ここから本文です
NPO相双歴史文化保存会 // さとばたけ〈since1749〉
ビジネスに活用する古典/四書五経・陽明学など

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 現在の城郭は、第11代城主・最上義光(1546〜1614)が築いたものが原型とされており、三ノ丸も義光の時代に大規模に拡張されたと考えられています。
 本丸・二ノ丸は、後の山形城主・鳥居氏(1622〜1636)の頃に大規模な改修が行われましたが、三ノ丸については幕末まで大きな変化はなかったとされています。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 至誠 / 離婁章句

    2019/4/19(金) 午前 7:31

    原文 孟子曰 居下位而不獲於上 民不可得而治也 獲於上有道 不信於友 弗獲於上矣 信於友有道 事親弗悦 弗信於友矣 悦親有道 反身不誠 不悦於親矣 誠見有道 不明乎善 不誠其身矣 ...すべて表示すべて表示

  • 報徳講座開催しました。

    2019/1/14(月) 午後 9:32

    南相馬市の生涯学習センターで、報徳講座「二宮尊徳のはなし〜知られざる尊徳の世界〜」を担当しました。機会を与えていただいたことで、今まであまり意識していなかったことが、かなりはっきり見えてきました。感謝です。 報徳訓 ...すべて表示すべて表示

  • 山家城(山形市山家町野伏山)

    2018/7/23(月) 午前 7:41

    山家城(山形市山家町野伏山) 南北朝から戦国時代にかけて、山家氏の居城でした。 南北朝時代に南朝方に属し、延文元年(正平十一、1356)に出羽按察使として入部した斯波兼頼と対立しました。のちに斯波兼頼と和議が整い、斯波氏に降り ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事