特定非営利活動法人てのひら・人身売買に立ち向かう会

10年利用したこちらのブログも新しいブログへ移行しました。引き続き新しいブログもご愛読ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

メルマガをアップしなくてはと思いながら、ついに七夕になってしまいました。

写真もアップしましたが、おかげさまで、6/21(Sat)に開催した「もうひとつの“100万人のキャンドルナイト”」ですが、盛況のうちに終わりました。当日は70名の方々が集われ、あたたかいキャンドルの光のなかで、こころを打つスライドシアター、人身売買の現実を伝えるトークセッション、そしてのびやかで魂から癒されるような山根麻以さんの唄声を、会場に集まった方々とともに味わいました。

当日のテーマは、「自由と愛、それが人身売買をなくす」というこれまであまりやってこなかった、大変抽象的なテーマでした。自由と愛なんて、そんなものだけでは人身売買はなくならないとお思いの方も多かったと思います。ただ、実際、スライドシアター「天の浮舟」やトークセッションで語られた、森と水と人を守る活動は、人身売買をなくすことにつながるというメッセージ、そして山根麻以さんの唄でつづられていること、それはすべて他者への愛、すべての命への慈しみ、そして自分自身を愛すること、たいせつにすることの素晴らしさを伝えていました。そして、生まれてから死ぬまで、私たちは何に侵されることなく、自由で、自分がこうありたい、こう生きたいという想いを全うして、尊ばれて生きていっていいんだということを伝えていたと振り返ります。

人身売買は人が売り買いされてしまうということですが、人を売り買いさせてしまう意識や意識に裏付けられた巧みなシステム、構造が、人身売買を起こさせてしまっていると考えられます。これは、とても具体的かつ核心的な話だと思いますが、そうしたシステムや構造を裏付けている、あるいは許容して、野放しにしまっているのは、私たち一人ひとりの意識なのですね。売られる人がいても、買う人がいても、自分は当事者ではないから、関係ないんだ、あるいは悪い奴を処罰すればそれで問題がなくなるのだから、さっさと警察や政府が悪い奴らをとっ捕まえればいい、そういう意識では、私たち誰もが心の根に持ってしまっている暴力性や無関心さは解消されないまま、問題を起こした末端の人だけが追い詰められてしまうという結果に終わるわけです。

だからこそ、私たち自身が自分の意識、生き方、考え方の部分から、どうして人身売買を起こさせてしまっているのか、私自身につながる命題として人身売買を考えていかなくては、問題はなくならないと気付かされた場面がいくつもあります。そして、一番弱くさせられた人々と対等に連帯して、人身売買が起こらないように地道に活動するLink・森と水と人をつなぐ会の活動には、ともに生きる、ともに何かをすることの素晴らしさがにじみ出ていました。そして、多くの人々を巻き込みながら、果敢にこの問題に取り組むザ・ボディショップの取り組みには、問題に人々が関心を寄せられるように関わりやすく活動を作り上げるということを学ばせて頂きました。

何よりも印象に残っているのは、山根麻以さんがコンサートのMCのなかで、「人身売買の被害に遭ってしまった子どものために、そして加害者になってしまった人のために一緒に唄って〜」とシャウトしていた場面でした。この言葉は、日ごろ忘れがちなことを私に思い出させてくれました。私はたまたま被害者の支援をする側の人間として、こうして人身売買について多くの方々と共有する機会に恵まれていますが、さまざなな事情から人身売買する側になっていたかもしれないわけですね。それは本当にわかりません。だからこそ、加害者にも被害者にもならなくて済むように、私たちは多くの方々と共にこのことを考えながら、では、人身売買を起こさなくて済む世界って、どういう世界なの?ということを、頭のなかだけでなく、意識を変えて、それを現実化させていくことをし続ける必要があるのだと、ハッとさせられました。

いつも長いのですが、さらに長くなってしまいました。このイベントが実現できたのは、多くの皆さまの協力によるものです。今後もこうした、なるべく親しみやすいイベントを用意して、皆さんと一度でも多くお会いして、一緒にどうしたら人身売買を起こさなくて済む世界になるのかを考えていきたいです。さらにさらに、よろしくお願いします。


■文責:百瀬 圭吾

写真上:トークセッション風景
写真下:山根麻以さんコンサート風景

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事