特定非営利活動法人てのひら・人身売買に立ち向かう会

10年利用したこちらのブログも新しいブログへ移行しました。引き続き新しいブログもご愛読ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

3月11日の大震災の3日後から、活動を開始した、「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」ですが、事務局を担われているポラリスプロジェクトジャパン(http://www.polarisproject.jp/) の精力的な活動と、共同代表を務める「しあわせなみだ http://shiawasenamida.org/ 」の中野宏美さんのつながりで、本当にたくさんの方々が参加され、制作されたカードが各地の避難所や被災地で活躍する実践家(看護師、ソーシャルワーカー、助産師やボランティア)の手によって、被災された方々に届けられています。

特に、メルインターナショナル、ザ・ボディショップ、ラッシュジャパン、資生堂各社からも寄付物資を受け、せっけんやアメニティグッズなど、不足しがちな女性に喜ばれやすいグッズと共にセットで配布をしてきました。カードは、ポラリスプロジェクトのスタッフらによって、これまで以下に発送されました。写真は、配布されたカードです。メール相談や相談ダイヤル等の番号やアドレスも入れてあります。

ゝ楙觚
石巻市河北のビックバン/石巻市湊地区の湊小学校 1100枚
南三陸町戸倉地区 300枚
もりおか女性センター 500枚
∧‥膰
いわき市婦人科クリニックに配属される看護師による配布) 220枚
女性支援ネットワーク・こおりやま、働く女性のホットライン・ふくしま 300枚
その他
・ボランティアセミナー【被災者支援の際に知っておきたいメンタルケアの知識】 400枚
・東京ビッグサイト(東京都運営避難所) 150枚
・共同通信東北支社 500枚
・震災こどもネットワークなどNGO関係者 150枚

他にも多数の団体、支援者、関係者等に配布を続けています。
詳細は「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」の公式サイトより:http://ssv311.blogspot.com/

てのひらでは、本プロジェクトの後方支援として寄付口座の開設、寄付者への対応、イーココロをつうじての資金集め、助成金申請などを通じて、参加しております。また、代表理事の百瀬が共同代表として規約の策定などに寄与しました。今後も、継続的な活動になりそうですので、状況を見ながらてのひらでも参加を続けたいと思っております。ぜひ、引き続きご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事