栃木県内見て歩る記

主に栃木県内各地の紹介です。

花の山

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 茂木町と益子町の境の近くに花の山がります。
 以前から話は聞いていたのですが、中々行けなくて、
 4月17日に初めて行って来ました。

【花の山の概要】
 花の山は、栃木市に本社のある
 「がんこ職人 もめん弥」が経営している自然園です。
 他には、栃木市に「花之江郷」があります。
 花の山は、ゴルフ場の造成ブームの頃に切り開かれた里山で、
 ゴルフ場に植える木を販売するための木を育てる山だったとの事です。
 造成ブームが終わると、木の需要もなくなり、
 山は放棄されたままだったとの事です。
 そんな話を聞きつけたもめん弥と
 志を同じくする70人の花咲爺さん(婆さん)が集まり、
 山を買い取り、ゴミを片付け、はびこる蔓を刈り払い、
 代わりに花木を植えたとの事です。
 施設のプロデューサーは、世界的な押し花アーティストの杉野宣雄さんです。
 NHK「趣味の園芸」などのテレビ番組にも出演しているそうです。

 敷地面積は35,000坪で、遊歩道は4kmほどとの事です。
 敷地内には、園内を一望しながら入れる足湯や
 ドローンの飛行場、ドッグランもあります。
 入園料は大人800円です。
 開園期間は今年の場合4月1日〜5月31日です。
 詳しくは下記をご覧ください。
 http://www.hananoyama.jp/

【その他】
 1枚目の写真は遊歩道、2枚目は雪柳とレンギョウ、3枚目は斜面の花、
 4枚目は斜面の遠景、5枚目は足湯です。
 その他の写真は下記をご覧ください。
 http://orangestudio.homeip.net/gallery/user.php?userid=17933

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

八幡山公園の桜2017

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 宇都宮の一番の桜の名所は八幡山公園です。
 今年は桜が満開になるのが遅くて、露店や雪洞が終わってから満開になりました。
 八幡山公園の桜は2006年4月9日に紹介していますが、
 今回13日に行ったので、改めて載せる事にしました。
 なお文章などは、前回とほぼ同じです。
 ちなみに前回のは、下記の通りです。
 https://blogs.yahoo.co.jp/tennnennkozi/32369005.html

【公園の概要など】
 1906年(明治39年)、
 塩田蓬一郎氏がこの丘の上に「塩田園」を開園したことが
 八幡山公園の始まりです。
 塩田園は、1915年(大正4年)頃までは
 入園料金を徴収して、その維持管理に当たっていたようです。
 塩田蓬一郎氏がどのような人物であったかは調べたのですが、
 良く分かりませんでした。
 1925年(大正14年)、宇都宮市議会で、
 市民の健康増進を図るため都市公園の建設が決議され、
 塩田園を基本に周囲の土地を買収して整備されました。
 公園の設計は、当時の造園学の権威、田村剛博士が担当しています。
 田村博士は、後に日本自然保護協会の理事長などの要職も歴任しています。
 そして、1927年(昭和2年)4月1日、開園されました。
 総面積21ha、現在は、360度のパノラマが楽しめる宇都宮タワーがあり、
 植物園、交通公園、児童遊園、ジョギングコースなどが整備されています。
 桜の木は約800本あるとの事です。

【その他】
 1枚目は花見を楽しむ人々、2枚目は下から撮ったもの、
 3枚目は警察本部と県庁が背景の桜、4枚目はタワーと桜、5枚目は遊歩道です。
 その他の写真は下記をご覧下さい。
 http://orangestudio.homeip.net/gallery/user.php?userid=17933

 

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

熊谷桜堤

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 熊谷桜堤は、JR熊谷駅南口から歩いて5分ほどの所にある荒川北岸の桜の名所です。
 4月5日に行って来ました。
 桜はまだ早い感じでしたが、多くの人で賑わっていました。

【熊谷桜堤の概要】
 1580年頃、現在の熊谷桜堤よりは駅寄りの所に熊谷堤が築かれ、
 その後、桜が植えられました。
 江戸時代から、桜の名所として有名になっていました。
 明治時代に入って、一度枯れてしまいましたが、
 1886年(明治19年)から植樹を開始し復活し、
 1910年(明治43年)には906本に達したとの事です。
 1923年(大正12年)には、内務省から名勝の指定を受け、
 上野からの花見客向け臨時列車が運転されるなど、大いに栄えていましたが、
 1925年(大正14年)、大火にあい、多くが焼失、衰えてしまいました。
 1952年(昭和27年)、荒川改修により、新たな熊谷堤が築かれ、
 そこに熊谷市・市制施行20周年事業として植樹、現在の熊谷桜堤となりました。
 桜の延長は2kmになるとの事です。
 1954年(昭和29年)、熊谷堤の名勝指定が解除されましたが、
 1990年(平成2年)には、日本さくら名所100選にも選ばれています。

【その他】
 1枚目は桜と菜の花、2枚目は堤と桜、3枚目は桜を楽しむ人々、
 4枚目は桜のアップ、5枚目は露店の様子です。
 その他の写真は下記をご覧ください。
 http://orangestudio.homeip.net/gallery/user.php?userid=17933

 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事