天武無闘流柔術会のブログ

日本の古流柔術を受け継ぎ、護身術を身に付けられます。

古流柔術必倒技鉈(なた)落とし』技を紹介します。イメージ 2



① 相手の突き技を払(ふつ)いで捕縛し、肘(ひじ)に天秤(てんびん)をかける。
イメージ 1

イメージ 3







イメージ 4
イメージ 7


イメージ 5









② 相手の腕を誘導し、折り(おり)たたみ、吊り(つり)の状態にする

イメージ 6











③ そのまま、相手の肘と手の甲(こう)を極めて
  前下に落とすと共に、足払い(大外)をかける。

イメージ 8

イメージ 9








④ 相手と一緒に自分も落下(捨て身)し、
  落ちた相手に肘打ちを浴びせる。(留め)

イメージ 10

イメージ 11








イメージ 12

⑤ 合気道の四方投げや柔道の
  大外刈りはこの技が原形と言われる。
    当身(打撃技)と投げ技を同時に掛けるのが古柔術の特徴です。
    




この記事に

開く コメント(0)

今度は、棒を待ちだして対決です、

こんどこそ負けないぞと鋭く棒を

突き出しています。
イメージ 1

 ぶんぶんばりを持った術者は、
余裕で相手を見て動きを見定めています
イメージ 2
イメージ 3













いざ構えて、どんと来い棒の先を睨んでいます。

どんな動きをしてもこの鎖をぶんぶんばりでとらえるぞ!
イメージ 4
イメージ 5


    ついに棒をとらえました。どうだ!動きをおさえたぞ!
イメージ 6

イメージ 7


 棒を持った演者は、抵抗しますが、棒はとらえらた。

捕えた棒を引き寄せて相手に近づていきます。

イメージ 8
イメージ 9












ついに棒の動きを止めました、これで棒の動きを制した。    
イメージ 10イメージ 11

 相手は抵抗しますが、いったん捕えられた棒は自由にでいません。
 棒の術者は、厳しい顔になり困ったと思っています。

 棒を足で踏みつけてさらに棒の動きを止めて、
相手を仕留めていきます。

 どうだ参ったか、降参するか。と決めていきます。

天武無闘流柔術会愛知県本部の練習です。
あなたも参加して見ませんか。
高校生から団塊の世代のおじさんまで参加しています。
もちろん女性も歓迎です。女性で長く続けて見える方もありますよ。
気軽に問い合わせしてください。
連絡先は、小川 まで 電話:090−4264−9959

この記事に

開く コメント(0)

今度は、接近戦での対決です。

相手が直前まで近いてきた。
又は、相手に接近する。   
 
イメージ 1
イメージ 2今度は相手が攻撃してきます。
対を変化して相手をとらえます

 

そして投げつけます。どうだ、マイッタか! 
イメージ 3
イメージ 4












降参だ!やっぱりぶんぶんばりには勝てないな!

イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2

ぶんぶんばりの実技演習(柔術の技の紹介)


  • ぶんぶんばり術/連鎖三角棒術

「ぶんぶんばり(漢字表記なし)」は、無闘流で最も特徴的な武器。外見は巨大なヌンチャクの如きもので、二尺の丸棒を鎖で繋いだ形をしている。

元々の形態は三節棍に類似した形状を持つ「連鎖三角棒」で、三節のうち真ん中の二尺の棒を鎖に替えたものを「ぶんぶんばり」と呼び、六尺の棒と戦う型が伝えられている。

「古伝、ぶんぶんばり術」
ぶんぶんばりとは、天武無闘流に伝わる独自の武器で、同流の連鎖三角棒の真ん中の棒を鎖に付け替えたもので、鎖が長くなった分、相手の身体(首、手首)に巻きつけて投げたり絞めたり、また敵の武器に絡めて制したりと多彩な術技が展開できることが特徴である。
イメージ 1ぶんぶんばりで対決です。
相手は構えています。
(武器をもっている場合もありますが)
ぶんぶんばりをもっている術者は、
相手の動きを見て構えます。


相手がかかってきたところをとらえて首に鎖を巻き付けます。

イメージ 3

         巻き付けた鎖をぶんぶんばりで引き寄せます。エイーヤー
さらに、巻き付き首をぶんぶんばりを横にやって相手を倒します。

イメージ 4イメージ 5

倒したあとでいったん首から鎖を外します。
倒した後も構えを崩さずに相手の動きを見て構えます。
そして相手の動きを見て次に動作に入ります。相手がさらにかかってようであれば、鎖で固めをします。
イメージ 6


 どうだ参ったか。
降参です。マイッタ!マイッタ!と畳に手をたたいて意志を伝えます・
イメージ 7

 
イメージ 8

 

 


この記事に

開く コメント(0)

稽古の中でやっている技を紹介します


「地斜足剣蹴り」です。
「陽身球」という技から引き続いてこの技に入ります

イメージ 1

(1) 先ず構えから、左足を前にして右手を肘まで上げて構え、
   左手は前にして防御の姿勢です。
イメージ 2




(2) 重心を左足に移動していきます。
イメージ 3
(3) さらに移動して体を前にしていきます。
イメージ 5イメージ 4
(4)そして前転をします。
イメージ 6
(5)畳に手をついて受け身をします。
イメージ 7


イメージ 8

 

(6)そして次の技へ移動すつ体形に入ります。
イメージ 9

(7)さらに反転して、足を蹴り上げます。
イメージ 10
(8)目線は、右足の先にいる相手を見ています。
イメージ 11



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事