tenshinnの探険と冒険の河旅ブログ

日本の最長河川10河川の踏破記録です!!

全体表示

[ リスト ]

神々の世界を知りたいために6つの神社を回ってみたが、神々の世界は複雑で一朝一夕に解読できるような代物では無かった。
細部にこだわっていては旅も進まなくなるので、このあたりで諏訪大社の下社(しもしゃ)のある下諏訪町に行き、そこを散策することにする。
 
イメージ 1
 
 下諏訪町は上の写真の位置にあり、平安時代には土武郷と呼ばれていた。
 諏訪湖や八島ヶ原湿原、下諏訪温泉、諏訪大社などがある観光地かつ門前町として有名で、かっては中山道と甲州街道の交差する場所に開けた宿場町であった。
気候は中央高原型で、冬の寒さは厳しく、特に早朝は零下10度前後まで冷え込むことも度々あり、これが諏訪地方の特産である寒天を作るための条件となっている。
雪はそれほど多く降らず、多くても30cmほど、また夏はとても暑くなり、冬と夏、昼と夜での寒暖の差が激しいのが特徴。
 9月半ばになっているのに、そう言えばかなり暑かったような記憶がある。
 駐車場もけっこうごった返していて、なんとか車を留め、土産物屋で街歩き観光マップを手に入れ、1時間半ほどの下諏訪散策を楽しんだ。
 
イメージ 2
 
 まず最初は、諏訪大社下社秋宮である。
 ここで諏訪大社について簡単な説明をしておく。
諏訪大社は既に説明済みだが、全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社、通称「お諏訪さま」とか「諏訪大明神」とも呼ばれている。
 諏訪大社は、長野県諏訪湖を挟んで周辺4ヶ所にある神社の総称で、具体的には以下の四宮のことである。
 
1 諏訪神社上社本宮(ほんみや)(長野県諏訪市中洲宮山)
2 諏訪神社前宮(まえみや)(長野県茅野市宮川)
3 諏訪神社下社秋宮(あきみや)(長野県諏訪郡下諏訪町武居)
4 諏訪神社春宮(はるみや)(長野県諏訪郡下諏訪町下ノ原)
 
 ここ下諏訪町では、3の諏訪神社下社秋宮を見た。
 
イメージ 3
 
 日程が詰まっているので、秋宮の境内に入って拝殿で記念撮影を済ますと、すぐに通りに出てきた。
 
イメージ 4
 
 土曜の昼前だったが、ほとんど人の姿も無かったようだ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事