栃木県内見て歩る記

主に栃木県内各地の紹介です。

全体表示

[ リスト ]

栃木県庁舎

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 2004年10月に着工した栃木県庁舎が完成し、一昨日落成式がありました。
 総額530億円の巨費を投じた建築です。
 出来立てホヤホヤの県庁を見る機会も少ないかと思い、
 昨日から行われている一般公開に行って来ました。

【県庁舎の概要】
 完成したのは、地上15階地下2階の高層棟と東側の5階建の低層棟で、
 延べ床面積は約65,000平方メートルです。
 高層棟の西隣に4月完成した県議会議事堂(延べ床面積約12,000平方メートル)などを含めた
 総費用は約530億円との事です。

【県庁舎建設までの経緯】
 栃木県は1873年(明治6年)6月15日に、栃木県と宇都宮県の合併し、
 栃木町(現栃木市)に設置されました。
 この時設置されたのが初代県庁舎です。
 その後、1884年(明治17年)に宇都宮の現在の地に移転しています。
 これが2代目の県庁舎です。
 時計台のそびえる和洋折衷の近代的な建物であったと伝えられています。
 この建物は、1888年(明治21)、火災により焼失し、翌年に再建されています。
 これが3代目の県庁舎です。
 1936年(昭和11年)、県庁は再び火災により全焼し、
 1938年(昭和13年)に佐藤功一が設計した4代目県庁が竣工となります。
 佐藤功一は、栃木県国分寺町(現下野市)出身の建築家で、
 早稲田大学の建築科の教授を勤めた人物です。
 日本の多くの県庁舎の設計を行うとともに、
 東京の日比谷公会堂、早稲田大学の大隈記念講堂などを手掛けています。
 最近、この大隈記念講堂が重要文化財に指定されました。

 1985年(昭和60年)7月、当時の渡辺文雄知事が県庁舎の建替えの検討が始まります。
 2000年(平成12年)3月に、基本設計が出来上がります。
 この頃から、県庁舎の保存運動が起きます。
 その年末の知事選挙で、全面見直しを掲げた福田昭夫知事が当選します。
 その後の検討の中で、旧県庁舎の一部を保存する条件を付けて、
 新県庁舎の建設が決定します。
 2004年(平成16年)の知事選挙で、現在の福田富一知事が当選しますが、
 その公約に、新県庁舎建設計画の見直しが掲げられていました。
 この公約に基づき、18階建てだった庁舎と3階分削る事で、建設が行われました。

【その他】
 1枚目の写真が、高層棟と議会棟です。
 2枚目は高層棟の1階エントランス、3枚目が一部残された旧県庁舎です。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

旧庁舎は茨城も群馬も移築保存して現在も利用してるのと比べても、一部保存などという姑息な手段をとったのは栃木県民として大変恥ずかしいです。宇都宮に古い建物が少ないのは空襲を受けたからばかりではないことがこの出来事で分かりました。古いものは時には足枷にもなりますが、助けてもくれます。伝統を持たない人間は弱いです。

2007/12/16(日) 午後 8:38 [ JITTA ] 返信する

顔アイコン

吹き抜けのエントランス、すごいですね〜。
誰にとっても使い安く安全な建物だと良いですね。

2007/12/16(日) 午後 11:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

長年にわたり検討されてきた新庁舎が無事に完成いたしましたことは本当に喜ばしいことです。沢山の人たちによって生まれ変わった県庁ですね。歴史を拝見すれば、幾度も火災に見舞われているのですね。近く、大規模な地震が起こるであろうこのときに、安全を考えるなら建替えも良いタイミングのように思います。多くの人によって支えられたきた新庁舎完成までの経緯を感謝しつつ、栃木県として又一つ、誇りが出来たようで嬉しいです。

2007/12/17(月) 午前 10:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

JITTAさん コメント有難うございました。

古い県庁舎は残して欲しかったですね。
設計が本県出身だった事もありますからね。
残念な気がします。
歴史を大切にする事は人間を大切にする事だと思っています。

2007/12/17(月) 午後 7:58 [ 天然居士 ] 返信する

顔アイコン

滄さん コメント有難うございました。

エントランスは少し立派過ぎたかも知れませんね。
今の建築ですから、
省エネルギーでバリアフリーになっているようです。

2007/12/17(月) 午後 8:00 [ 天然居士 ] 返信する

顔アイコン

aqura_saraさん コメント有難うございました。

530億円の巨費を投じた県庁舎ですから、
それが安かったと言うような使われ方になると良いですね。

2007/12/17(月) 午後 8:05 [ 天然居士 ] 返信する

顔アイコン

旧庁舎と新庁舎は、ちょっと似ていますね。庁舎の歴史を拝見すると火事の危険を実感します。
旧庁舎の全面保存ができなかったそうで全く残念です。一部保存されている建物を拝見するといかにも昭和でありながら新鮮な感じのする建物です。

2007/12/17(月) 午後 10:51 [ tak*s*im*jp ] 返信する

顔アイコン

takashimtjpさん コメント有難うございました。

そうですか。似ていますか。
旧庁舎のイメージを新庁舎に取り入れたのかも知れませんね。
一部保存になってしまいましたが、
懐かしがっている人もいるようです。

2007/12/18(火) 午後 9:26 [ 天然居士 ] 返信する

顔アイコン

私も一般公開日に見物に行きました。16日でしたのでイベントが多く混雑しておりましたが、知事室や委員会室なんて二度と見られないでしょうからよい経験でした。 削除

2007/12/23(日) 午前 0:04 [ ぱんぷきん ぱい ] 返信する

顔アイコン

ぱんぷきんぱいさん コメント有難うございました。
そうでしたか。2日目はかなり混雑したようですね。
新聞によると、4万人近い人が来たと書いてありましたから、
県人口の2%になります。
それだけ関心が高いのでしょうね。

2007/12/23(日) 午後 8:06 [ 天然居士 ] 返信する

顔アイコン

すずめです。こんばんは。
栃木県庁の前は、職場への通勤でいつも通っています♪ お金かけすぎですよね(^^♪

2008/8/2(土) 午後 9:04 suzume 返信する

顔アイコン

すずめさん コメント有難うございました。

そうですね。
本当に建替える必要があったのかは疑問ですね。
建替えによって、県の財政も厳しくなったかも知れませんね。

2008/8/3(日) 午前 11:35 [ 天然居士 ] 返信する

はじめまして!
尊敬する佐藤功一先生の記事を書いてこちらに来ました。
部分的な保存でも本当によかったですね。
ありがとうございます。
TBさせてください♪ ぽち。

2009/7/21(火) 午後 0:55 Kayo 返信する

顔アイコン

Kayoさん 初めまして。
コメント有難うございました。

佐藤功一は、栃木県の出身でもあり、
全部保存できれば良かったのですが。
でも、残された所は建設当初の姿に復元してあります。
もし機会がありましたら、いらっしゃって下さい。
トラックバックとポチ有難うございました。

2009/7/22(水) 午前 0:19 [ 天然居士 ] 返信する

初めまして、こんにちは。
展望レストランの記事を書くのに、県庁舎を検索して訪問させていただきました。

CHOCOも旧庁舎が好きでした。
今回行ってみて、中庭とかお金かけ過ぎのような気がします。

トラックバックさせて下さい。☆ポチ

お気に入りにも登録させて下さいねヽ(^o^)丿

2010/7/6(火) 午前 10:35 ☆ CHOCO ☆ 返信する

顔アイコン

CHOCOさん 初めまして。
コメントとトラックバックとポチ有難うございました。
概ね週1のペースで歩いたところの記事を載せています。
これからも宜しくお願いいたします。

2010/7/6(火) 午後 6:46 [ 天然居士 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事