天武無闘流柔術会のブログ

日本の古流柔術を受け継ぎ、護身術を身に付けられます。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

天武無闘流柔術会のブログを下記のアメーバに移行しています。
新規の投稿は、アメーバーでやっています。このブログは、
年内に閉鎖されますので
これからは、下記のアメーバーのブログでお願いします。


① 敵に我の腕を掴まれて引かれ打撃攻撃された時、
イメージ 1
イメージ 2










② 受けて相手の腕の下を潜りながら肘打ちを入れる。
 
イメージ 3イメージ 4



 






  腕を潜り相手の背後に廻り込むと同時に我は転身して
  相手の腕を肩を軸に持ち上げる。
 
イメージ 5
イメージ 6


④ さらに相手の手首を極めながら前方に誘導すると共に延髄(首筋)に
   手刀を入れる形で落として投げ落とす。
イメージ 7
イメージ 8




 
⑤ この投技は投げ捨てになるので倒れ落ちた相手にすかさず
  踏技(ふんぎ)を入れて留めを刺す。
イメージ 9
イメージ 10



 




<技の解説と応用>
合気道の回転投げはこの技から産まれたものである。また投げられた際の受身は空転受身と言って稽古では飛んでから空中で縦回転して足で受身をとる。
この受身を単独で攻撃に使用すると「空転蹴り」と云う蹴り技になり、空手等が近代になってから使われるようになった「胴廻し回転蹴り」はこの技法が原型である。

鶴舞公園に仲間が7人集まり交流!格闘技談義にも花が咲きました。

イメージ 1

古流柔術必倒技鉈(なた)落とし』技を紹介します。イメージ 2



① 相手の突き技を払(ふつ)いで捕縛し、肘(ひじ)に天秤(てんびん)をかける。
イメージ 1

イメージ 3







イメージ 4
イメージ 7


イメージ 5









② 相手の腕を誘導し、折り(おり)たたみ、吊り(つり)の状態にする

イメージ 6











③ そのまま、相手の肘と手の甲(こう)を極めて
  前下に落とすと共に、足払い(大外)をかける。

イメージ 8

イメージ 9








④ 相手と一緒に自分も落下(捨て身)し、
  落ちた相手に肘打ちを浴びせる。(留め)

イメージ 10

イメージ 11








イメージ 12

⑤ 合気道の四方投げや柔道の
  大外刈りはこの技が原形と言われる。
    当身(打撃技)と投げ技を同時に掛けるのが古柔術の特徴です。
    




今度は、棒を待ちだして対決です、

こんどこそ負けないぞと鋭く棒を

突き出しています。
イメージ 1

 ぶんぶんばりを持った術者は、
余裕で相手を見て動きを見定めています
イメージ 2
イメージ 3













いざ構えて、どんと来い棒の先を睨んでいます。

どんな動きをしてもこの鎖をぶんぶんばりでとらえるぞ!
イメージ 4
イメージ 5


    ついに棒をとらえました。どうだ!動きをおさえたぞ!
イメージ 6

イメージ 7


 棒を持った演者は、抵抗しますが、棒はとらえらた。

捕えた棒を引き寄せて相手に近づていきます。

イメージ 8
イメージ 9












ついに棒の動きを止めました、これで棒の動きを制した。    
イメージ 10イメージ 11

 相手は抵抗しますが、いったん捕えられた棒は自由にでいません。
 棒の術者は、厳しい顔になり困ったと思っています。

 棒を足で踏みつけてさらに棒の動きを止めて、
相手を仕留めていきます。

 どうだ参ったか、降参するか。と決めていきます。

天武無闘流柔術会愛知県本部の練習です。
あなたも参加して見ませんか。
高校生から団塊の世代のおじさんまで参加しています。
もちろん女性も歓迎です。女性で長く続けて見える方もありますよ。
気軽に問い合わせしてください。
連絡先は、小川 まで 電話:090−4264−9959

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事