宰府の梅だより

趣味の真空管アンプ作りをご紹介します。写真や旅行や日々の出来事についても・・。

全体表示

[ リスト ]

太宰府天満宮の飛梅

太宰府天満宮の飛梅が咲いた、しかも昨年12月にと聞いて見に行ってきました。周囲の梅がまだ
固い蕾なのに、まだ数輪だけですが飛梅だけが咲いていました。
温暖な天気は今日までで、明日からは真冬の天気に逆戻りするとか。せっかくの花が寒さに凍える
のではと心配です。
イメージ 3
小さくてわかりにくいので拡大しましょう。中央左の白梅です。他の蕾も膨らんでいますが、まだ
しばらくはかかりそうです。昨年来の異常な暖かさによる狂い咲きでしょうね。これを目当てに来る
観光客も多いようで、飛梅の周りは人だかりでした。
イメージ 1

太宰府天満宮は沢山の人出でしたが、初詣というよりも外国からのお客様が殆どのようです。
暖かな晴天に恵まれて、快適な観光旅行になったことと思います。それにしてもひっきりなしの
観光バス!博多港にクルーズ船が入港でもしたのでしょうか。

太宰府天満宮に通じる道路はどこも渋滞してます。自宅から少し距離はありますが、今日は
歩いての参拝です。帰宅の途中にある観世音寺にも寄りました。こちらは閑散としておりゆっくりと
参拝ができました。皆様にとりましても、今年も良い年でありますように。
イメージ 2

これで三社詣りもできました、メデタシメデタシ。でも、いつまでもお正月気分ではいけませんね。
そろそろ趣味の真空管に取り掛からねば・・・。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは♪♪

この時期の蕾の硬さ、、、春が来て水が温み
風が柔らかくなって、、、

この時の為に硬いんですね。

まだまだ早いですが、、、冬来りなば春遠からじ
ですね。

田舎の冬はホウレン草を雪の中に埋めていました。
そうすると甘くなるんですね。

ではでは

2017/1/12(木) 午後 6:38 [ Yさんです ] 返信する

顔アイコン

Yさんです様
そうですね、蕾を固くして寒さに備えているようです。蕾がほころびだすのを見て我々は春の訪れを感じるのですね。本格的な寒さはこれからですが、早く暖かくなって欲しいものです。
ほうれん草に限らず大根など雪に埋めて保存するという話は聞いていました。保存することに加え甘みが増すメリットもある!昔からの知恵なんでしょうね。

2017/1/12(木) 午後 7:58 [ 梅天神 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事