特定非営利活動法人てのひら・人身売買に立ち向かう会

10年利用したこちらのブログも新しいブログへ移行しました。引き続き新しいブログもご愛読ください。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 12012年最初の日本語読み書き教室が行われました。今日の参加者は2名とさすがに3連休の頭ということもあって少なかったのですが、参加者は熱心に課題に取り組んでいました
 
最近、よく参加者が笑います。はじめは緊張している様子でしたが、この数回のなかで日本語講師との距離も縮み、参加者同士の分かち合いもふかまって、和気あいあいとクラスが進んでいます
 
今日は時間の言い方、「分(ふん)」と「分(ぷん)」との使い分けなどを勉強しました。そのあと、「人」を表す丁寧な言い方。「方(かた)」や「方(かた)たち」等を理解していました。日常的な言葉から仕事や社会的な面で用いるむずかしいタイミングやニュアンスなども理解してもらえるように講師が工夫して説明をしていました。日本に比較的文化の近い地域の方々だったので、こうした表現にも慣れやすいようでした
 
         イメージ 2
 
2012年となり、今年度もあと3か月を切っていますが、2012年度も日本語読み書き教室は細々でも続けたいと願うばかりです。何度も言っているし、書いていますが、人が生きていくために必要なのはやはり「読み・書き」だと思います。言い換えれば「言語コミュニケーション能力」と言えるかもしれません
 
このコミュニケーション能力が上がらないことには、いつまでもたっても生活保護や通訳がなければ、この国のなかで安定した生活を送れない存在として扱われ続けます。日本語の読み書きが操れるようになることは、外国籍の当事者女性たちにとって、主体性を取り戻すことにつながります。そして、人権をあたりまえに尊ばれることにつながることなのだと思います

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事