「アドマン」365日勉強中!

名古屋の広告代理店で働く若輩モノたちが、毎日楽しく生きるプラス思考?なブログです。

全体表示

[ リスト ]

madoka magica

略してまどマギ。
始まりましたねー。


「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」
2013年10月26日(土)全国劇場にてロードショー



テレビシリーズをベースに製作された「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編/後編]」を経て、満を持して送り出される「[新編]叛逆の物語」。総監督・“新房昭之”、脚本・“虚淵玄(ニトロプラス)”、キャラクター原案・“蒼樹うめ”、アニメーション制作スタジオ・シャフト。そして彼らを中心に多くのメインスタッフが再集結。脚本・作画、全てが完全新作。

願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を描いたテレビアニメ、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版3部作である。(ウィキペディアより)


前回までの劇場版[前編/後編]はすっ飛ばして観に行ってきた私ですが、
内容的にはテレビシリーズのおさらい(しかしクオリティの高い修正と再編集アリ)のようなので、
こちらはDVDレンタルで出る頃に確認をしたいかな、と考えての鑑賞でした。
テレビシリーズを見ていて内容もある程度覚えていたので、
[前編/後編]を観なくても一応楽しめたように思います。

女性特有の感情、みたいなものをアニメで表現するとこうなるのかな〜、なんて感想が残りました。

また新たに女性性の不思議な部分を垣間見た時の感覚、に近いような・・・
でもこれはまどマギの全体を通して感じる印象なのかも。



私は最近なにかと“女の人”について考える機会が(いや、なにかと)多いのですが、

「魔法」「変身」「強さ」
は大事なキーワードのような気がしています。個人的に。


それにしても今になって思うと、幼い頃にテレビで見た魔法少女モノの変身シーンは、

一種の「性の目覚め」を覚えさせたキッカケであるような気がしなくもないです。


そんな覚えはない!という男性にも、もちろん女性にもオススメの映画です!

ではではー

〓ksk


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事