Fast&SlowStyle

時にスピーディーに、時にスローに

ボルボ240のお世話

[ リスト | 詳細 ]

走行距離が25万キロを超えました。長く乗っているとトラブルもまた楽しです。私の車以上に距離を走っている方々が素晴らしいコンディションで乗っていらっしゃいます。見習わねば・・・と思う今日この頃。
記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雨天時のエンジン不調で、クランク角センサー、パワーステージ、デスビキャップを交換しました。特にデスビキャップの交換は、効果が見られましたが完治には至らず、今回イグニッションコイルの交換をしてみました。いつもの優良工場のお兄さん曰く、コネクタを差替えるだけ、作業は超簡単!との事でした。
しかし、コイルは欠品や納品待ちが多く、在庫品でもちょっと高い!深大寺のショップに確認したところ8月中の入荷予定でした。梅雨の期間を我慢し9月4日、ネット上で「在庫」チェック!!すぐさま注文!そして、9月6日納品。他店より安かったです!!
っで9月7日の洗車後に作業開始。バッテリーのマイナスを外して、接点復活剤でコネクタ部分に注油して抜きやすくして(古い車なので部品の取扱いに神経を使います)、あっという間に交換完了。
そして、何か変わったかというと、何も変化なし。トルクアップとかアイドリングが上がったとか無かったです。エンジン始動時、恐る恐る高圧ケーブルキャップの部分を触ってみたりしました。人体実験・・・漏電なし・・・良い子は絶対やめましょう(危)。
しかし、24年間変えていなかったものですので、今度の雨降りの時は、きっと良い働きをしてくれるでしょう!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

先週末は天候が不順で予定したキャンプをキャンセルし、急遽八ヶ岳周辺の観光地をドライブする事になりました。
コースは白樺湖〜麦草峠〜美ヶ原高原〜松本市、そこそこの下りが続く行程です。
上りは苦手ですが下りは結構得意な240は気持ちのいい速度で走り最後の目的地の美ヶ原高原に到着しました。その後、松本ICに向かう下り坂、松本市街まであと3キロ程度の所でいきなりブレーキペダルの感触が変わりました。一回踏むと踏み抜いて、すぐ2回目を踏むとブレーキが利き始めるといった具合。ヤバいと思い道幅の広い所で停止し外に出た所、前輪付近から焼けた匂い、ベーパーロック現象の可能性ありです。初めて症状が出たのでよくわからなかったのですが、焼けた匂いでほぼ確信しました。土地勘のない場所でのトラブルで、気が落ち込んでいましたが、すぐさま情報収集しJAFの要請と店舗検索を始めました。以下行動記録です。
17:30 JAF要請 18:30頃到着予定の回答、
店舗検索は、10キロ以内に車用品店が何店舗かあり、営業時間はほとんどが19:00までなので、すぐに問い合わせ開始
17:45頃 近くの車用品店その1への問い合わせ、ブレーキオイル交換はやっていないとのこと
17:50頃 車用品店その2、時間を過ぎても修理可能、しかし240は対応作業車種ではないとのこと
18:15頃 オートバックス松本店 時間を過ぎても修理可能、240は作業経験はないが、見てみて可能であれば作業できるとのこと
18:30 JAF到着 1時間待っていて冷却が進みなんとかブレーキが利く状態までになったが、安全防止のためJAFで並走してもらう事になった。ナビでの走行で効率よく走れない為、途中から店舗までJAFが先導して下さいました。
19:20店舗到着。メカの方が待ってくれていました。すぐさまチェックに入りレジで作業受付をする。
20:10作業完了。
ブレーキオイルを全交換し、取出したオイルには小さな気泡がかなり混じっていたと事でした。
問合せと支払い時に優しく声をかけてくれた店員さん。時間を超えて丁寧に作業して説明もしてくれたメカの方々。おかげで様で安心して帰宅する事が出来ました。
ちなみに他の2店鋪は作業ができませんでしたが、その対応はすごく丁寧でした。安全を担保するために修理規制があるのでしょう。こちらの店鋪にもありがとうと言いたいです。
松本最高!長野最高!JAF最高!そしてオートバックス最高!!

ゾロ目が出たよ

イメージ 1

20万キロの撮影にしくじってしまったので、今回はメーターの動きに注意していました。そしてとうとう「222,222」Kmのゾロ目をゲットしました!!
しかし喜びもつかの間、この2時間後、絶望のどん底に突き落とされたのでした。つづく・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

20年以上経ってくるとプラスチックパーツは弱くなりますね。先日ドアポケットにちょっと太いペットボトルを入れたところ「ペキっ!」っと割れてしまいました(悲)。
未使用品を探しても、そこそこ製造から時間が経っているし・・・。DIYか・・・。
今回は、液体系強力接着剤は使用しません。再度力が掛ると接着面が剥がれてしまう可能性があるからです。そこで試してみるのは。模型の再生用に買ったプラスチックリペアキット!充填用の粉と溶解用の液体のセットです。
割れた裏面に「V字形の溝」を切って充填剤を流し込むところを作ります。完全に脱脂してあとは充填するだけ。強度を上げるためにわざと盛り上げています(見えないので良いのです)。約5分で硬化完了。後は全体にプラスチック保護材を塗って装着です。
う〜む素晴らしい仕上がり(自画自賛!!)
しかし、また割れると面倒くさいので、これからは柔らかい軽いもののみ入れることにしました。

そしらた・・・・。息子が反対側のポケットを足で蹴飛ばして、「ペキっ」っとorz...

中古パーツゲット

イメージ 1

いつもの工場より「廃車になる240があります。部品どりしませんかぁ〜」のお知らせ。板金の相談がてらに行ってみると、結構やれた淡い青の240。しかし、装着1年くらいのリアゲートショックがあり、程度の良い吹き出し口、それと実働のワイパーモーターをゲットしました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事