天武無闘流柔術会のブログ

日本の古流柔術を受け継ぎ、護身術を身に付けられます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

① 敵に我の腕を掴まれて引かれ打撃攻撃された時、
イメージ 1
イメージ 2










② 受けて相手の腕の下を潜りながら肘打ちを入れる。
 
イメージ 3イメージ 4



 






  腕を潜り相手の背後に廻り込むと同時に我は転身して
  相手の腕を肩を軸に持ち上げる。
 
イメージ 5
イメージ 6


④ さらに相手の手首を極めながら前方に誘導すると共に延髄(首筋)に
   手刀を入れる形で落として投げ落とす。
イメージ 7
イメージ 8




 
⑤ この投技は投げ捨てになるので倒れ落ちた相手にすかさず
  踏技(ふんぎ)を入れて留めを刺す。
イメージ 9
イメージ 10



 




<技の解説と応用>
合気道の回転投げはこの技から産まれたものである。また投げられた際の受身は空転受身と言って稽古では飛んでから空中で縦回転して足で受身をとる。
この受身を単独で攻撃に使用すると「空転蹴り」と云う蹴り技になり、空手等が近代になってから使われるようになった「胴廻し回転蹴り」はこの技法が原型である。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事