Fast&SlowStyle

時にスピーディーに、時にスローに

ボルボ240のお世話

[ リスト | 詳細 ]

走行距離が25万キロを超えました。長く乗っているとトラブルもまた楽しです。私の車以上に距離を走っている方々が素晴らしいコンディションで乗っていらっしゃいます。見習わねば・・・と思う今日この頃。
記事検索
検索

イメージ 1

昨年、立て続けに行った雨天後のエンジン不調はその後発生しておりません。昨年末は関東地方で珍しく雨の日があり、年末年始には新潟で大雨から雪となる厳しい状況でしたが、エンジンは絶好調でした!
ひとまず作業完了解いたします。これ以降は暖かくなってからの雨天後の状況チェックと致します。
新年早々幸先よし!かな?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日は天気が良く、少し時間出来たので240の雨対策の続きをやることにしました。
本当に暖かで気持ちの良い日です。
さて、用意したのはポンプリレーとデスビローターです。
デスビローターは3年半前に交換し32,500Km走行しました(ローターキャップは半年前に交換済み)、ポンプリレーは11年前に交換し63,600Km走行しました。
実は先週ローター交換をチャレンジしましたが歯が立ちませんでした。その後色々と調べたところ、
壊しちゃっても大丈夫という記事が見つかりました。また部品購入店に相談しても同じ回答がありましたので「勇気をもらって」本日決行となりました。
テコの原理を利用して引っこ抜こうと思いましたが、良さげな支点がありません。固着には「刺激」を与えると良いのではと思い、バイスプライヤーで軽く挟み、小さな金槌でプライヤーを下の方から上方向に向けてコツコツ優しく叩いてみました。その後プライヤーを垂直に挟み直し真上に引き上げたところ、あっさりと「ズッ」という手応えで取り外すことができました。
後は金属の接触部分を接点復活剤で綺麗に仕上げ、ローターを押し込みあっという間に終了でした。ポンプリレーもグローブボックスを外すと簡単にアクセスができました。
部品交換だけでは不足でしたので、今回はバッテリー後方にあるマイナスポイントの清掃です。
以前ここはアーシングで補強してあったのですが、相応に時間が経過したためボルトを外し腐食をワイヤーブラシで綺麗にして付け直しました。取り外す際、ボディに接する凸凹したワッシャーをなくさないようにする事がポイントかもしれません。
交換後は、ほんの少しエンジンが安定したように思いました。
補足として写真を追加しましたが、メインヒューズは純正の位置ですと雨水がかかりトラブルの原因となっていましたので、所有した直後に社外品で対応しました。
さて次の雨が待ち遠しいです。

イメージ 1

雨の対策をずっと続けてきて、一応一区切りついたと思いました。
しかし、今日の雨の朝、エンスト!!
雨はここ2日間降り続いています。さてどうだったかといいますと。
.┘鵐献鵐好拭璽函問題無し
▲▲ぅ疋螢鵐阿肋し長めの5分程度、問題無し
スタート!問題無し
ちりだし100メートルくらいにある信号、一時停止後右折で「エンスト」!!交差点内!!
グ貪戰ーをオフ、パーキングP、ハザード、そして再スタート!3秒程度のセルで再始動っ。
Δ修慮紊蓮快調!!ラフなアクセルワークやアイドリング程度のゆっくり走行も問題無し!

明らかに雨の日の不具合は程度が小さく又少なくなってきましたが、基本的な症状は変わっていません。

◆過去の症状を整理しますと
 ̄のあとに症状が発生する。
▲┘鵐献鷸脇阿ら10分間以内に発生する。
A行中に回転が不安定になり、アクセルを煽っても吹けなくなる。
ぅ┘鵐献鷦体が震え車体も震える。
セ々そのままエンジンが停止する。
Ε札襪浪鵑襪始動しない。
В隠以くらいすると再始動できる。
┐修谿聞澆浪浸も無かったように快調に動く。
雨以外には症状が出ない。
エンジン始動後、走行中より後に雨が降っても、症状が出ない。

◆今まで作業した内容は以下の通りです。
.ランク角センサー交換
▲僖錙璽好董璽幻魎(水掛防止製作)
デスビキャプ交換
ぅぅ哀縫奪轡腑鵐灰ぅ觚魎
ゥ丱奪謄蝓叱魎
Ε廛薀哀魁璽標魎(プラグ&センター)
Д劵紂璽左魎(数の不足で8A×4本はそのまま)

う〜ん、一通りやりつくした感じです。
今後も雨の影響があり、かつエンジンが温まると解消する場所の特定を続けていきます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雨天時のエンジン不調の対策をずっと続けてきました。そして最後の対策となりました(たぶん・・・)。
点火系に関わる最後のパーツ、プラグコードです。
今までのシリコンコード(日本製)は色味とか良かったのですが、今回は黒のBOSCH製。いたってシンプルでリーズナブルなお値段でした。某深大寺の専門店にネット注文すると翌日に配送となりました。
そして、交換作業、これまで使用していたコードは、プラグへの密着が強い!こじらないようにやっと外し、その他もスポッと抜きました。端子を比べるとBOSCHのは少しプアな作りです。でも、新しい方が絶対良い(ハズ)です。
プラグにもペコっといった具合に刺さりました。ちょっとぐらぐらする!!
見た目は・・・ごく普通です。コードも少し細い!
っで、エンジン始動〜。
う〜むあんまり体感できない。というかもともと乾燥している時には不具合が無かったので普通です。

さて雨の日が楽しみにになりました。

バッテリー交換

イメージ 1

イメージ 2

ここのところバッテリーは4年おきに交換している。4年使っても劣化の症状はないのだが、一度だけバッテリーが旅先で昇天した事があり、結構焦った記憶がある。その後、4年のタイミングにしている。距離にして約4〜5万キロ。
今回はBriteStarからACDelcoに変えてみた。ネットショップで安かったからだ。
さて電圧をチェックするとACDelco12.6V、BriteStar12.7Vっん??新品の方が電圧が低い??
更に横から見るとACDelcの方が2センチ高い。
ちと不安・・・。
気を取り直して、バッテリーのトレイを外してプラスチック保護材を吹き付けて、こんな時でないとやらないので・・・と、奇麗になりました。
さて、バッテリーを少し斜めにして、ストンとハマりましたっ(ホッ)。
2センチアップした分、以前特別に装着した雨ガードが干渉したので、えいっと曲げて完了!!
うーむ、やっぱり新しいのは良いね〜。
っで、セルをまわした所、いい感じです!前のバッテリーよりCCA値が高いためでしょうか。
とにかく力強くセルが回りました。
今年の冬はガンガンいきますよぉ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事