Fast&SlowStyle

時にスピーディーに、時にスローに

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

久しぶりの大型?修理がありました。
いつもの夏前の行事のエアコンガス補充。いつもの工場。「今回ガス入りませんでした。」「高圧側の圧力も低いです。」
私には苦手な分野ですので、いまいち理解できませんでした。
今までだましだましR12の代替えガス補充で対応してきました。
「このまま乗りますか?少し冷えますが。」
確かに冷たい空気は出ます。しかし炎天下では、ほとんど効かなくなるのは予想がつきます。
その後工場よりレトロフィットキットの話があり・・・特殊オイルとアダプター交換でR134aを使用できる仕様に変更できる・・・作業する事としました。いつものように工場の言いなりです(笑)。

ここで更に素人考えが出ました。キットを購入し工場に連絡すると、「古いコンプレッサーを外すので、壊れてしまうかも、キットを使う時はコンプレッサーなどを交換した時が、効果もありその後の故障リスクが低くなります」との事でした。うぅ、もっと詳しく聞いておくべきだった。とはいえすでにやる気になっていましたので、ネットショップでコンプレッサーとリキッドタンクとエキスパンジョンバルブを追加購入しました。キット自体は6千円程度でしたが、追加部品はそこそこお金が出て行きました。とはいえかなり安く仕入れましたが・・・。

ところが、この時期エアコン関連の修理が多く、お盆時期や仕事のタイミングで夏が終わりかけていました。
8月の終わりに3日間かけて作業完了です。
引き取り時は雨上がりで気温が低かったですが、明らかに冷えています。その後、天気の良い日に吹き出し口の温度を測ったら9度でした。
いままでからすると、かなりの改善です。そういえばコンプレッサーを変えたのは2度目、前回は12年前だったと思います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事