本流の大アマゴに挑む

伊那谷天竜川の大アメノウオ(アマゴのこと)にルアー釣りで挑んだ軌跡

2014年

すべて表示

2014年の天竜川本流

■2月24日
厳冬期の楽しみ。本流のイワナ狙い。
ヘビーシンキングミノーをモソッと喰わえた50㎝のイワナは
凍りつきそうな指先の冷たさを忘れさせてくれた。
イメージ 1
 
その後、2度ほど現地を訪れたが、
2度とも強風で早々に撤退。
結局今年、本流イワナに出会えたのはこの一度きりだった。
 
■6月1日
自身で決めた本流アマゴの解禁日。
昨年早期の実績ポイントは反応が悪かった。
それでも表層ミノーの速曳きに
巨大なニジマスが水面を割って出た。
その跳躍は1m近く。幾度も飛ぶ。
ナイロン4LB、細軸ST11が持つか?
15分程(もっと?)の格闘で浅瀬に座礁させたが、
早期用の渓流サイズのネットは役に立たない。
撮影を先行・・・カメラがない!
こちらの焦りを見抜いた鱒は
激しく暴れてフックを伸ばし、流れに帰って行った。
この付近では初めて見る60オーバーだった。
さすが老獪。
準備の悪い釣人より はるかに上手だった。
 
■6月2日
今年も本流アマゴに会えた。
しかし反応した魚の数は少なかった。
イメージ 2
 
■6月9日
この日、かなり疲労の蓄積した重たい体を引きずりながら天竜川に向かう。
朝一番、ブ厚い流れに投じたミノーが強く引き込まれる。
36㎝。 幅広で眩いくらいの銀鱗に鮮やかな朱点、典型的な「天竜アメ」だ。
来た甲斐があった。
(後に解ることだが、この魚が今季の最大魚となった)
 
この後、25㎝前後が数本出た。
 
イメージ 3
 
 
■6月12日
朝の数時間。
狙いの場所に魚が居ない。
魚の動きが読めていない。
25㎝程度が出るが、いつもと感覚が違っている。
 
■6月15日
場所を替えてみる。
30㎝ほどと23㎝ほどをキャッチするが、
チェイスする魚の姿が少ない。
 
全く期待しなかった場所で50㎝を超える養殖個体のニジマスが出る。
イメージ 4
 
■6月16日
いつもの場所に戻って、この日は魚の数を比較的多く見た。
サイズは25〜30㎝ほど。
イメージ 5
 
今年はじめて入るポイントで凄い魚をバラシた。
表層のミノーを喰わえて反転した瞬間の
ギラッとした光の塊は、どう見ても40㎝以上の本流アマゴ。
完全に喰わせた筈が・・・
帰ってきたルアーにはベリーフックが消えていた。
早期用の細軸フックのアイがネジり切られた。
(スプリットリングは残っていた)
こんな経験は初めてだ。
 
■6月22日
魚の動きが読めない。
大半のアマゴは例の場所に集結してしまったか?
私のフィールドから姿を消してしまったようだ。
 
大きく移動して別の場所のアマゴの動きを探っていると
予期せぬ魚がロッドを絞った。
養殖個体のニジマス。
60㎝はある。
イメージ 6
 
しかし、6月1日のあの鱒とは
ファイトも容姿も比べものにならないが、
来年まで生き残れば
あんな強靭な鱒に成長するはず。
早く天竜川に馴染むよう願って
流れに戻っていく姿を見送った。
 
■7月上旬
数回、足を運んだが、私のフィールドから魚は移動してしまったようだ。
例年なら大型と楽しめるこの季節だが
今年の魚の動きは速く
(あるいは極度にスレている?)
時合が去るのが早かった。
ここ数年、8月に流芯に留まらないことと関係がありそうだ。
 
餌師で賑わうあの場所はこれからがシーズンだろうけど
私は竿を持たず、遠くから眺めるだけ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


みんなの更新記事