マレーシア生活へのSTEP1ガイド

日本人が住んでみたい国ランキング8年連続第一位のマレーシアで暮らす為のMM2Hビザを取得して優雅な生活をする方法をご案内

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

こんにちは。 平良です。



本日は、前回のブログから引き続きまして、マレーシアリンギットの為替レートのお話と、

MM2Hビザ申請のために必要な資金証明についてお話したいと思います。





まずはMM2Hビザの申請条件ですが、
MM2Hビザを申請するためには、資金面で以下の条件を満たさなければなりません。

*50歳以上の方
  RM(マレーシアリンギット)35万以上の資産証明
 ◆RM1万以上(1か月につき)の収入もしくは年金証明
  RM15万以上のマレーシア国内の銀行への定期預金

*50歳未満の方
  RM50万以上の資産証明
 ◆RM1万以上(1か月につき)の収入証明
  RM30万以上のマレーシア国内の銀行への定期預金




こちらが以前(2015年6月)、1RM=約34円だった頃には、必要な日本円は、


*50歳以上の方                                       
  〇餠眈斂澄〔1200万円            
 ◆ー入証明 約34万円           
  定期預金 約500万円

*50歳未満の方
  〇餠眈斂澄〔1700万円
 ◆ー入証明 約34万円
  定期預金 約1000万円

となっていました。



ですが現在、

*50歳以上の方
  〇餠眈斂澄〔935万円(約-265万円)
 ◆ー入証明 約27万円(約-7万円)
  定期預金 約401万円(約-99万円)

*50歳未満の方
  〇餠眈斂澄〔1340万円(約-360万円)
 ◆ー入証明 約27万円(約-7万円)
  定期預金 約801万円(約-199万円)


と、資金面でのハードルが下がっています。



このほか、資金証明以外にも、提出が必要な書類等もいくつかありますので、MM2Hビザの取得までには少しお時間がかかります。
STEP1Malaysiaホームページ 申請条件と申請方法


また、このところ、リンギットは下落傾向にありますが、今後さらに下落し続けるのか、再び30円台まで上昇するのかは私には予想は出来かねますが、必要な資金が安く抑えられるうちにMM2Hビザを取得することもご検討されてみてはいかがでしょうか。



もちろん、旅行などでこちらに来られても、とてもお得感があると思います。


ぜひこの機会に、マレーシアを訪れてみてくださいね。






全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事