ここから本文です
私の逮捕&違法取調べ&裁判記録
厚生労働省の麻薬取締官と高松地検の違法な取調べは、国ぐるみで隠蔽されました。

書庫私の逮捕&違法取調べ&裁判記録

すべて表示






先日、千葉県野田市の小学4年生の児童が、自宅で死亡した事件で、
父親と母親が傷害容疑で逮捕されて、児童虐待の件が今 国会でも大きく
取り上げられていますが、亡くなった子供はもう帰って来る事はありません。


私とこも、上の孫に対する児童虐待で、昨年の6月1日に保育所からの通報で
児童相談所に子供を取られて、その後も虐待が見受けられたので、2回目は私が
通報し、児童相談所の担当者の方と話し合いを行って来て、現在に至っています。


娘の旦那は酒癖が悪く、モラハラ&DVですので、それに耐え兼ねた娘が昨年
の11月に自傷行為に及んだので、その日に娘と孫二人を実家に受け入れました。


それからは、私が応援し、見守っているので、そんな事は一切ありませんが、
その役目を行っている私は、近く高松高検の検察官に刑の執行を言い渡されます。


児童虐待の件は、高松地検も高松高検も東京都の中央更生保護審査会も
みんな知っているのに、私を収監するというこの国の無能さに言葉もありません。


中央更生保護審査会への上申書にも、この事はきちんと書き記してあるのに、
平成31年2月14日付けをもって恩赦不相当の議決がなされたと言う事です。


警察もマスコミも、何か事件が起きてからでないと騒ぎませんが、今ここに
児童虐待を防止している私がいるのに、一番大事なのはここだ!と言いたいです。


厚生労働省の麻薬取締官と高松地検の違法な取調べは、国ぐるみで隠蔽して
事件から5年以上も過ぎて、社会で更生している私を今さら刑務所に入れると
いう、国家権力の汚さとアホさに、私も「日本死ね!」と心から叫びたいです。


娘は主人の連れ子で、私の実の子供ではなく、当然 孫とも血の繋がりはなく、
それでも私は一生懸命になって、娘と孫をカバーして、愛情を注いで来ました。


上の孫は3歳になっておらず、下の孫もまだ1歳にもなっていないので、離婚した
娘には、まだ幼い子の子育てにどうしても私や主人の応援と見守りが必要なんです。


私が収監される事で、主人は足の指切断後のリハビリも中止、更に今まで
掛かっていた眼科も中止して、私が帰って来るまでの2年間を精神病院で過ごし、
同じく母も病院に行けないので、通院治療を断念する選択を余儀なくされました。


それにより、主人と母の病状が悪化する事が大いに予想されますので、
日本の司法と政府には、「犬畜生にも劣る人殺し!!!」と言いたいです。


高松高検に、私がブログでランキング不正をしているとか、他にも
色々と密告行為があったそうですが、私の中で犯人は特定できています。


私の親しいブロ友さんは、何もかもご存知だと思いますが、最近の私は記事の
更新も少なく、またランキングにも参加していませんので、不正などありません。


私がいなくなる事で、私とこの家庭は完全崩壊、、、、、
もっと他に凶悪な犯罪がいっぱいあるのに、そんな事件を先に取り締まれ!!!
こんな日本の国家には、天罰が下る事を私達家族一同、心から願っています


高松高検は、私が刑務所に収監されてから、再度 恩赦申請を行ったらいいと
言っていますが、国に弄ばれるのは、もう懲り懲りで、一度壊れたこの家庭と
私の心がもとに戻る事は二度とないし、私は日本の司法と国家を一生恨みます。


私の周りのリアルな友達も「有り得やん!!!」と、みんな口を揃えて
言っていますが、日本のこの違法な国家権力のあり方を安倍総理大臣を初め、
日本政府も、私達家族の必死な最後の訴えに、少しは耳を傾けてほしい限りです。


高松地検も高松高検も中央更生保護審査会も、家庭崩壊の現実を簡単に見て
いますが、長期に渡って私達家族を虐めて下さった御恩は本当に一生忘れません。


後、私とこの家庭がどうなろうと、この方々には関係がない事かも知れませんが、
その間にもし何か事件が起きたら、国家はこの責任を重く受け止めて下さい!!!


今後の事もあり、ここでのコメントは承認しませんので、御用のある方は
必ず鍵コメで書き込みして下さいます様、よろしくお願い申し上げます。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事