ここから本文です
宝の山(新別館)
宝の山(別館)が使用不能になったので、新しく開設しました。なお「宝の山新館」なる類似ブログが存在しますが、これは成り済ましです。

書庫全体表示




戦争と改憲阻止 「盗聴・司法取引」廃案

5・9、国会闘争へ

(正午、参議院議員会館前)







自白偏重はえん罪の温床。危うい裁判員裁判。

 
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2e/c9/e99478bf65f5c06b00294fa2d2d9b787.jpg
 
 判決後行われた裁判員の方々の記者会見、特に、録音・録画について、ある裁判員が

「決定的な証拠がなかったが、録音・録画で判断が決まった」

と話したという文字が目に飛び込んできて、目がくらむというか、目の前が真っ暗になりました。

 決定的な証拠がなかったら有罪にしたらダメでしょう。

 判決は客観的証拠は状況証拠しかなく、しかも

「被告が犯人でなければ合理的に説明できない事実は含まれていない」

と指摘し、客観的な証拠だけではこの被告人を犯人とは認定できないと述べています。

 ああ。これはえん罪の可能性があります。



 


 2005年に栃木県今市市(現日光市)で小学1年の女の子が下校途中に連れ去られ、茨城県で遺体で見つかった栃木女児殺害事件の裁判員裁判で、宇都宮地裁(松原里美裁判長)は2016年4月8日、殺人罪に問われた被告人(33)に対し、検察側の求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。

 事件から10年以上が経ち、凶器や被害者の遺留品などの直接的な物的証拠がない事件。別の裁判員は録音・録画を評価しながらも、

「抜けている部分が多いという印象を持った。もっと公開する範囲を広げてほしい」

「状況証拠のみだったら判断できなかった。最初の自白が抜けていて、やるならやるで録音・録画は全部徹底してやるべきだ」

と指摘しています。

 ここでも客観的証拠では判断できなかったと言っています。有罪判決は有罪の確信を抱かなければ出してはならないものですから、この事件で有罪判決を出してよかったのかが問われます。


 
 
 法廷で異例の7時間の録画再生が行なわれたと言いますが、最初に自白した場面の録画ではなく、しかも7時間なんて録画した取り調べの10分の1、全取り調べ時間の数十分の1にしかすぎません。

 捜査機関は都合のよい場面しか録画を証拠として提出しませんから、もっと見たいと裁判員の方々が感じたのは当たり前です。

 さらに別の裁判員も

「物的証拠が少なく、(判断が)より難しく感じ、はがゆかった」

と語ったというのですが、物的証拠が乏しくて、自白しか有力な証拠がないというのはこれまでのえん罪事件の典型的なパターンです。





 本件では、警察は録画をしておらず、検察も最初に自白した場面は録画していません。

 ところが、被告人・弁護人側は、まさに最初の自白が採取される前後の段階で利益誘導や暴行・威圧があったと言っているのですが、肝心のそこの取り調べは録画がなく、検察にとって都合のよい場面だけ録画が出てきています。

 自白を採取した取り調べ状況を、捜査機関が録音録画した映像がなければ判断が違っていたと裁判員が言っているのですから、これは本当に危ない。

 猛烈に嫌な予感がします。

 これまで何度も職業裁判官だけで判断される高裁でひっくり返ってきた裁判員裁判の判決。
 今回も東京高裁に期待した方がいいような気がします。


 
関連記事



 
 
強引な捜査でえん罪事件が起こると、被疑者・被告人にされた方にとっては当然大変な事態になるのですが、被害者遺族にとっても悲惨な苦痛を呼び起こすことになります。

事件からますます時間が経って、真犯人が見つかる可能性は極めて少なくなり、自分のお子さんを殺害された苦しみに、さらに犯人がだれかわからないという苦悩が加わるからです。

ですから、重大事件ほど慎重な捜査が求められるのですが、世論やマスコミが警察に犯人を捕まえろと責め立てるのが、かえって無理な捜査を招き、えん罪を生む原因の一つとして知られていることを、我々市民も肝に銘じなければなりません




顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事