新・鉄火お嬢が行く!

鉄火お嬢、撮りおろし書き下ろしブログ!

ビストロ鉄火

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

アップがずるずる遅れがちで、気がついたら12月突入。ああ1年って早いなあ(涙)
先月は東京から帰ってきたら翌々日すぐボージョレ解禁で、食品などの販売促進業の会社ゆえ、しかも唯一人の有資格者なので、鉄火も販売の店頭に出ていました。まあある意味ワインがすっかり社会に定着してしまったから、ボージョレだからといって昔のような盛り上がりはありませんが、「普通に地味に」楽しむ方が増えましたね。

まだ明日がボージョレ解禁なので、この日は辛口のロゼワインと日本酒を用意しまして。
築地吉富さんで頂いてきた中おちと中トロのサクがありましたので、1日目はとりあえず刺身で食べまして。

イメージ 1

中落ちは、良いオリーブ油がありましたので、カルパッチョ仕立てにしました。

イメージ 3


イメージ 2

翌日はボージョレ解禁でしたので、仕事の後で自分でもハーフを買いまして、自宅で開けました。

イメージ 4

生ハムのサラダです。フレッシュなワインにはよく合いますね。

イメージ 5


イメージ 7

ドライフルーツ入りのパンと(うっかり撮るまえにカマンベール食べちゃった)ゴーダチーズとゴルゴンゾラドルチェ。青かびはボージョレにはしょっぱいですが、そこにパンや他のマイルドなチーズと合わせながら食べると、マッチしてきます。

イメージ 6

仕上げは、前日ヅケにしておいたマグロのサクです。これをバターで最初高温で表面カリっと、あとやや低温でじっと中まで火を入れて、赤ワインのソース(バルサミコ酢も良いね)で頂きました。

レストランに行かなくても自分でそこそこ食べたいものが作れるって幸せだよね〜。良い素材はそのままでも、また料理しても美味しさが違います。料理に関してプロでもない、鉄火がプロ垂涎のマグロをさわって料理できるって、勿体無い話ですよね。吉冨さん、いつも有難うございます!

自分でもよそで二種類買い、試飲会やデパートの売り場などで、かなりの数のボージョレヌーボー、ヴィラージュやビオも味を見ましたが、どうも全般に安いものの方が美味しくできていて、やたらに稀少や厳選を訴える高価なタイプには、むしろ残念な仕上がりのものが少なくなかったです。素朴でフレッシュが身上のボージョレに、余りにも風格や複雑さを求め過ぎても、ガメという葡萄には荷が重いんじゃないかな?



市場関係者やプロの調理人さん何人かご訪問頂いている当ブログですが「最近ちゃんと料理してんの?」「ビストロ鉄火が開店休業だぞ〜!」と散々お叱りを受けております。すいません、これでもマメに自炊してるし料理の写真も撮ってます。他のネタが多すぎてアップしきれないだけなんです〜〜!(涙)
 
ラジオ料理番組に潜入!?
 
ある日、仕事仲間からお誘いコール「鉄火さん、お料理好きよね」「食べるのも作るのも、超好きですが!」「CBCラジオの料理番組の収録見学、当たったけど一緒に行く?試食もできるよ」試食!?ええ、即断即決が鉄火のモットーですから。「はいっ!行きます!」ほがらかに即答したものの、肝心の中身をろくに聞いていない(笑)
 
「平日の昼間のラジオ番組だから〜知ってるかな〜?青木まなさんってアナウンサーが、有名料理研究家の廣瀬ちえさんに、花嫁修業にお料理を習うって内容」ん?水曜午後って、たまに休みでコインランドリーに行くとCBCが付けっぱなしになってる喫茶店でちょくちょく耳にしてた、あの番組だよね。あれ〜、なんだかデジャヴな要素が何かあった気がする。なんだっけ。
 
廣瀬ちえ先生はマクロビオテックの料理の専門家で(マクロビオテック概念についてはウィキ参照)
 
教室は大人気でキャンセル待ち講座もあるらしい。ストレスフルな世の中、女性も心身悩みが多いから、食べ物から健康って確かに大事だよねえ。
 
ワインの資格もあるから、昔は自分もイタリア料理店で調理兼ソムリエのアルバイトしたりしたけど、料理教室のぞくなんて何年ぶりかな。帝国ホテルの故ムッシュ村上信夫さんの単発講座とか、たまに行ったなあ。
 
「あの、最近はやってるお料理サロンって感じでしょうか?先生のお宅で少人数で和やかにお勉強って雰囲気の」「みたいな想像を私もしてきたの」
お料理教室当日、東区泉のマンションのChie's Kitchenに伺うと、確かにそんな雰囲気でした。で、用意されたテーブルにデジャヴ(既視感)のもとを発見「あれ〜〜ウチと同じ味醂だわ‥‥あ!」
 
イメージ 1
 
三河みりん
が番組の提供じゃなかったっけ。ほういや、番組のタイトル「つくってみりん」だったがん!(いきなし三河弁、鉄火も三河っ子だしなんww)
 
「まなのつくってみりん」http://blog.hicbc.com/blog/gogoichi_mirin/
 
イメージ 11
 
「三河みりんさん、いらっしゃいますよ」「えっ」後からいらしたのは、毎年3月にある「愛知の地酒を楽しむ会」でお会いする御本家。「あらあらあら」「ここでお目にかかるとは〜(笑)」ああ世間は狭い。
 
イメージ 16
 
さて、キッチン=スタジオでは調理=収録のスタンバイ万端。こちらもレシピを頂いて、見学です。
 
本日は4回分の収録で、メニューは作った順に
 
①すいかまるごとみりんゼリー レモンシロップがけ
②焼きナスのみりん醤油ジュレがけ
③なすと高きびのピリ辛ジャージャー麺
④サーモンとアボガドのポキ丼
 
イメージ 17
 
廣瀬先生です。ちょっと調理の仕事をかじった者なら、日々オリジナリティある新しいメニューを考え続ける大変さは、いかばかりかと思います。
 
イメージ 18
 
トマトを焼いて皮を剥く。あ〜〜昔シェフに怒られながらやったっけなあ(涙)
 
イメージ 19
 
しかし青木まなさん、仕事とはいえ著名料理家にマンツーマンで教えてもらってるようなもんですから、贅沢ですよ。先生の手元に「あ〜、あの加減でやればいいのね」とずいぶん復習することが一杯あります。
 
お部屋いっぱいに香ばしい匂いが漂って、お昼が遅かったのにお腹が減ります。う〜〜ん食べたい。。。
 
イメージ 20
 
できあがりを盛り付ける先生。先に冷蔵庫で冷やしておいたジュレが冷え冷えで、いやが上にもうまそうです。
 
イメージ 21
 
‥‥ディレクターさん?気が付いたら調理スタッフと化してます。いいですね気が回り手を動かすマメな男性(笑)
 
さて、出来上がりを写真撮影させて頂きます。
 
①すいかまるごとみりんゼリー レモンシロップがけ
 
 実はこれ、お砂糖使ってません。ゼリーといってもゼラチンではなく寒天と葛粉です。シロップもみりんとレモン汁だけ。「黄色のスイカとかメロンで作っても良さそうね」スイカの甘さだけで十分でしたね。
 
イメージ 3
 
②焼きナスのみりん醤油ジュレがけ
 
 お酒が欲しい〜〜!これも小さいガラス器に少量盛ったら、いい前菜です。お皿は青磁かと思ったらフランスのものでした。
 
イメージ 4
 
③なすと高きびのピリ辛ジャージャー麺
 
 ここは赤味噌以外はないでしょう。高きびですが、雑穀ミックスも触感が面白くなりそう。しいたけの刻んだのがまたいい味出してます。
 
イメージ 5
 
④サーモンとアボガドのポキ丼
 
 アボガドのこってりにカシューナッツがコリコリ、ゴマ油のこく。みりんがうまくハーモニーを取っている。「マグロでも魚は何でもいいです」と先生。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 2
 
 一品ずつ試食しながら青木まなさんが感想を言っていきますが、ラジオが難しいのは、ここですよね。画像で見せるTVと違ってリスナーは聞く言葉から味を想像するしかないので、旨さや感動を聴覚だけでリアルに伝えないといけない。青木さんも表現にすごく工夫苦心をしているのが分かります。
 
イメージ 7
 
当ブログの男性訪問者のみなさん、わが名古屋CBCの美人女子アナですぞ。
食べてるときも美人は美人ですよ〜〜(笑)
 
イメージ 8
 
さて収録も終わり、アシスタントの方々が席に配膳して下さいます。「それでは召し上がって下さい」(食べてみりん、と三河弁で言ってくれたらパーフェクトだったのん)え〜〜〜!試食って、ぽちっと味見するだけだと思ってた!これはちゃんとした「おもてなし」ではありませんか!おお幸せ〜!
 
イメージ 9
 
茄子にさくっと箸を入れて、
ジュレがからんでくる。
たまりません。
 
「こういう、みりんが準主役
みたいな使い方あったんですね」
「いつも脇役に徹してるのにね」
 
 
 
いや、醤油はまだごまかし効くというか安いのでもなかなか使える醤油もあるけど、みりんの安いのだのみりん風調味料だの、絶対ダメです。「いつも買ってますが、正直みりんのお値段、醤油の倍だし」三河みりんさん、恐縮そう。「いやいや、品質思ったら仕方ない。まともなみりんは安くないって分かってますから〜〜(笑)」魚の煮汁もおいしくないと嫌だしね。
 
イメージ 10
 
「これは試作ですが、カレー風味のハトムギのサラダをどうぞ」おお〜〜!お米や麦のサラダか、最近玄米に凝ってるんだよね。やってみようかな。
 
イメージ 12
 
パプリカやトマトのロースト?スパイシーで、これはいけません赤ワインの濃いの!濃いやつ下さい!
 
イメージ 13
 
このスープがまたエキゾチックで、何だか南の島にトリップした気分でしたね。
 
イメージ 14
 
さいきんなぜか外食が辛くて(自宅のほうが寛げるし、必ずしも好みの味に当たらない)仕事先にまで弁当持参だったんで、人さま、それもプロのお料理を頂くのはしばらくぶりでした。いやあ全部美味しかった。「おかわりは」と勧められて「は〜いは〜い」と片端から頂いてしまいました。だって本当に美味しかったんだもん。
 
青木さん、ズッキーニを1本売りが高いのに箱売りが安いのがしゃくでつい箱買いしたそうです。こういうとこは、ちゃんとお料理を好きでやる方らしくて好感持てていいですね。
 
おいしいお料理を前に、みなさん話が弾みます。
 
おいしいって正義!だよね。
 
珍しい体験をしましたが、一気に暑くなってなんだか疲れていたのが、お料理意欲が蘇りました。
 
「そういや、甘酒と同じく、江戸時代にみりんって夏の滋養の飲み物とか」と聞くと三河みりんさん「そうですよ。コメ丸ごと摂れるでしょう」「ひょっとしてHPにみりんドリンクの作り方とか」「ありますあります」みりんとか醤油も地方差すごくあるから、合う合わないってありますね。愛知県も実は全国有数の醸造王国なんだけどなあ。
 
みりんレシピ集
 
もしかして身体が欲っしてるんじゃないのかなあ。料理のレシピといえばクックパッドより海上自衛隊レシピを愛用してましたが、帰って三河みりんさんちと「つくってみりん」のページ見たら、すっかり夜更かしさせられてしまいました。
 
そういえばこないだ、こんなん作ったとこでした。
これはビストロ鉄火でございます。
 
イメージ 15
 
「厚揚げステーキのししとうとレンコンチップ添え」だし醤油と、もちろんコクと照りの出る三河みりん、少量の砂糖。
「おかずというより、酒のつまみだなあ、鉄火さん」「‥‥‥」
 
さて今日は何を作ろうかな。ジャージャー麺かな?
今日はがんばって2記事更新しましたので、両方覗いて下さいね〜!
 
今週は東京も積雪、日本海側は大荒れ、時化でさぞかし漁も少ないだろうと漁港や市場が気遣われます。晴れてはいても、さすがに名古屋もここ数日風は切れるように冷たいわ、外出が憂鬱です。
 
名鉄百貨店で寒造り特集やってたり、宮城県物産展やってたりで結構日本酒を買い込んでしまったので、これはウチ飯しかないです。鍋はちょっと飽きたな。
 
同じく名鉄百貨店の鮮魚売り場で、和歌山県産のトンボマグロ切り身が見切り。300円ぐらいでステーキサイズが買えた。よしよし。温かいサラダでも造るとしようかい。
 
よく表面を拭いて塩コショウ、オリーブ油でにんにくスライスをじっくり低温で香り出しをして、キッチンペーパーに取り出します。後でにんにくはカリカリになります。そこへマグロを入れ、中強火で表面が色が変わり、焦げ目が軽くつくぐらいに焼いて降ろします。サシミ用だから中まで焼き過ぎない。ピンクがしっかり残るように。余熱も通るのでナマではないです。
 
サニーレタスを千切り、さらしたダイコンスライス(または千切り)とカイワレをお大皿に盛り、切ったマグロを載せてさっきのにんにくを散らし、和風ドレッシングを掛けまわします。仕上げに荒挽きコショウをパラパラ。
 
イメージ 1
 
お酒は山崎合資会社さんちの冬限定『年魚市(あゆち)』アルコール度も高めで、オリーブ油やスパイスをちゃんと受け止めてくれます。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
まだ温かいマグロの食感が、たまりません。新鮮なカジキなんかでもいいね。
 
イメージ 4
 
もちろんこれだけではお腹がふくれませんので、即席トマトリゾット。ちゃんと作るには炒めたお米をスープで炊くんですが、お腹ペコペコ、そこまでやってられませーん!トマト缶と顆粒コンソメでスープを作っておいて、ご飯を投入、柔らかくなったら塩コショウで味付け。ちょっとカレー粉をまぜると味が立ちます。仕上げに乾燥バジル。
 
残り物のチーズなんぞもあれば、ちぎって載せると、溶けかけを食べるとおいしいね。
 
 
番外:最近の新聞と雑誌トピックス
 
去年「TV朝日が『通販生活』の脱原発国民投票CMを放送拒否!」なんてニュースがありましたが、『通販生活』じたいがあまり本屋で見かけなかったし、TVもろくすっぽ見ない(て言うか暇がなく、わざわざ見ようとすると結構やりくり)鉄火、そのCMがどんななのかも?でした。
 
『通販生活』WHAT!?だったんですが、先日とあるイオンのレジ前で見つけて「あ〜これかあ」と手にとって「!!」
 
イメージ 5
いきなり、
こういう表紙です。
 
なんか見るからに
とんがってますよ。
 
通販と
アメリカ軍用機の
機影のシュールな
ミスマッチ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
180円だし、重たいけど読んでみるか!と食料品と一緒に買い込んでエコバッグに入れてお持ち帰り。
 
 
ほんらいの通販商品はね〜〜〜あんまり欲しくないものばっかだな〜〜(笑)
結構ニッチな商品というか、そこに関してディープに悩んでる人には、最高のソリューションになって「もう手放せません!」になるかもな物もありますが。
 
端倪すべからざるは、その「読み物」「インタビュー」の顔ぶれ内容ですね。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
こりゃ、通販雑誌を装ったオピニオン雑誌じゃなかとね!?
他にもアフガニスタン取材の写真家ルポがあったり、福島の放射能問題とか、「硬派すぎる!」いや、こんなブっ飛びなインタビューがびっしり読めて季刊180円なら、定期購読しちゃっていいよ。
 
 
ガンバレ我らの中日新聞!!
 
震災からこっち「新聞がよく売れます」とコンビニのスタッフ達が口を揃える。鉄火、休みの日や午後出勤の前に、よく近所の公共施設のライブラリーで暇をつぶす。新聞も全国紙が5紙揃っている。ずーっと読んでると気付いたのが「震災以来、中日新聞ってやたら頑張ってないか?」とにかく、脱原発でブレがない。まあゴミ売や産経ははなから期待してませんが、各紙だんだん取り上げ方が軽くなってきた原発問題を、これでもかこれでもかと切りこんでいる。「本社が名古屋で東京電力の圧力を気にしなくていいせいかなあ〜〜中部電力はアコギになり切れない会社だし」と思っていたら、実は「最近中日すごい」は全国の新聞読者に認識されていて、そのうえ関東版である「東京新聞」は、実は経団連がらみから「兵糧攻め」に遭っているというゆゆしき事態が!
 
「中日新聞」「脱原発」「圧力」で検索プリーズ!出るわ出るわ。百記事ぐらい即出ます。
 
 
どうりで、最近東京に行って「東京新聞」を買うと、ペラリと薄い。広告が減ったんだね。
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
一向に堪えた気配もない中日。今週はなんとカーター元大統領に独占インタビューですよ。地元の民主党の訪米団に同行したらしいけど、これがどんなに凄いことか。核サイクルをカーターさんは自国の計画をマズイと思って握り潰したそうだ。実際の資料まであり、推進派と激しくやりあっている。原発や核サイクルはアメリカの押しつけではなく、むしろ核拡散を危惧しているのを、日本側がうるさく要求し「日米関係が悪くなる」とむしろ押し切られる形でOKしたと。
 
戦前戦中の資源不足や石油ショックのトラウマから、日本が自前のエネルギーについ拘ってしまうのは仕方ないのかもしれないが、そこまで原発や核サイクルに執着する、そこに誰のどんな欲望が働いていたのだろうか。
 
うちを空けることが多いので定期購読は難しいけど、お店で読んだり、でなければ買うしで、日々中日新聞読んでるよ。全国で、今朝日や読売を解約して東京新聞や中日新聞に乗り換える人が増えているそうだ。地方で買えない人は、ネット版を読んで、人にも勧めているらしい。
 
 
昔は「地元ネタに強いけどローカルかなあ〜」といまいち評価できなかったけど、不明を恥じております。がんばれ中日新聞!!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事