新・鉄火お嬢が行く!

鉄火お嬢、撮りおろし書き下ろしブログ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

訪問者の皆様、ここ数日やっと朝晩ともなると、少し涼しさが感じられるようになりました。残暑お見舞い申し上げます。どうにか写真の整理が大方片付いて、護衛艦きりしま&あさゆきIN蒲郡にたどり着きました。
令和元年海上自衛隊観艦式の乗艦券応募が31日までですが、既に12万人応募があったそうです。( ゚Д゚)前回ヤフオクで12万などと出品されて海幕が激怒、削除の嵐で、今年はとうとう事前登録と顔写真添付になりました。気になったのが登録に際して結構な項目のアンケートがあって、海自になじみのない一般人には海賊対処もピンとこないんじゃあ。逆に「このおばさん何でこう海事関係に関心MAXなの」と警戒されそうな私の回答ですが、海自の活動にも募集にも興味ない、とポチった人は足切りされたりして???日頃人脈の構築に余念ない鉄火ですが、毎年席種や曜日に拘らなければ毎年行ける立場になった総合火力演習と違って、どんなに対策しても安心できないのが観艦式です。1回でも乗れればいいがなあ。

さて、7月27日朝、鉄火はキャリーと大荷物を抱えて蒲郡駅に降り、駅前のホテルにキャリーを頼み、大阪から駆け付けた艦友達のFさんの車で11号岸壁に向かいました。関係者以外は入れないのですが、出迎えという事で事前に許可証を貰ってあります。車のダッシュボードにおフダを載せて検問通過。折から有り難くないことに台風が接近しており、早々に翌日土曜日の歓迎式典・一般公開および蒲郡まつり関連も中止になっていましたが、岸壁でも強風が吹いて(水しぶきが飛んでくる)とてもじゃないが持参した「きりしま 歓迎 あさゆき」の横断幕をやわな支柱で掲揚どころではなく、Fさんの手を借りて構造物にくくるのがやっと。「一人で来てたら、どうするつもりだったのよ(笑)」嫌な顔ひとつせず手伝ってくれるFさんに大感謝でした。地方協力本部や市役所の方々に挨拶などしていると、間もなくイージス艦「きりしま」の艦影が見えてきました。

イメージ 1


イメージ 2

おお。登舷礼で整列しています。

イメージ 3


イメージ 4

高松にひきかえ台風で荒れて海の色も濁って残念ですが、客船と違って軍艦には、やや不穏な海もドラマチックな感じで、似合わなくはない。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

乗員のみなさんの姿が、望遠ではっきり見えるところまで来ました。

イメージ 8

まもなく接岸です。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

一番もやいを投げてきました。

イメージ 12


イメージ 13

石井艦長のお姿です!いやあ鉄火の地元愛知県に、とうとうイージス艦を連れてきて下さるなんて……感無量です。本当に嬉しい。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18

着々と作業が進んでラッタルを下ろし、舫いもダブルで掛けていきました。

イメージ 19

うかうかしていたら向こう側に「あさゆき」が着いてしまいました。

イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24

旗の翻るぐあいから、風の猛烈なのがお分かり頂けるかと。

イメージ 25

軍艦が2隻もいるこの重量感って凄いなあ〜〜。

イメージ 26

括り付けておいた歓迎の横断幕を外して「あさゆき」と「きりしま」の前を行ったり来たりしてご覧に入れたら「有難うございます!」「ありがとうございます!」と声が掛かるので、驚きましたが、艦から降りてわざわざお礼を言いに来られ、感動ものでした。ふだん旗を振りに行っている友達の気持ちがちょっと分かったような。

イメージ 27

「艦長、ようこそ!」と声を掛けさせて頂きましたが「すみません、今日はこれから…」「市役所ですね。行ってらっしゃいませ!」慌ただしく表敬訪問に出かけていかれました。それが分かっていたのでオミヤは明日以降にと今日は手ぶらです。

イメージ 28

夜ホテルの窓から望遠で撮ると、まだ穏やかでしたが…










イメージ 29
翌朝、外は大変なことになっていました。とても外を出歩けるどころではなく、ホテルは正午までチェックアウトを延長できるので、のんびりしていましたが、本来はこの日は午後から名古屋に帰って三脚持って桑名水郷花火大会に出撃予定でしたが、この台風で日曜になり蒲郡とバッティングになってしまった。どっちを選ぶって、護衛艦きりしまがいる以上、蒲郡にいるしかない。
夕方、風雨がおさまりかけた時間に
「きりしま」を訪ねて艦長に地元のお土産を届けてきました。タクシーの運転手さんに「艦のすぐ下まで着けてくれていい」と言ってオフダ(入場許可証)を置かせて岸壁に入ってもらいましたが、「これがイージス艦か…なんてでかい」と仰ぎ見、舷門に出迎えが何人も待ち受けているのに驚いていました。

さて、日曜日の天候回復と花火のコンディションが良ければいいけど。。。






高松を1030の高速バスで出て大阪難波に14時過ぎに着き、近鉄特急に乗り換えて(よくもほぼ遅れもなく)伊勢市に16時、宮町の奥文旅館に駆け込むと17時近かった。シャワーを浴びて着替えたが、10年以上のお約束を破って今回はせっかく一式持参していたが浴衣はお休み。どうやら天気が小雨もようの決行で、カメラをかばっていたら浴衣では仕事にならない。
 旅館のワゴンで会場手前まで来たとき、護衛艦「きりしま」石井艦長から電話が入って、一般公開の余りの殺到に「艦橋見学を中止しました」とのことだった。これは蒲郡ははなっから艦橋は公開なしかもな…
 
 宮川べりの堤防上のツアー席そばで三脚を広げたが、雨のせいか観覧席の入りは悪かった。こんな日は幼児連れならあきらめてしまうだろう。そんなに風もないし、何とか傘を差しながらでも撮れる体制にして一安心(通り道なので、こんなとこで見ようという人はいない)

 定刻になり、市長の開会宣言で打ち上げが始まった。アルプス煙火工業の『令和改元記念スターマイン』

イメージ 1

標準花火、(有)齊木煙火本店 5号『パステルの華』10号昇り曲付八重芯パステル変化芯

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9


イメージ 10



イメージ 11


イメージ 12

この辺までは良かったんですが、雨が結構バラついて風も強くなってきました。

イメージ 13


イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18

風の方向もあるんでしょうが、傘でカヴァーしてレンズに深めのフードがついてても、けっこう水滴がつくわ、曇るわ。拭きまくっても風向きのせいかスターマインの向きはなおさら酷い。結構な枚数をやられました。


イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27

長岡は煙はけを待つ時間がありましたが、ここは(業者の数が減ったわりには)余裕がないので、湿度が高くなってどんどん煙がたまる。スターマインも後半は煙ってだめでした。


イメージ 24

最後の大会提供ワイドスターマインも、最後はこんなとこでした。何年も撮っていると、少し内容が「抜いた」ものだと、分かるものだなあと思う。もっと酷い年があったことを思えば、尺玉はぼちぼちだったし、見ているだけならコンディションはそう悪くはなかったんですけどね〜。こんな年もあるな、と諦めの早い鉄火でした。高松からの大移動の疲れもあって、30分近くかかって旅館に帰り、お風呂の後で取り置きの弁当を食べているうちにウトウト。この時点ではまだシーズンは始まったばかり。

翌朝、ホテルをチェックアウトして8時過ぎに出ましたが、先行していたTさんの偵察では、まだほとんど行列もないと(地方だから出足もそんなものか)しかし岸壁に着いてみたら、それが後ろからみるみる結構な列に。9時になって持ち物検査のテントを通過して舷門を通って乗艦すると、甲板に向かうTさんの背後から「Tさん!艦橋に先に行きましょう!」と声をかけ、ラッタルを4階分「実は5階ぶんあります(笑)」「うそつき〜〜〜〜〜!WW」ハアハア言いながら急いで登ると、どうやらほぼ一番乗りらしかった。これは大正解でした。ちなみに午後にはあまりの混雑に、のちの艦長の直電で「艦橋の公開は諦めました」というはめになったそうだった。

イメージ 1


イメージ 2

艦橋から見たら行列がすでにこんなでしたが、午後にはこれが折り返していたそうで。

イメージ 3

昨日はあんなに青くてきれいだった空と海は、梅雨に逆戻り。

イメージ 4

気が付くと「きりしま」の艦齢もかなりなはず。時鐘の表面は磨かれすぎて銘が薄くなって読み取れなくなりかけ。

イメージ 5


イメージ 6

実物ではなく模擬銃でしたが、触らせてもらえました。こんなんでも噛みつく団体がいそうで。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 11

途中でちょっと艦内も覗けます。

イメージ 10

おなじみの艦のトップ肖像写真と、なんとミサイルのレプリカです。実物よりはかなり小さいはずですが。

イメージ 12

歴代「霧島」ですね。そして下の4隻のイージス艦の額を見て「あっ!」これの小さいのをさる方に頂いて持っていますが、貴重なものだったのではないのか…

イメージ 13

イメージ 14

夜の花火大会のため伊勢に行くので、高松駅から1030発の大阪行き高速バスに乗らねばならない。蒲郡でもどっぷり見られるつもりでいたので、そこそこ1時間で退艦しました。
それでは〜!「きりしま」さん、蒲郡で〜!!









長らくブログを放置しておりました。やはりyahoo!ブログ終了に伴い、引越すかブログを諦めてFacebookに本拠?を移したのか、訪問も少なくなり、なんだか寂れた商店街が歯抜けのシャッター街になっていくような有り様で、モチベーションが下がってることは否めない。とはいえこっちも引っ越し先もまだ迷ってるし。そのうえ7月8月は未曽有の多忙。伊勢出張から高松に行き、高松から伊勢に戻り、泊り出張をはさんで蒲郡4日間、今度は新潟・長岡花火。今度は松阪出張。帰ったら浜松、そのまま袋井の花火に。もう流石の鉄火も、体力の限界でヘトヘト。無理だ〜!

先日の休みなどはもう何をする気力もなく、食事をこさえて食べる以外はベッドに倒れておりました。トシかのう。

画像の整理も追いつかず、やっと高松のレポでございます。

7月11日伊勢の出張先から帰ると、自宅で荷物を詰め替え、ひと風呂浴びて着替えてまた名古屋駅に。四国行きの夜行バスに。ん〜もうちょっと良いバスだと思っていたのだが……まあぼちぼち寝られましたが。
高松駅に着くとその晩のホテルに。チェックイン前でも300円で早朝大浴場を利用できて、さっぱりして着換えて荷物預けてやれやれ。さすがお遍路の土地柄です。

艦友達の地元っ子Tさんが迎えに来てくれて、一緒に港に。まだ時間があったので途中のカフェで朝ご飯、先にもう一人のHさんが岸壁の先の突堤に行っているらしいので、カフェを出て強烈な日差しの中をてくてく。やっと合流してしばらくすると…見えてきました、イージス艦の艦影。

イメージ 1

ギャラリーもすでに一杯です。背後のベンチががら空きだったので、小柄な鉄火も問題なし(笑)

イメージ 4

信号旗で入港歓迎を掲げている方もいました。

イメージ 5

おおお〜〜横須賀ではフラれましたが、やっと会えましたよ「きりしま」!!

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 6

左の島は「鬼が島」だそうで、さながら鬼退治にやってきた武者のようですな。

イメージ 7

登舷礼で整列しています。うん正面もかっこいい〜〜〜〜〜〜!!

イメージ 8


イメージ 9

接岸を撮るために、今度は突堤をバタバタと岸壁に向かって疾走するはめに。いや振り返るとフネの大きいことよ!

イメージ 10


イメージ 11

ここまで来ると望遠で艦橋もアップにできます。あっ!石井艦長!やっと赤ストラップ(1佐)の石井艦長をじかに拝むことができましたよ。就任早々の友達の来島大橋の画像に悔しい思いをしましたもんね。

接岸作業が終わって、しばらく岸壁のカフェで待ちましたが、やがて石井艦長からメールが返ってきて、TさんHさんを伴って各々お土産を抱えていそいそと乗艦、公室にお招き頂いて、艦長といっとき懇談。「10時きっかりに一番もやいのつもりだったのに」分単位のコントロールができて当たり前なご発言に、我々「……」

イメージ 12


イメージ 14

横須賀でも撮れますが「薔薇と護衛艦」意外とよく似合う(笑)しかしこの7月の暑さでよく保ってましたね。


イメージ 13


イメージ 15

Tさんがサンポートの穴場撮影ポイントに連れてってくれました。ものものしい軍艦には不似合いなほどのエメラルドがかった美しい海。きりしまもリゾート気分!?

さすがに当日問い合わせでは、その晩の懇親会に飛び入りは無理でしたが、地元の防衛協会さん「特別見学をどうぞご一緒に」と言って下さったので、ホテルに先にチェックインして、着換えて岸壁に戻ってきました。

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23

特別見学といっても甲板だけでしたが、翌日の混雑を思うと(しかも天気が崩れる予想)写真の撮りやすさは無上の有難さ。

イメージ 24

きりしまの乗員たちも広報に色々工夫の好きな方がいるらしく、ご覧のようなフレームを持ち出して撮影会(笑)

イメージ 25

高松港はほんといい雰囲気ですね。鉄火の大好きなシチュエーション、柴犬連れでつい護衛艦に夢中!!日本の艦には日本犬がよく似合う!

イメージ 26


イメージ 27

まだ明るいうちからTさんHさんと晩御飯に居酒屋に行きましたが、またまた岸壁に戻ってきて電飾を撮影。遠くからでも目立つため「何かやってる」と駅のほうからふらっと歩いてきて「護衛艦だ〜!」「すごい、イルミやってる〜!」とカップルや若者グループが大喜びでした。いつまでも眺めていたい光景でした。
いまごろまだ4月の写真が上げきれないのですが…お蔵入りも惜しいので。出張の合間と仕事の終わった日とで、高岡のお馴染みの場所、そしてまだ見ていないあちこちを歩き回りました。さいわい天気も暑いぐらいの陽気でした。高岡市美術館で漆器や銅器の地元の名匠の作品を見たり(その中には鉄火の祖父の縁続きである、高岡漆器の人間国宝・彼谷芳水の衝立も)もう何度も行ったけど高岡大仏をお参りしたり。

お昼ご飯には地元の人の行く小さなお寿司屋さんへ。「寿司居酒屋二の丸」これでランチ800円!?味噌汁も大きな国産らしいハマグリが…いくら魚屋直営っても、これでやっていけてるのか…。。。

イメージ 1


イメージ 2

お店の作りは居酒屋候ですが、カジュアルに食べたいなら十分すぎますわ。カニまであります。もう何も言えません。夜はそのへんでささっと軽く食べてから駅の地下にある酒屋直営の立ち飲み『お富』に。

イメージ 3


イメージ 4

歴史的に海軍と海上自衛隊に親しみを持つ富山県民、毎年伏木港に護衛艦も寄港し、旗振りにも行くとかで『お富』にはミニチュアの自衛艦旗まで飾られ、オーナーとスタッフがそれを打ち振るという感動的な光景が。今年も伏木港寄港のおりには、護衛艦の皆様を、地元の飲み屋全店、心からお待ちするそうです!!

イメージ 5

『万葉歴史館』令和を迎えて、それまでいつ行っても閑散としていたこの施設が、連日駐車場が満車(笑)

イメージ 6


イメージ 7

どちらかと言うと晩年は政治事件に巻き込まれて、不遇だった大伴家持さん。でも改めて見直されて関心が盛り上がって、喜ばれているのでは。

イメージ 8

万葉集の『令和』出典のページです。一番古いものから明治までの万葉集の写し(印刷技術ができるまでは、書き写すしかなかった)出版が網羅され、じっくり見られます。この令和のお題になった、家持の父が太宰府で開いた梅の宴の詳細な展示もあって、イメージが膨らみます。

イメージ 9

こんなコーナーも設けられ、気分は菅官房長官です!みんな喜んで撮りあっていました。





新しい時代が平和で文化が梅のように薫り高い時代になりますように。




全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事