゆきIN蒲郡にたどり着きました。
令和元年海上自衛隊観艦式の乗艦券応募が31日までですが、既に12万人応募があったそうです。( ゚Д゚)前回ヤフオクで12万などと出品されて海幕が激怒、削除の嵐で、今年はとうとう事前登録と顔写真添付になりました。気になったのが登録に際して結構な項目のアンケートがあって、海自になじみのない一般人には海賊対処もピンとこないんじゃあ。逆に「このおばさん何でこう海事関係に関心MAXなの」と警戒されそうな私の回答ですが、海自の活動にも募集にも興味ない、とポチった人は足切りされたりして???日頃人脈の構築に余念ない鉄火ですが、毎年席種や曜日に拘らなければ毎年行ける立場になった総合火力演習と違って、どんなに対策しても安心できないのが観艦式です。1回でも乗れればいいがなあ。

さて、7月27日朝、鉄火はキャリーと大荷物を抱えて蒲郡駅に降り、駅前のホテルにキャリーを頼み、大阪から駆け付けた艦友達のFさんの車で11号岸壁に向かいました。関係者以外は入れないのですが、出迎えという事で事前に許可証を貰ってあります。車のダッシュボードにおフダを載せて検問通過。折から有り難くないことに台風が接近しており、早々に翌日土曜日の歓迎式典・一般公開および蒲郡まつり関連も中止になっていましたが、岸壁でも強風が吹いて(水しぶきが飛んでくる)とてもじゃないが持参した「きりしま 歓迎 あさゆき」の横断幕をやわな支柱で掲揚どころではなく、Fさんの手を借りて構造物にくくるのがやっと。「一人で来てたら、どうするつもりだったのよ(笑)」嫌な顔ひとつせず手伝ってくれるFさんに大感謝でした。地方協力本部や市役所の方々に挨拶などしていると、間もなくイージス艦「きりしま」の艦影が見えてきました。

イメージ 1


イメージ 2

おお。登舷礼で整列しています。

イメージ 3


イメージ 4

高松にひきかえ台風で荒れて海の色も濁って残念ですが、客船と違って軍艦には、やや不穏な海もドラマチックな感じで、似合わなくはない。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

乗員のみなさんの姿が、望遠ではっきり見えるところまで来ました。

イメージ 8

まもなく接岸です。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

一番もやいを投げてきました。

イメージ 12


イメージ 13

石井艦長のお姿です!いやあ鉄火の地元愛知県に、とうとうイージス艦を連れてきて下さるなんて……感無量です。本当に嬉しい。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18

着々と作業が進んでラッタルを下ろし、舫いもダブルで掛けていきました。

イメージ 19

うかうかしていたら向こう側に「あさゆき」が着いてしまいました。

イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24

旗の翻るぐあいから、風の猛烈なのがお分かり頂けるかと。

イメージ 25

軍艦が2隻もいるこの重量感って凄いなあ〜〜。

イメージ 26

括り付けておいた歓迎の横断幕を外して「あさゆき」と「きりしま」の前を行ったり来たりしてご覧に入れたら「有難うございます!」「ありがとうございます!」と声が掛かるので、驚きましたが、艦から降りてわざわざお礼を言いに来られ、感動ものでした。ふだん旗を振りに行っている友達の気持ちがちょっと分かったような。

イメージ 27

「艦長、ようこそ!」と声を掛けさせて頂きましたが「すみません、今日はこれから…」「市役所ですね。行ってらっしゃいませ!」慌ただしく表敬訪問に出かけていかれました。それが分かっていたのでオミヤは明日以降にと今日は手ぶらです。

イメージ 28

夜ホテルの窓から望遠で撮ると、まだ穏やかでしたが…










イメージ 29
翌朝、外は大変なことになっていました。とても外を出歩けるどころではなく、ホテルは正午までチェックアウトを延長できるので、のんびりしていましたが、本来はこの日は午後から名古屋に帰って三脚持って桑名水郷花火大会に出撃予定でしたが、この台風で日曜になり蒲郡とバッティングになってしまった。どっちを選ぶって、護衛艦きりしまがいる以上、蒲郡にいるしかない。
夕方、風雨がおさまりかけた時間に
「きりしま」を訪ねて艦長に地元のお土産を届けてきました。タクシーの運転手さんに「艦のすぐ下まで着けてくれていい」と言ってオフダ(入場許可証)を置かせて岸壁に入ってもらいましたが、「これがイージス艦か…なんてでかい」と仰ぎ見、舷門に出迎えが何人も待ち受けているのに驚いていました。

さて、日曜日の天候回復と花火のコンディションが良ければいいけど。。。







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事