ここから本文です
宝の山(新別館)
宝の山(別館)が使用不能になったので、新しく開設しました。なお「宝の山新館」なる類似ブログが存在しますが、これは成り済ましです。

書庫全体表示


西も東も世界中ですごいことになってます。
ものすごい超大規模ストライキが起きている。
フランスの『黄色いベスト』もすごいですが、それに続いて今度はインドで2億人、ロサンゼルスで3万人教員ストライキだそうです!!
すごいですね。
インドはけた違いだ。2億人とはすごい。

詳報が待ち遠しいです。

こうしてみると労働者はヒンズーであれ、イスラムであれ、キリストであれ、民族と宗教・国境を超えた世界的に単一の階級であることがわかりますね。
そうです、労働者には宗教も国境も関係ないんです。
と言うよりも、資本の下に置かれた労働者にとっては宗教や国境は自分を資本に縛り付け、隷属させるための道具にさえなっているのですから。

国境を越えて連帯しましょう。
労働者階級は人種・宗教・民族・国境を越えて団結できる階級なのです。

(以上、当ブログ管理者)


ロサンゼルスで教員3万人がスト

大規模学区で30年ぶり

2019/1/15 08:47         ©一般社団法人共同通信社

集会後に行進する教員たち=14日、ロサンゼルス(ロイター=共同)


 【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルス市とその周辺で14日、給与や教育環境の改善などを求め教員組合の3万人以上がストライキを行った。米メディアによると、全米2番目の規模の学区で、同学区で約30年ぶりの教員スト。ロサンゼルス中心部の市庁舎周辺でも数千人によるデモを実施した。

 報道によると、昨年12月から続いた交渉が決裂し、教員らはスト入り。影響は約64万人の生徒らが通う小中学校や高校に及び、当局側は授業などを臨時教員らで対応。ストの教員らは通学路や学校前でプラカードを掲げて抗議活動を行った。

 米国では昨年から、ウェストバージニア州などで教員のデモが起きている。


14日、米ロサンゼルス中心部で、ストライキ中であることを示すプラカードを掲げ、抗議デモをする教員ら(共同)




インドで2億人労働者がストライキ。

「前例のない広がりと2日間のストライキにおける労働者の積極的な参加は、(政府の)新自由主義的政策に対する労働者の怒りと憤りの程度と攻撃への攻撃の明確な指標である」


(下は自動翻訳です。)
↓↓↓

2億インドのストライキについて;共産党の指導者が拘禁された

2019年1月8日 午前 11:37 CST  By Steve Sweeney
                              
ムンバイの労働組合活動家は、2日間の一般ストライキの初日に共産党旗を実演、行進、および振る。|Ap

西ベンガル、スジャン張、Anadi サフーからのインド共産党 (マルクス主義) 首脳陣は、今日のインド最大の国家ストライキの間、警察によって拘留された。

コルカタでは、少なくとも10の労働組合を含むインド全土での2日間の行動の初日に、推定2億が参加したとして逮捕された。
インド労働組合の中心部 (CITU) は、銀行業界を含む官民セクターからの労働者を巻き込んだ「歴史的な」行動について、従業員に祝福をお祝いしました。

ムンバイのストライカー。|Ap

CITU 事務総長タパン上院議員は、「前例のない広がりと2日のストライキにおける労働者の活発な参加は、政府の帰結政策に対する労働者の怒りと憤りの程度を明確に示すものである」と言いました、そして、これらの政策によって、彼らの労働と生活環境への攻撃

ストライキ行動は、価格の上昇、州の資産の民営化、労働組合が警告した労使法の改正を含む、「モディ政権の反労働者及び反国民政策」に抗議して呼び出された。労働者の奴隷制」

労働組合は、インフレに取り組むための12の要求、失業率の上昇、そして、彼らがインドの苦闘する経済を後押しするのに役立つと言った賃金と年金の下落のリストを提案した。

ストライキは、学校、工場、主要産業がシャットダウンし、全国のほとんどの町や都市での大量集会やデモでしっかりとサポートされていました。

交通は、ストライキブロッキング列車上のものとケーララ州でシャットダウンされ、民間および国営バスは道路上の大量のデモのために動作することができませんでした。

インド共産党-マルクス主義 (CPI M) リーダースジャン張、センター、および仲間活動家は、コルカタでのデモンストレーション中に逮捕された。|Ap

Pamba 基地に到達しようとしていた Sabarimala 卿アイヤッパ神社への巡礼者は、丘神社への彼らのトレッキングを開始するために、州全体の駅で立ち往生していた。

当局は、西ベンガル州のインド共産党 (マルクス主義) の有力メンバーを含むストライキに関する大規模な逮捕を行うことによって応答した。

張は、彼が「反テロ装置を持つ警察」によって開催されたと言いました... ジャダブプールから逮捕した同志と一緒彼は、彼らが中央のロックアップに連れて行かれていると言いました、彼は「戦場コルカタ」としてのイベントを説明する「闘争は続くだろう」と主張しました。

上院議員は、「このストライキは労働者階級からの明確な警告であり、彼らが彼らの基本的な権利と生活条件への攻撃を汗するつもりではないとインドの人々を知らせます。

「国を企業の利益に担保する政策は容認されない、というのは強い警告だ」

さらなるストライキは明日行われる予定です。

インド:石炭公社(CIL)の4労働組合 2019年1月8日から2日間のストライキ

掲載日:2019年1月10日
2018年12月21日付けの地元報道によると、石炭公社(CIL)の4中央労働組合は、賃金要求と政府持ち分の株式更なる売却に反対として、2019年1月8日から2日間のストライキを通告した。
 
このストライキにて収益減は45億ルピー、生産減は3.4百万トン、13か所の石炭火力発電所が石炭不足に直面する。CILの労働者28万人の大部分を代表する労働組合CITU、HMS、AITUC、INTUCは個々にストライキ通告を会社側に行った。労働組合BMSはストライキには参加しない。
(石炭開発部 辻  誠)




インドストライキの原文です。
↓↓↓

200 million on strike in India; Communist Party leaders detained

January 8, 2019 11:37 AM CST By Steve Sweeney                               
                     
200 million on strike in India; Communist Party leaders detained
Trade union activists in Mumbai demonstrate, march, and wave Communist Party flags on the first day of a two-day general strike. | AP
Communist Party of India (Marxist) leaders from West Bengal, Sujan Chakraborty and Anadi Sahoo, were detained by police during India’s largest-ever national strike today.
They were arrested in Kolkata as an estimated 200 million took part in the first day of two days of action across India involving at least 10 trade unions.
続きはこちら
↓↓↓


フランスの黄色いベスト運動
↓↓↓

イメージ 1
2019年01月05日、パリで、黄色いベストを着たデモの参加者ら(ロイター)


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事