天武無闘流柔術会のブログ

日本の古流柔術を受け継ぎ、護身術を身に付けられます。
イメージ 3

天武無闘流柔術会の稽古に来ている仲間と今は参加していないけど前に参加していた仲間と連絡を取って交流しました。
久しぶりの交流でお互いの今の生活状況も話し合えました。
人生を共にする仲間ならではのいい話し合いが出来てよかったです。
イメージ 1
イメージ 2


この記事に

開く コメント(3)

毎年稽古仲間で花見に出かけています。
ことしも鶴舞公園で行いました。
今回は師範の生徒さんも加わってにぎやかに交流できました

イメージ 1
イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

天武無闘流柔術会の記事が、
月間「秘伝」5月号に掲載!
全国の古武道を紹介されて、その中で北陸中部版で3つの道場が紹介され、我々の天武無闘流柔術会が
紹介されましたのでその記事を載せます。
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

道場名:天武無闘流柔術会(てんむむとうりゅうじゅうじゅつかい)
代表者名:井上 泰(いのうえ やすし)
稽古場所:公共施設 (名古屋市スポーツセンター)
水曜日:枇杷島スポーツセンター、 土曜日:北又は東スポーツセンター
稽古時間:水曜日19:00〜20:45(1時間45分)、土曜日:18:30〜20:45(2時間15分)
お問い合わせ先:井上 泰 携帯電話:090−6091−6653 メール:kojyujyutu1844wcm.ne.jp

        又は:小川輝夫 携帯電話:090−4264−9959  FAX:052−584−5715

 メール:ogawa47@icloud.com
<道場の特徴>
その術技体系は剛像系(こわて)という、突き・蹴りを主とした当身技。柔像系(やわて)という 投げ・関節・絞め・抑えを主とした技及び武器術(棒術・抜刀術・ぶんぶんばり術等)が主体となるが 古柔術の流派としては、打撃技が多いのが注目される点である。 特に、体技(受け身)の動きを活用した「空転蹴り」相手の投げを利用した「忍手浴びせ蹴り」受け身 した位置から蹴る「地斜蹴り」等は他流に見られない天武無闘流柔術最大の特徴であろう。
<入門して一番始めに教えること>
・礼を行うことを稽古の始めに行い、入門者にも礼のやり方を教えます。座位の姿勢と挨拶の方法及び当道場の訓(5つの訓示)です。当柔術会の根本趣旨として、出発点は人が人として、高めあい、認め合うことから始まり、身体活動や精神活動と通して、社会に行為や行動のできる能力を養う一端として、武道の実技や人倫の理法を通して、自己を主体的・実践的・創造的に高め社会の事象に即応できる能力を養うこととしています。このことから礼に始まり礼に終わる稽古をしています。
<入門者へアドバイス>
・稽古の目的は、強くなって相手を倒すことではありません。攻撃が主体の稽古でなく、護身を主体にした受け身技、相手の力を利用した術技を行うことを基本にしています。相手を傷つけない方法にも気をつけた技法で稽古を永く続けていくことで身体も精神も健康にしていくことを目指しています。基本の体技である受け身や構えなどの習得から始めるため、いわゆる目立つ派手な演武ではない為、競技をして勝つことを目的としていない為、他の道場とは違いますが実際に参加していただければ良さがわかります。

この記事に

開く コメント(0)

天武無闘流柔術の紹介
天武無闘流は「無闘流」「天武暁無闘流」「天武無斗流」など、いくつかの名称で呼ばれる。それぞれ使い分けがなされる場合もあるが、広義には同一の流派である。(ここでは「斗」は「闘」の略字ではなく、別の意味を持って用いられている)
古伝の無闘流は、平家一門の流れを汲み、越中に三百十数年以前に、流祖・佐々木家束柾奈が伝承したもので、佐々木家代々に一子相伝で伝えられてきた流派である。
「無闘流」は後述のように、柔術のみならず幾種類もの武器術を含む総合武術であり、九代目・十代目の宗家が同流の拍打術・体挫術を母体に整理したものが、狭義の「天武無闘流柔術」とも言える。
また、佐々木武久は存命中に「相生道」という名称で現代武道としても発展・分派させており、こちらは相生道本院の指導のもと、大学(多摩美術大学及び南山大学)の部活動のほか、愛知県下数カ所のスポーツセンターなどで開講されている。
特徴[編集]

その術技体系は剛像系(こわて)という、突き・蹴りを主とした当身技。柔像系(やわて)という投げ・関節・絞め・抑えを主とした技及び武器術(棒術・抜刀術・ぶんぶんばり術等)が主体となるが 古柔術の流派としては、打撃技が多いのが注目される点である。 特に、体技(受け身)の動きを活用した「空転蹴り」相手の投げを利用した「忍手浴びせ蹴り」受け身した位置から蹴る「地斜蹴り」等は他流に見られない天武無闘流柔術最大の特徴であろう。

この記事に

開く コメント(0)

毎年恒例のビヤガーデン会です。
今年は、栄のテレビ塔したのビヤガーデンで開催しました。
いつも稽古に参加している仲間も参加できていない仲間のそろって楽しみました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事